皮膚や体内の常在菌の影響こそ健康と美容、長寿を支える鍵


今回のテーマは、

皮膚や体内の常在菌の影響こそ
健康と美容、長寿を支える鍵

について紹介します。

目に見えないものは確かに
とらえどころがありません。

愛というのも目に見えませんが、
人生において決して欠かせない、
大切なものです。

同じように菌、微生物
というのも目に見えませんが、

私たちの人生に欠かせない
本当に大切なものなのです。

前回紹介したように、

男女の恋愛というのにも
常在菌のやり取りや交換は、
欠かせないものになっています。

また、菌は視覚や聴覚で
捉えられないとしても、

人の存在を物語るものです。

皮膚や体内の常在菌の影響

例えば誰もいないはずの部屋に入れば、

ちょっと前までそこに
誰かがいたのだという、

人の気配を感じることがあります。

それは、人から離れた
微細な皮膚のかけらや皮膚の常在菌が、

空中を漂っていて、呼吸によって
鼻の粘膜を刺激するからです。

人は自分の匂いには気づきませんが、

他人の匂いなら敏感に
感じるとることができます。

これは微生物の匂いを感じているのです。

中でも心地の良い香り、
こことの悪い香りがあるでしょう。

これは人間同士の相性にも
強く関わっているのです。

「もはや他人でない恋人関係」

になったのであれば、

愛する彼氏、彼女の皮膚のかけらや
常在菌をもっと敏感に感じるでしょう。

常在菌こそ健康と美容、長寿を支える鍵

菌の交換にロマンティックさを
感じられるようになれば、

あなたも立派な微生物マニアになるでしょう。

菌についての理解が浅い現代社会ですが、

こうした感覚は本能に根ざしたもので、

人が皆「常在菌」を保有している
事実が故に起こることです。

人の常在菌は皮膚など体表に
存在するだけではなく、

体内にも存在しており、

それが人が快適に健康に生活できる
よう日々努力してくれているのです。

皮膚や体内の常在菌の影響こそ
健康と美容、長寿を支える鍵なのです。

私たちを構成する細胞の数より
はるかに多いのが微生物なのです。

古今東西、老若男女問わず、

人は快適さ、心地よさを求めて
進化してきました。

雨露をしのぎ、飢えないよう
食べ物を保存したり、

快適な日常、快適な生活を
追求するために脳を発達させ、

文明は発達してきたのです。

そんな快適さを突き止めて考えれば
安心という感情にたどり着くでしょう。

常在菌と健康と美容、長寿

生命の危機を感じるような
極限状態においては、

手近にあるものを飲み食いしたり、
なるべく安全なところを探して身を置き、
身を守るに足りる衣服をまとい、

そこでは成果しか二者択一を迫られ、

何よりまず生きること
自体が安心につながります。

確かに豊かな現代社会、

高級ファッションやラグジュアリー
エンターテイメントなど、

そういったことを満たすことが
幸せで快適な生活だ、、

と考えてしまうかもしれません。

しかし人間の本能に根ざす生存、

ここを軽視してはいけません。

そしてこの領域に
やや余裕が出てくれば、

人類にとっての最大の関心は、

「不老長寿」といったところでしょう。

最近の流行言葉で言えば、
アンチエイジングということです。

当然これら全てに影響し
深く関わるのが常在菌なのです。

皮膚や体内の常在菌で人生を幸せにする

現代日本の日常生活でも

男女を問わず「健康と美容」
に心配しないのない生活こそが、

安心と快適に繋がる大きな要素でしょう。

毎日美味しく食事ができて、
特に病気らしい症状もできず、

しっかり遊んだり仕事ができたり、

年齢より若く見られる肌の
シワやハリのバランスが取れていれば

なお人生は満足できるでしょう。

ただ、そんな健康と美容、長寿を
満たすために何をすべきか?

現代社会は健康食品、
サプリメント、新しいビタミン、

美容整形とかヒアルロン酸が
コラーゲンだと、

難しい情報があふれています。

これに混乱し本質を見失い、

「自分は一体どうすれば、
健康と美容、長寿の実現を目指し、
安心して快適に暮らせるのか。。」

わからなくなっている人も多いです。

しかし、本質はシンプルなのです。

菌と共生する生き方を知る

全ての鍵は皮膚や体内の
常在菌が担っているのです。

私たちの健康や美容を支える基本は、

他ならぬ私たちと共存する、
「常在菌」ということです。

これをまず知ってほしいです。

常在菌をないがしろにすれば、
健康、美容、長寿のも悪影響が
出てきます。

あなたが良かれと思って
やっている健康のための行動も、

実際には常在菌に悪影響を
与えている可能性もあります。

菌虐待をしている可能性もあります。

まさに本質を見失っている状態です。

では、どうすれば常在菌をうまく
育て共存していけるのか、

健康美容長寿に良い結果を導き出し、

本当に安心できる
快適な生活ができるコツ、

次回から一緒にしっかり
考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。