美しい肌を作る努力は化粧や美容よりもまず常在菌を活かす


今回のテーマは、

美しい肌を作る努力は化粧や
美容よりもまず常在菌を活かす

について紹介します。

美の追求というのは、

ただ生存の本能だけでなく、

人間の行為として特に女性の中では
強く思いのあることでしょう。

しかしその方法論は、

古今東西、時代や環境によって
やり方は変わってきます。

「健康のために心がけていること」
「美容のために心がけていること」

というテーマで統計を取った、

女子大生約100人を対象に行った
調査をみて分かったのですが、

以前に比べて、

美容のために外側よりも
内側を意識する人が増えていることです。

ファンデーションを厚塗りし、
メークアップ用品で顔を作り込み、

エステ、角質ケア、美白、
レーザー医療など

高額な美容外科に通ったり、

肌荒れやシミシワを隠すための
ハリボテ式の仮面のような化粧
について努力するのではなく、

女性の意識は素肌を生かした方向へと
向かっているようです。

美しい肌を作る努力は内側に向かう

食生活、ストレスマネジメント、
運動や睡眠に対する努力をすることは、

すなわち健康になって、かつ
美容も目指すという意識でしょう。

確かに、

体の調子が悪ければ、

吹き出物ができたり、
顔色が冴えなかったり、
ファンデーションのノリが悪い、

など、

健康状態とお肌のつながりは、

多くの人が経験的に
知っているのではないでしょうか。

十分な睡眠やバランスのとれた
食事など健康面を意識する、

美しい肌を得ようとしての対策として、

美しい肌に向かって
膨大な努力が注がれています。

意識の高さが伺えます。

美しい肌を作る努力は
化粧や美容よりもまず、

自分の肉体をしっかり手入れする
素晴らしい流れだと思います。

美しい肌を作るため常在菌を活かす

しかしです。

こうした流れがいつまで続くか
分かりません。

もう一つの現代人の特徴が、

美容や健康に対する情報が多すぎて、

流行り廃りに翻弄され、

何をどうしたら良いのか
決定打が見つからないまま、

あれこれ試し、迷いつつ、
美容と健康のつながりを意識している

というのが現代人の
ライフスタイルのようです。

今の若い人たちの間でも、

自分の美容に対するアプローチに
信念を持って自信を持って
取り組んでいるという人は少なく、

「周りもやっているから・・」

という理由で、体の手入れを
やっている人が多いような気がします。

少し前の時代であれば、

化粧でごまかす事に努力をし、

極論を言えば美容整形で
変えてしまえば良い、

という考えも当たり前でしたが、

内面の健康に意識が向かう。

それは素晴らしいことです。

しかし、

内面の健康を上げるための
確固たる方法が分からないままでは、

結局元に戻りかねません。

何よりもまず、

目に見えない微生物の存在は
ほぼ無視されてしまいがちです。

ここが大きな問題なのです。

微生物こそが真の健康や美容を作る

私は美容や化粧の専門家ではなく、

微生物について学ぶ上で、

人間と微生物の関わりを考えると、

美容、健康、長寿と深く繋がって
いることが分かってきました。

人間がどういうふうに菌と
付き合っていけば、

体や生活全体が「快」の状態になるかを

あれこれ考えているのですが、

結論として今思うのが、

現代日本で求められる
健康も美容も根っこは一つ、

誰もが自分の体にもつ
常在菌を活かせば良いのだ、

と思うようになりました。

常在菌のクオリティ次第で、
美しい肌も健康な体も手に入れることができる
そう考えるようになりました。

美しい肌を作る努力と微生物のサポート

まだまだ誤解の多い世界です。

微生物といえばむしろ、

美とは真反対の汚れた存在、

と思い込んでいる人も少なくありません。

しかしです。

美しい肌を得たいという現代日本の
美容面における最大の願望は、

常在菌を活かすことで叶えられる、

ここで宣言したいと思います。

そのための方法や考え方の背景は、

これからこのサイトで公開していきますが、

美しい肌を作るための美容の努力は

体を元気にして活力を漲らせる
事にも繋がるのです。

常在菌が生き生きとしていることが

すなわち人間が健康に
生活できるということでもあり、

健康であれば肌は綺麗になるのです。

美しい肌を作る努力は化粧や
美容よりもまず常在菌を活かすべきです。

その鍵を握る常在菌、微生物の
特徴や作用やメカニズムを

これから一緒に学んでいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。