体調不良、頭痛解消の為のアルギニン・アミノ酸、ナッツのススメ


今回のテーマは、

体調不良、頭痛解消の為の
アルギニン・アミノ酸、ナッツのススメ

について紹介します。

体調不良、頭痛解消のためにも
自然な成長ホルモンが
大事という話を紹介したのですが、

実は、『アルギニン』

というアミノ酸は特に成長ホルモンを
分泌させる効果があるといわれています。

なのでアルギニンを豊富に含んだ
ナッツなどタンパク質源を食べることで、

自然にドクドクと成長ホルモンが分泌し、

体調不良、頭痛解消と共に
全身の健康レベルが向上します。

睡眠、運動、食事と言った基本は抑えながらも
アミノ酸の力を借りる事で、

自然の成長ホルモンが分泌し、
美容レベル健康レベルともに
向上させる事が出来るのです。

今回はそんな成長ホルモンを
自然に出す方法を詳しく解説します。

スポンサーリンク

アルギニンと成長ホルモン

アルギニンは、ナッツ類、オートミール、玄米、
レーズン、ひまわりの種などに多く含まれています。

さらに、グルタミン、リジンというアミノ酸を
組み合わせることで相乗的効果があるともいわれていますので、

単体アミノ酸サプリメントを取るのも良いでしょう。

特に空腹時に、ナッツや種子類などを食べると、
成長ホルモン分泌を促すので、

ヒマワリの種、かぼちゃの種、松の実、
アーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツなど、

おなかがすいたらナッツを
おやつに食べるのがお勧めです。

なるべく加工してない塩味のついていない
ナッツや種類は、栄養価が高く、
とてつもない生命力があります。

今日から、おやつはナッツ、種などに
変えることをお勧めします。

そういった習慣を日々の生活に加えることで
体調不良、頭痛のない健康的な生活を送れます。

成長ホルモンと筋力トレーニング

次に、成長ホルモンを分泌させる方法として、

運動により筋肉が傷つけられると、
それを回復させようと成長ホルモンが分泌されます。

この時の運動は、何でもよいのですが
あまり筋肉が傷つかない運動では効果はないので、

ウェイトトレーニングやサーキットトレーニングなど
筋力トレーニングをするのがよいと思います。

ここで根本から体調不良、頭痛解消を目指すなら
覚えておいてほしいのが、

やりすぎない事、
休息をしっかり取る事

ここで、重要なことは、
運動後に体を休息状態にすることにあります。

成長ホルモンの分泌は運動後に約3時間ほど続きます。

その間、体を休息状態に保つことで、
成長ホルモンが適切に放出されます。

なので、自然な成長ホルモンを出すために、

適切な筋トレと休息をする。

という2つの行為をやってみて下さい。

その上でアミノ酸、アルギニンを
摂取する為にナッツなどを食べる、

と言う行為を加えれば
相乗効果が生まれるでしょう。

睡眠と成長ホルモンの関係

さらに、成長ホルモンを
適切に分泌する為に、

睡眠というファクターも大切なのですが、

「寝る子は育つ」と昔から言われているように、

成長ホルモンと睡眠には密接な関わりがあります。

成長ホルモンは主に夜間の睡眠時に
分泌されますが、

特に睡眠後30分から1時間後の、
ノンレム睡眠(目の動かない深い眠り)
の時に多く分泌されます。

だからこそ子供はしっかり眠る事が大切なのは
もちろんのこと、

大人も、健康維持、頭痛予防、美容のために
しっかりと睡眠を取り、

成長ホルモンをしっかり分泌させる必要があります。

以上、

・アルギニンというアミノ酸を取る
・筋力トレーニングをする
・睡眠をしっかり取る

という自然な成長ホルモン分泌
の為のテクニックを挙げましたが、

睡眠と体調不良、頭痛の関係は
深い関係があるので次回は、

睡眠のホルモンについてもう
少し詳しくお話しします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。