unnamed

偏頭痛の特徴、発生要因と対処法、冷やす、コーヒー、ツボなど


今回のテーマは、

偏頭痛の特徴、発生要因と
対処法、冷やす、コーヒー、ツボなど

について紹介します。

頭痛には大きく分けて
偏頭痛と緊張型頭痛というものがあります。

ある統計によれば、
日本の人口のおよそ8%が
偏頭痛に苦しんでいると言います。

偏頭痛の頭痛はいくつか特徴があり、

緊張型頭痛などと違って
頭痛はだらだら続くのではなく

それまで元気にしていたのに…

というような予期せぬ時に起きたりします。

どちらも根本から頭痛を解消する

…という意味では対処法は変わらないのですが、

しっかりデトックスをして、
栄養バランスを整え、
ストレスとうまく対応し、
血行やホルモンバランスを整える、

こういった根本的な体質改善が大切なのですが、
短期的対処法は、

緊張型頭痛の対処とは
違うのでしっかりと理解しましょう。

スポンサーリンク

偏頭痛の特徴と発生要因

偏頭痛と緊張型頭痛では、
そもそも発生要因が異なります。

偏頭痛は、頭の片方だけに発作的に発生したり、

心臓が脈を打つように(拍動性)ズキズキと
激しい痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴ですが、

これは偏頭痛のメカニズムが、
頭の血管の伸び縮みのコントロールが
上手くいかないから起きるためで、

緊張型頭痛と違い、
血管の拡張が原因で起こるとされています。

なので、緊張型頭痛の対処の方法は違い、
偏頭痛タイプの対処は逆のアプローチとも言えます。

偏頭痛の頭痛が起きると
仕事もできず、買い物も行けず、
家族の面倒もみられず

生活の質が低下してしまいます。

なのでしっかりと対策をして行きましょう。

偏頭痛の対処法:冷やす

対処1:冷やす

偏頭痛タイプは逆に
血管の収縮させるために冷やすのが良いです。

冷たいタオルや氷を使って
患部を冷やしてください。

ただ、冷やしすぎても
血管の収縮拡張が急に繰り返されて
また痛くなるので、

バランスよく冷やしてください。

またタオルにペパーミントや
偏頭痛に効果的なアロマやハーブを
しみ込ませるのも効果的です。

カフェインを少量の飲む

対処2:少量のコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインは
血管を収縮させる作用があるので、

偏頭痛の場合、
コーヒーを少し飲むのが効果的です。

もちろんコーヒーでなくて
お茶(緑茶)なども効果的です。

頭痛薬よりははるかに
安全な自然のカフェインです。

ただ、やはり取り過ぎはよくありません。

適度な量を飲んでください。

マッサージはしないでつぼを押す

対処3:ツボ

偏頭痛の方はちょっと身体を動かすと
振動によって頭痛がひどくなると思うので、

頭痛が起きた際マッサージは逆効果です。

他にもストレッチやお風呂に入るなど
緊張型頭痛の対処と混同して行ってしまう事もありますが、

身体を動かしたり筋肉を動かすのは
偏頭痛の対処としては効果的ではありません。

そんな時は偏頭痛に効くツボをおしてください。

以前紹介したツボを押すと効果的です。

偏頭痛は症状によっては
深刻な場合もあるので、

心配な場合は、ぜひ
お医者さんに相談して欲しいのですが、

個人的には、西洋医学や薬に頼るのでなく、
自然療法で対応するべきだと考えています。

あとは、ハーブやサプリメントなどを利用して
日々の痛みや苦しむをなるべく緩和させていきながら、

とにかく、根本から体質改善を計って行くのが大切です。

世界中の偏頭痛に苦しんでいた人が
自然療法の力で改善した例はたくさんあります。

偏頭痛の特徴、発生要因と対処法を理解して、

冷やす、コーヒー、ツボなど
こうしたテクニックを参考にしてください。

そして根本レベルから健康の道へ
付き進んで欲しいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。