unnamed

皮膚、肌の菌・カビ・病原菌、弱酸性とアルカリ性のバランス


菌、微生物は敵ではありません。

共存共栄しなければならない
味方なのです。

この概念を変えない限り、

真の健康、美容、長寿は
手にすることができないでしょう。

前回紹介したように、

しっとりツヤツヤした肌に、

多く住む表皮ブドウ球菌の
産生物質は弱酸性であり、

皮脂の脂肪酸とともに、

皮膚表面を弱酸性に保ちます。

いわゆる美肌を作るのです。

病原菌の多くは
アルカリ性を好むから、

弱酸性に保たれた皮膚に
付着しても、

そこで増殖したり
皮膚内部に侵入したりはできません。

肌を守ってくれるのです。

つまり、

皮脂と表皮ブドウ球菌の
産生物質は、

皮膚のバリアの役目を果たしているのです。

石鹸は意外にも肌に悪い?

ところがここでどうでしょう?

「菌なんて嫌だ、汚い、ばっちい」

と無菌を目指して、
身体中の皮膚を洗いまくると、

表皮ブドウ球菌が少なくなり、

皮膚はアルカリ性に傾き、

(石鹸の成分はアルカリ性が多い)

外からアルカリ性を好む病原菌が付着し、

増殖を始めて
トラブルを起こすことになります。

善玉菌ではなく悪玉菌
優位のお肌になってしまいます。

これが醜い肌を作るのです。

表皮ブドウ球菌以外にも
酸を出す菌はたくさんいます。

ニキビの元として
敵視されることもあるアクネ菌も
酸を出すのです。

ニキビの原因は何?

だから通常は、アクネ菌も
皮膚を守る役目をしています。

ところが、ストレスなど
何らかの原因で皮脂が多く出すぎると、

アクネ菌の持つリパーゼ
という酵素が皮脂を分解して、

遊離脂肪酸を作り出します。

これが皮膚への刺激になり、

毛穴がふさがることがあります。

そうなれば、ふさがった
毛穴の中で、

好脂性、嫌気性のアクネ菌が
異常に増加して、

ニキビとなり炎症を
起こしてしまうのです。

この菌は、適量いて
もらうとありがたいが、

多すぎては困る、
バランスが重要な菌です。

また、カビなどの真菌類も
多くの人の皮膚に存在します。

増殖すると水虫、カンジダ菌など
皮膚病に発生します。

カビが皮膚上にいるというと、

とても大変なように
感じてしまうものですが、

これも、バランスが良い
限り問題は起きません。

菌同士のテリトリーを考える

このように、

人間にとって有害な働きを
持つ菌がいたとしても、

酸を出す菌が増殖をして
テリトリーを優位に保ち、

皮膚が弱酸性に保たれている
状態であれば、

皮膚常在菌というものは、

人間を守ってくれる強い味方なのです。

美しい肌をキープできるのです。

その状態こそが、

「常在菌がバランスよく存在する状態」

と呼べるのです。

私たちが目指すのもここです。

バランスさえ取れていれば、

多少カビがいようと、病原菌が
付着してようと、

あなたの皮膚はカサカサ、じくじく
したりはしません。

肌がボロボロになって
吹き出物だらけにならないのです。

洗い流せば良いわけではない!

皮膚、肌の菌・カビ・病原菌は

弱酸性とアルカリ性のバランスをとり
テリトリー争いをしています。

もちろんこのバランスは、

人によっても違いますし、
気候によっても違ってきますが、

何れにしても常在菌が
うまく働いてくれれば、

人間の体もうまくいくのです。

これこそ共存共栄なのです。

腸内と同じく、皮膚でも、

誰のものでもない大切な
自分の常在菌の面倒をしっかり見て、

常にバランスが崩れないよう
親心を持って注意して、

人間にとって有益な働きを
してくれる菌を積極的に育てる、

この意識がけが大事なのです。

そのためのテクニックも
次回以降紹介していきますが、

まずはここを覚えてください。

皮膚常在菌、が特に好む場所は、
湿っているところです。

つまり、わき、股の付け根、
手のひら、足の指などですが、

身体中どこにでもいます。

ちょっと怪我をして膿んだり、
顔にニキビができるのも、

一部の常在菌の仕業です。

だからこそ対策としては、

「やっぱり菌がいないように
体を清潔にしておかなくちゃ」

と思ってしまいますが、

腸内常在菌のところでも
お話ししてきたように、

皮膚常在菌のせいで
何か悪いことが起きるのは、

特別な場合に限られます。

常在菌のバランスが取れれば、

彼らの産生物質の働きによって
結果として人間の体は守られているのです。

意識するべきはバランスです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。