unnamed

科学的な人工の成長ホルモンの健康被害が体調不良、頭痛を招く


今回のテーマは、

科学的な人工の成長ホルモンの
健康被害が体調不良、頭痛を招く

について紹介します。

ホルモンと頭痛の関係について
これまで解説してきましたが、

今回は成長ホルモンについて話していきます。

体調不良、頭痛解消ともちろん関係のある
ホルモンになるのでしっかり学んで下さい。

例えば、科学的な方法で人工
成長ホルモンを投与してしまうと、

副作用として頭痛にとどまらず、
はきけ・けいれん・視力障害など
様々な症状を起こす事もあり、

その後の病気のリスクも増えます。

「私は成長ホルモンの注射などした事がない」

と言う人も意外な所から、

人工的成長ホルモンが体内に侵入しており、
注意が必要です。

あくまで自然な分泌が
体調不良、頭痛解消のためには必要なのです。

成長ホルモンとはなにか?

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、

英語では、Human growth hormone(HGH)と呼ばれます。

主に人体の成長の作用と代謝のコントロールに
関わっているホルモンです。

名前だけ聞くと子供に必要なホルモン
というイメージを持つかもしれませんが、

大人になっても美容、健康、長寿のために
成長ホルモンは必要不可欠なものです。

成長ホルモンの分泌が減ると、

・睡眠時の疲れが取れなくなったり、

・免疫力が低下して、病気のリスクが増えたり、

・肌や細胞が老化したり、

・脂肪が増えやすくなり、肥満になったり、

…と言った様々な健康被害、悪影響が及びます。

逆に言えば、

適切な成長ホルモンが分泌することで
美容や健康、寿命に関して
ポジティブな作用をするのです。

体内の細胞がうまく回復するにも
成長ホルモンが関わり、

成長ホルモンが分泌するほど、
心身の健康レベルは伸びていきます。

ただし、注意が必要なのは、

そんな素晴らしい効果があるのは
科学的に人工的に作られたものでなく
体内で自然に分泌する成長ホルモンだけです。

科学的人工的成長ホルモンの健康被害

人工的に作られた人工ホルモンはかなり危険です。

以前に乳牛に含まれる成長ホルモンの話をしましたが、
人工的な成長ホルモンはがんの原因にもなります。

スポーツ選手やボディビルダーが
異常に筋肉を発達させるために使用したりもしますが、

それは倫理的な問題だけでなく、
健康面でも大きなリスクがあるのです。

それだけでなく、

食べ物に成長ホルモンが
含まれている危険があるのです。

ステロイドビーフなどと呼ばれ
問題になっているのですが、

例えば牛や豚を売る商売をしていたとして

一頭から出来るだけ多くの
肉やお乳が取れる方が
効率的にビジネスを行う事が出来ます。

だから自然に育てるのでなく、
科学的な成長ホルモンを注射して
普通より発達させたりします。

それを食べる人間の体内にも
知らずのうちに不自然なホルモンが
混入されていたりするのです。

ファーストフードや、
大手流通過程にあるお肉を
食べ過ぎると体内で変化が起きるので、

敏感な人は健康被害を及ぼし、

頭痛が起きたり体調不良が起きたり
サインを発するようになります。

不自然な人工成長ホルモンは、
不健康の源なのです。

自然な成長ホルモンを分泌させよう

なのでここで真の健康を目指す我々は、
人工でなく自然な成長ホルモンの分泌が必要なのですが、

自然な成長ホルモンを分泌させる事で
頭痛解消も自然と可能になります。

とは言え、子供と違い大人になってしまうと
自然と成長ホルモンが分泌することが難しくなります。

青年期の急激な体の成長時に分泌がピークになり、
年齢を重ねるごとに分泌量も減っていきます。

さらに、肥満や、睡眠不足、栄養不足、毒素により、
成長ホルモンの分泌は減少していきます。

なのでこれまでのデトックスや栄養摂取のコツ
さらに運動やストレスとの対処をしっかりしたうえで、

成長ホルモンを出すテクニックを
実践していく必要があります。

不自然な健康被害のある
科学的な人工の成長ホルモンを
できるだけ避けるとともに、

あなたは、体調不良、頭痛解消のためにはできるだけ
適切な成長ホルモンを分泌させてあげなくてはいけません。

それも自然な方法で、です。

もちろん10代のときのような
成長ホルモンを分泌させるのは不可能ですが、

なるべく多く分泌させるための
テクニックを次回から紹介します。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。