皮膚常在菌の代表、表皮ブドウ球菌やアクネ菌、真菌類の特徴


前回まで、

皮膚の興味深い構造を
紹介してきたわけですが、

腸内にはびっしりと
常在菌が存在しますが、

体の表面も同じです。

皮膚常在菌は平均10種類
ほどいると言われています。

その多くが、

普段は人間に無害な非病原菌です。

代表的なものに、

表皮ブドウ球菌、アクネ菌、
真菌類(かび、酵母)などがあります。

表皮ブドウ球菌は、

別の機会に詳しく紹介する、

黄色ブドウ球菌と同じ仲間ですが、

黄色の方は病原性を持つのに対し、

前者には病原性がない
ということを覚えておいてください、

悪者と一括りにしないこと

例えば、

同じ日本人でも悪い人も良い人もいます。

確かに見た目は似ていますが、

それをひとくくりで「日本人は悪い!」
と言われたら悲しくなります。

菌の世界もそうなのです。

名前は似ていますが、

全く特徴、性格が異なるので要注意です。

ただ、以前に紹介したように、

病原性がないとされる
表皮ブドウ球菌でも、

免疫力が極端に低下している場合、

日和見感染の原因になることがあります。

この辺りのメカニズムが
微生物の奥深さを物語ります。

自前の肌調整機能を高める

人間にとって、

通常は無害な表皮ブドウ球菌が、

適当に繁殖している皮膚は、

しっとりツヤツヤするのが特徴です。

美肌つくりを助けてくれます。

彼らの餌となる、

汗や皮脂は、皮膚を守る働きがあります。

その分泌がうまくいっていると
表皮ブドウ球菌が育ち、

さらにその産生物質が
皮膚を保護するベールになるという
好循環が保たれるのです。

皮膚は本来、

保湿効果のある化粧水や
クリームを自前で備えているのです。

高額化粧品は不要なのです。

しかし、時々彼らは
暴発して悪さをします。

皮膚にトラブルを起こすのです。

その原因は、

普段はおとなしい菌が、

何かをきっかけに大増殖を
始めるからです。

なぜニキビができるのか?

頰などにブツブツと
ニキビができることがありますが、

これは普段無害なアクネ菌が、

(アクネ桿菌、プロピオニバクテリア)

皮膚の毛包部で増殖し、
炎症を起こしている状態です。

アクネ菌は皮膚の毛穴に多く住んでいます。

しかも、

Tゾーンと呼ばれるいわゆる
おでこ、鼻などのエリアに
最も多いのです。

おでこには皮脂腺も多いです。

ニキビがおでこにできやすい
というのはこうした理由です。

また思春期にニキビに
悩まされる人が多いのも、

こうしたバランスが
崩れやすい時期だからです。

その対処法、、は
今後また詳しく紹介しますが、

ただ殺菌をすれば良い
というわけではない、

ということはここまで
菌の生態を学んだ人なら分かるでしょう。

表皮ブドウ球菌やアクネ菌、真菌類

皮膚常在菌の全てを殺すのは
逆に問題を増やしてしまうのです。

また肉食の多い人は、

アクネ菌が増えると言われています。

肌に悪さをする微生物

これは皮膚常在菌と
腸内常在菌の関わりもあるでしょう。

ニキビで困っている人は
野菜や魚中心の食事に切り替える
というのも大事なことでしょう。

肌の美しさにこだわる人は、

この辺りの知恵をしっかりと
身につけなければなりません。

いくら化粧をしても、

地肌は微生物とダイレクトに
関わって調子が決まるのです。

さて、

皮膚常在菌の代表が、

表皮ブドウ球菌やアクネ菌、真菌類

というわけですが、

状況が変われば、皮膚に
問題を起こすわけです。

また、

水虫、水いぼ、ヘルペス

などが皮膚にできることもあります。

水虫は、真菌類のカビの一種が原因で、

水いぼとヘルペスは、
ウイルスが原因です。

カビもウイルスも
免疫力が低下すると活性化します。

そして皮膚が傷ついた場合に
化膿するのは、

黄色ブドウ球菌や
化膿性レンサ球菌が原因です。

次回はこの悪さをする方の
菌について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。