unnamed

ホルモンバランス、内分泌系の崩れが頭痛、偏頭痛の原因となる


今回のテーマは、

ホルモンバランス、内分泌系の
崩れが頭痛、偏頭痛の原因となる

について紹介します。

ホルモンとは体内から微量だけ放出され、
それが様々な心身に影響を起こす、

前回はそういう話をしました。

そしてそんなホルモンバランスが崩れた時
頭痛をはじめとした身体の不調は起こります。

なので、しっかりバランスを取る必要があります。

体内の内分泌腺と呼ばれる器官から
分泌するホルモンですが、

脳、甲状腺、副腎、膵臓
生殖器などからほんの微量出るとされます。

一生かかって分泌されるホルモンの量は、
たったのスプーン1杯ほどと言われ、

微量にも関わらず、体内の健康を
大きく左右させるのです。

このホルモンのバランスを
自然な形でコントロールできれば、

美容、健康、長寿のすべてを
手に入れる事も可能だと言います。

体調不良、頭痛解消を目指すだけでなく、
誰にとっても興味あるテーマだと思いますので、
しっかりと学んでいきましょう。

内分泌系、ホルモンバランスが崩れる原因

そして、基本的に加齢により人は
ホルモンが減少したり、バランスが崩れるのですが、

なにもバランスが崩れるのは
加齢のせいだけではありません。

毒素、内臓脂肪の増えすぎ、ストレス、
血流不良でもホルモンバランスは崩れます。

特に自然に沿った生活リズムに
合わせて内分泌系は
ホルモンを出すように、

人体は機能しているのです。

現代社会は文明が進み、
テクノロジーが発達しましたが、

その結果、不自然な生活リズム
で日々の生活を送る人が
増えてきました。

つまり今まで紹介してきた
偏頭痛、頭痛が起こる根本原因の数々は

ホルモンバランスを崩す原因ともなるのです。

そういう意味ではもしあなたが10代であっても、

ホルモンによる影響で健康に問題を
抱えるリスクはあるということです。 

ではホルモンバランスを崩してしまった
人はどうやって解決していくのか?

大きく二つ方法があります。

医学的に人工的な治療を行う方法
そして自分で行う自然な方法

この二つです。

不自然なホルモン分泌は健康被害がある

ここで例えば、更年期の女性などが、
お医者さんにかかりホルモンを補充治療したり、

男性も更年期障害になってホルモン補充治療をすれば
その症状が改善したという例も確かにあります。 

ただ、ホルモンの量は増えすぎても危険です。

特に不自然なホルモンを外から
注入する事は危険だと思います。

内分泌系、ホルモンの異常分泌で
病気になったりすることもあるし、

ホルモン補充で副作用が
起きた報告がたくさんあるのです。

たとえば、ボディビルダーが使用する
ステロイドというのもホルモン補充なのですが、

よく心臓発作で死んでしまうようなニュースを耳にしますね。  

あれも不自然なホルモンのリスクの一つです。

他にも色々とあるのですが、私自身は
ホルモン補充治療はおススメしません。

あくまで自然なホルモンバランスを目指そう

したがってこのサイトでは、

自然にバランスよくホルモンを
分泌させる方法や栄養素などを紹介します。

頭痛、偏頭痛を始め
各種体調不良を改善する為には、

あくまで自然な方法がベストです。

ただ、ホルモンは奥が深い世界で
様々な意見があるのも事実です。

ここで私自身が学んできた信頼できるで
あろう情報をお伝えします。

ぜひ参考にして下さい。

ただこれまで紹介してきた色々な健康に
対する話やテクニックをきちんと行えば、

おのずと全体的にホルモンバランスは
よくなるに間違いありません。

これまでの方法を実践したうえで、
ホルモンバランスを整えるテクニックを
利用して下さい。

これから心身の健康に関係する
4つのホルモンを紹介します。

ホルモンは私自身の研究テーマのひとつなので、
また新たな事柄を知ったらあなたにも紹介しますね。

私が現時点で考える頭痛、偏頭痛に
関わりがあるホルモンは、

成長ホルモン
男性ホルモン
女性ホルモン
睡眠に関するホルモン

の4つです。

この4つのホルモンを順番に一つずつ
次回から説明していきます。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。