unnamed

分娩室と母乳で赤ちゃんのビフィズス菌、腸内常在菌を育てる


さて、

腸内環境を整えるため、

いわゆる有益菌、
ビフィズス菌の量などは、

大人にとっても大事で、

ヨーグルトや発酵食品で
増やす努力をする人もいます。

しかしそもそもの前提で、

体の腸内常在菌を最高に
整えるために必要なこととは
一体なんなのでしょう?

ビフィズス菌を増やす上で、

現代の最新の科学が
逆立ちしても敵わない

優れた方法があります。

それが母乳です。

母乳にはオリゴ糖が
たくさん含まれています。

だから母乳で育っている
赤ちゃんのウンチというのは、

ビフィズス菌がたっぷりなのです。

実は自然出産の世界というのは、

子供にたっぷりと菌を与え
守り、育てていくための
仕組みでできているのです。

菌でコーティングすること

母乳にはその他にも、

免疫抗体、サイトカインなど
良い成分が含まれ、

赤ちゃんに抵抗力をつける
物質が与えられます。

多くの現代人が勘違いしているのが、

見えない細菌=悪いもの

というイメージがあるので、

か弱い赤ちゃんを
細菌から守ってあげないといけない、

と思ってしまっています。

しかし実は逆なのです。

細菌でコーティングして
守ってあげるべきなのです。

それが赤ちゃんの、
そして子供が育っていく上で、

健康に丈夫にさせる方法です。

菌だらけの世の中を渡り、
菌と共生できるようにしてやることが、

母親の第一の役割なのです。

外界で菌に触れる赤ちゃん

ところで、赤ちゃんの
体の最初の常在菌は、

一体どこからきて、いつから
住み着き出すのでしょう。

退治が母親の胎内にいる間は、

無菌で育っています。

子宮は膣という外界との
連絡通路を持つのですが、

膣にいる常在菌、
デーデルライン桿菌(乳酸桿菌)
によって外部の菌は遮断されます。

さらに退治は卵膜で包まれた羊水の中で、

無菌状態で育つのです。

そこから外界に出るために
少しずつ菌に触れていきます。

自然分娩では、

卵膜が破れ、破水し、
胎児は産道を通ります。

まず、この産道にある母親の
常在菌の一部が、

赤ちゃんの口や鼻、肛門につきます。

昔ながらの理にかなった出産

そしてこの世に顔を出したすぐ横には
お母さんのお尻の穴があります。

まさしく菌だらけの世界ですが、

これで良いのです。

昔ながらの自然出産では、

そこには母親の大便も
身近に存在するのです。

不潔で汚らわしいものではありません。

大便には母親の腸内常在菌が
たくさんいます。

赤ちゃんは大気の圧力で
鼻から口から、

その腸内常在菌を受け取るのです。

分娩室は赤ちゃんにとっても
微生物にとっても特別な場所です。

また、母親以外にも、

医師、助産師、看護師、
立会人など分娩室にいる人の
腸内常在菌も、

ちらほら空気中に漂います。

分娩室は、赤ちゃんが
生まれる部屋であり、

また腸内常在菌を受け取る
部屋でもあるのです。

殺菌、除菌で赤ちゃんは弱まる

生まれてすぐに、こうして
母親の腸内常在菌をしっかりと
受け取る機会があることは、

実は大変恵まれた出産なのです。

が、しかしです。

最近の病院出産では、

細菌=悪者という前提で進みます。

帝王切開も増え、

自然分娩であっても

あらかじめ母親は浣腸をしたり、
便が出ないような処置が取られ、

抗生物質を与えられ、

さらに消毒薬まみれと言っていいほど
消毒薬が使用される場合が多いです。

分娩室は殺菌、除菌で菌を殺します。

母親の腸内常在菌環境はまさに
最悪の状態で出産が始まるのです。

赤ちゃんへの
分娩室での菌の受け渡し
のチャンスがなくなるのです。

もちろん、分娩室で受け取らなくても、

赤ちゃんは育っていく間に
徐々に外界の菌に触れて、

腸内常在菌は順調に増えていきます。

無菌状態などこの地球上では
不可能なのですから、

子供を健康に育てる方法

しかし、成長過程での
抵抗力の問題など考え合わせると、

母親の菌にまみれて
誕生の瞬間を迎え、

さらに母乳で抵抗力をつけ、

ビフィズス菌を増やすというのは、
理にかなったシステムなのです。

母親がベストの腸内常在菌の
環境で出産に臨み、

赤ちゃんに受け渡す。

これが母と子の絆を強める
と私は信じています。

(自然出産に関しては
別テーマで詳しく解説してます。)

何れにしても、

出産時はもう過ぎてしまった。。

という場合でも、

子供はあちこちに出かけ、
色々なところにいる菌をもらい、

時にお腹を壊したり、
熱を出しながらも、

腸内に新しい菌を住まわせ、

そのたびに免疫を作り、
丈夫に育てていくと良いです。

そしてめでたく成人する頃には、

腸内常在菌の数は
天文学的な数字に増え、

健康で賢い子供に育つでしょう。

菌との付き合いは
生まれた瞬間から始まるのです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。