unnamed

体調不良、頭痛と男性ホルモン、テストステロンとノコギリヤシ


今回のテーマは、

体調不良、頭痛と男性ホルモン、
テストステロンとノコギリヤシ

について紹介します。

今回は男性ホルモンの話しです。

体調不良、頭痛とも関係してくる話なので、
しっかりと学んでいきましょう。

特に男性ホルモンであるテストステロンと
ハーブのノコギリヤシの関係を知る事は

体調不良、頭痛を根本から解消していく上で
知っておくべき事です。

男性のホルモンやテストステロン
に関わる肉体面でのトラブルは、

たいてい植物や栄養、運動など
自然療法の知恵を使うことで緩和できます。

女性ホルモンの問題や更年期における問題など、
多くの人にも知られるようになっていますが、

男性のホルモンの心身への
影響も同じくらい重要です。

特に現代社会においては、ホルモンかく乱物質など、
男性の体内のホルモンバランスに影響を与える
要因が様々あります。

体内テストステロンのレベルが上がると、
体調はすぐれ、パワフルな生活を送れます。

しっかり学んで、対処をして行きましょう。

男性ホルモンのメインであるテストステロンとは?

男性ホルモンのメインは

テストステロン

というホルモンで、主に精巣で作られます。

男性ホルモンというと男性にしか出ない…

と考えられがちですが、

テストステロンは、
男性だけでなく、女性にも分泌します。

特に男性に多く分泌し、
男性らしさを作りだすホルモンです。

特に男は、男性ホルモンが分泌しだす、
10歳ごろから自分が男だと自覚するようになり、

例えば、
骨や筋肉大きくしたり、性欲を増やしたり、
精子の形成に働くようになります。

ホルモンの健康を握るのはバランス

ちなみに、
男性ホルモンはコレステロールが原料なので、
菜食主義者や無理なダイエットを続けると
男性ホルモンの分泌は減ってしまい、

老化が進んでしまいます。

ホルモンというのは、
要はバランスが大切です。

実は、男性ホルモン、テストステロンは
健康にとってかなり大事なのですが、

現代人はかなり体内テストステロンが減ってきており、
さらに、悪玉男性ホルモンが体内で増えているのです。

男性ホルモンであるテストステロンの一部が、
還元酵素5αリクターゼの還元作用で、

ディヒドロテストステロン(DHT)

というホルモンに変化して、
ホルモンバランスを崩す原因物質になるのです。

結果的に、このバランスが崩れることで
頭痛が起きたり、体調不調が起きたり、

さらに恐ろしいのは精子の量が低下して
不妊症やインポテンツになったり…

問題は、

・有益な体内男性ホルモンが減ってきている

・有害な悪玉男性ホルモンが増えてきている

…という事です。

このままだと、
現代人はどんどんひ弱になって行きます。

男性ホルモンの健康ハーブ「ノコギリヤシ」

じゃあどうするか?…

もちろん、体内バランスをすべて整えるために
健康的な生活習慣を整える事は極めて重要ですが、

男性ホルモンのバランスを整える
とっておきのテクニックが実は存在します。

あるハーブを使う事で、体内ホルモンの
バランスは整えられるようになります。

以下の副作用のないハーブを使う事で、
悪性ホルモンを良いものに変えてくれます。

そのハーブが、

ノコギリヤシ Saw Palmetto

というハーブです。

Saw Palmetto(ソーパルメット)は、ノコギリヤシとも呼ばれ、
厳しい気候の米国南東部に生育する扇形に広がる葉をもつ
ダークベリーから抽出した成分で、

前立腺の健康状態をサポートするハーブ

として有名です。

実は、このソーパルメットは

DHTなどの悪玉男性ホルモン抑制作用があり、
還元酵素5αリダクターゼの働きを抑制し、
心身のホルモンバランスを整えてくれます。

男性ホルモンのバランスが
整えられた時、体調不良、頭痛はなくなっていき、
昼も夜も健康的な生活が送れるようになります。

しかも、ハーブなので副作用はなく、
体に優しく作用してくれます。

ノコギリヤシの毒性は大量摂取による「胃障害」があるぐらいです。

異常な量を摂取しない限り
まったく問題ありません。

男性にとっても、女性にとっても
ホルモンバランスを整える上で重要なハーブなので、

このソーパルメットを服用することをお勧めします。

その他、男性ホルモンの健康を整える方法とは?

他にも男性ホルモンを分泌させるために
運動と言うのは大切です。
 
中でも筋肉への負荷の強度の高い
短時間に集中したトレーニングが、
男性ホルモンの分泌を刺激すると言います。

つまりランニングのような持久的運動より、
腕立て伏せやウエイトトレーニングのような
筋力トレーニングをすると言う事です。

また体脂肪が多いほど男性ホルモンの
分泌が低下すると言われます。 

適切な運動と食事法で体脂肪率を
低くするよう心掛けることは、

頭痛解消だけでなく、健康全般
男性ホルモンいとっても大切と言う事です。

また食事法でも運動でも
過度に偏ったものは危険です。
オーバートレーニングは男性ホルモンの分泌を
低下させるだけでなく、

コルチゾールと言うストレスホルモンを増やし
心身の健康レベルを下げます。

さらにこの還元酵素5αリダクターゼを抑制する成分は、
ウコンやかぼちゃの種、大豆イソフラボンにも含まれていますので、

ノコギリヤシ・ハーブとともに、
これらの食材を一緒に摂取する事も
お勧めします。

以上、体調不良、頭痛と
男性ホルモン、テストステロン
の関係を理解しましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。