腸内常在菌、腸内環境の向上の為積極的に発酵食品を取り入れる


私たちは日々食事をしますが、

美容、健康、長寿のためには、

菌にご飯を与える、、

という気持ちで意識を
変えていかなければいけません。

ビフィズス菌という
体内に有益な菌を取り入れるため、

ヨーグルトにオリゴ糖、
食物繊維の力を借りるのは、

腸内の環境を良くするのに、
最適な方法の一つですが、

さて、

ヨーグルトが苦手、

という人はどうすればいいのでしょう?

心配はいりません。

他にも乳酸菌を含む食品は
たくさんあるのです。

味噌、醤油、漬物(ぬか漬け)

など日本の伝統的な食品、
発酵食品を忘れてはいけません。

自然の微生物を取り入れる知恵

目に見えないから、
実感しにくいことですが、

自然環境にはたくさんの
乳酸菌群が存在しています。

歴史上人類は、

世界中あらゆるところで、

乳酸菌の作用による
発酵食品が作られてきました。

発酵食品に関しては、

詳しく具体的に個別に、
このサイトでは紹介して行きますが、

動物性乳酸菌であれば、

酪農を中心とする地域の
ヨーグルトやチーズなど、

植物性乳酸菌によるものでは、

ドイツのザワークラウトや
中国のザーサイ、韓国のキムチなど、

たくさんの種類が存在します。

また発酵食品の中には、

乳酸菌群とは異なる
真菌の一種、酵母も活躍します。

カビ・・・と聞くと、

人体の敵、アレルギーの原因!

と遠ざけてしまいそうになりますが、

これも体内に有益に働く
微生物が存在するのです。

腸内常在菌を向上させてくれるのです。

パン、お酒類も菌無くしては
できない食品です。

納豆は納豆菌によってできます。

こうしてみると、

それぞれの土地に生きている微生物は、

人間の食生活を豊かにしてきた、

だけでなくサポートしてきたのです。

風土にあった発酵食品が
長きの間作り続けられ、食べられ、

その結果、人間の腸内常在菌も
風土に適応してきたのです。

チーズを作る小屋、
味噌や醤油の蔵、
漬物樽などには、

昔ながらの菌が住み着き
独自の味わいが保たれてきました。

現代の食生活は腸にとっても問題

現代日本では、

ここ数十年に間に、

食生活も大幅に変わり、

世界中から輸入した食材で、
工場で大量生産されたものが、
食卓の中心になっています。

殺菌、滅菌が施され、

ばい菌は減っても、
有益菌も死んでしまっています。

人は土から離れ、人の暮らしは
風土と繋がりを持たなくなっています。

その是非は賛否両論どちらもあるでしょう。

新しいものを積極的に
取り入れることも良いですが、

伝統t系なものを大事にし、
そこに息づく知恵を学ぶのも大事です。

腸内常在菌、腸内環境の向上の為に
積極的に発酵食品を取り入れる

これは本当に大切なことです。

昔ながらの知恵を継承しよう

まずは日本人の知恵が詰まった、

みそ、醤油、漬物、納豆、お酒、
お酢など発酵食品をふんだんに
使った和食からスタートです。

これらは、食物繊維を多く含む
根菜、海藻も多く使いますから、

腸内環境のためには
非常に良い食事だと言えます。

また少し距離が離れて、

韓国のキムチであれば、

乳酸菌群の一つ、

ラクトバチルス菌が非常に
多く含まれているのです。

本場の焼肉店であれば、

どの店でもキムチは
注文しなくても出てきます。

そしてサンチュという葉っぱで
肉とキムチを巻いて食べれば、

まさに腸内常在菌が喜ぶ
腸内環境が良くなる食べ方です。

肉を食べても有害菌は
それほど増えず、

発酵食品キムチに含まれる
ラクトバチルス菌の働きで、

腸内のビフィズス菌も元気になり、

白菜やサンチュは繊維がたっぷり、

美味しい焼肉を食べる時も
積極的に発酵食品を取り入れれば、

食べている私たちだけでなく
腸内細菌もメリットがあります。

その発酵は本物ですか?

ただ、

腸内環境の向上の為に積極的に
発酵食品を取り入るとしても、

最近では店頭に並ぶ
物の中には、

短期間に大量生産されたものも多く、

偽物発酵食品の可能性もあります。

キムチや糠漬けなど漬物も
発酵風味を添加しただけ、

調味料にちょっとだけ
漬け込んだものも多いそうです。

昔からの菌が住む蔵の中で、
じっくり手間暇をかけて作られたものと、

かなり違う食品なのです。

発酵食品のメリットを期待し、

手軽に買える安価な漬物
だけをたくさん食べても、

あまり効果はないどころか、

塩分過多で体に良くない
というケースもあります。

バランスの良い腸内常在菌を
増やすには、

こうした工夫が必要なのです。

生きた醤油と死んだ醤油

また調味料に関しても同じです。

例えば、

醤油は立派な発酵食品ですが、

本来は大豆と小麦と塩だけが
原材料であり、

天然醸造の醤油は

1〜2年かけてじっくり
発酵熟成されるものです。

時間をかければかけるほど
味や風味が良くなるのは、

それだけ乳酸菌や酵母が
生き生きと働く証拠です。

が、最近の大量流通する
醤油というのは、

醤油風味のする化学調味料で
発酵した微生物は存在しません。

それでは腸内常在菌、腸内環境
は向上してくれないのです。

本格的な天然醸造のものは、
値段もかかりますが、

それは作り手の手間の対価です。

さらに体に有益な菌の
働きがより含まれる対価ですから、

そこをケチってはいけません。

体に良いものはそれなりに
手間暇がかかるということを
覚えておきましょう。

最近のスローフードの見直し、
ブームというのは

まさにじっくり時間をかけた食品、
そして風土に根ざした食生活の見直し
ですから大変良いことです。

それは腸内常在菌にとっても
良いことですから

積極的に発酵食品を取り入れる

これも意識していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。