unnamed

なぜ性格が頭痛、偏頭痛に影響するのか?性格とホルモンの変化


今回のテーマは、

なぜ性格が頭痛、偏頭痛に
影響するのか?性格とホルモンの変化

について紹介します。

頭痛になりやすい性格がある。
頭痛になりにくい性格がある。

…と聞くとあなたはどう感じますか?

確かにこれまで話していた
ストレスの対処の仕方など、

性格によって生活習慣は変わり、
頭痛になりやすい、なりにくいと言う事は
起き得る事でしょうし、

偏頭痛を引き起こしやすいタイプは
感受性が豊かな人であると言う研究データもあります。

スポンサーリンク

偏頭痛を持つ人は幼少期に変わっていた?

片頭痛持ちの多くは
幼いころに周囲から

「変わった子供だ」

と言われることが多いようです。

片頭痛は脳の過敏性が高いので、
頭がよく、突拍子もないことをしたり
変わった行動をとったりすることが多いそうです。

また執着気質の人が多く、

一つのことにこだわり
決して譲らず、他人の言う事は
あまり耳を貸さないことが多い半面、

非常気几帳面である

と言う説や意見もあります。

ただ、血液占いに
信ぴょう性がないように、

これらはあくまで
個人の思い込みに過ぎないような気もします。

でも性格によって頭痛が起こるなら、
そもそも性格を簡単に変えることは
できるのでしょうか?

性格よりもむしろホルモン

私は頭痛、偏頭痛の要因として考えられるのは
性格というよりももっと深い部分、

ホルモンにあると考えています。

というよりも、人の性格や
行動パターンに影響を及ぼす

ホルモンの特徴や役割に
もっと目を向けるべきだと思います。

人体と言うのは
ホルモンや神経伝達物質の
バランスによって

行動が変わると言います。

性格だけでなく、環境や
食事内容などで、

ホルモンバランスは変わりやすく、
頭痛解消を目指すうえでも大切です。

なので今回から、
ホルモンの解説をしたいと思います。

ホルモンというのは私たちが真の健康を目指す上で
かなり重要なカギになってきます。

頭痛とホルモンの変化の関係は
かなり深いものがあるので、

これからの話もしっかり聞いて下さい。

そもそもホルモンって何?

そもそもホルモンってなんでしょう?

誰もが聞いたことのある言葉でしょうが、
いまいちその正体をつかめていないのではないでしょうか。

ちなみに焼肉屋で食べる内臓のホルモンとは違います。

真偽の程は知りませんが、関西では

“捨てる”を“ほおる”と言い、
“もの”を“もん”と言います。

最初のころ内臓類は食べずに捨てていたから、

捨てるもの=ほおるもん

からホルモンと呼ばれるようになったそうです。

…ここでいうホルモンは、あなたの体内に
分泌する化学物質のホルモン“hormone”です。

これらホルモンは体内で分泌しほんの微量なのに、
あなたの考え方、性格、感情を形成し、
行動にも作用する力があると言われています。

例えば、あなたが誰かに何か言って、
思いがけずに怒らせてしまった経験などあると思います。

また理由も分からず怒られた事もあるかもしれません。

実は、そんな彼や彼女が怒ったのは、
あなたのせいじゃなくホルモンのせいかもしれません。

あなたの性格や性欲や闘争心もテストステロンという
男性ホルモンが関わっているのです。

私たちの人生を司るホルモン

そしてホルモンは心身の健康にも影響するものです。

ここでホルモンの正確な定義を紹介します。

イギリスのスターリングさんという人が、
ギリシャ語の”刺激する”と言う意味の

ホルマオー“hormao”という言葉から
ホルモンと名づけたのが由来です。

体内ホルモンは70種類以上あり

“主に内分泌器官で作られ、
多くは血流に乗り情報を伝達し、

微量でさまざまな細胞に作用する化学物質”

と定義されています。

ホルモンを作る器官を内分泌器官、内分泌腺と言い、

人体では、脳の視床下部、下垂体、
甲状腺、副腎、じん臓、すい臓、
性腺(男性は精巣女性は卵巣)がこれにあたります。

脳の視床下部で感じた刺激により、
まず脳から放出ホルモンが出ます。

それに応じて内分泌器官が
それぞれ体中でホルモンを分泌し、

血液に乗って、心身をうまく
作用させるようコントロールしています。

変化するホルモンバランス

体内ホルモン量は個人差がかなりあり、
生活習慣によって減っていったり、
加齢とともに 減少していくものです。

例えば、同じ歌手でも、
攻撃的ロックンロールを歌う人もいれば、
優しい声で癒し系バラードを歌う人もいます。

これは、男性ホルモンの多少が要因らしいです。

そんな激しいロックを歌っていた人も、
年取ると丸くなったりします。

急に人格が変わったように
性格が変わる事もあるのですが、

これも男性ホルモンが影響しているといえそうです。

ホルモンバランスの変化は性格に影響し、
もちろん偏頭痛、頭痛にも影響を与えます。

ホルモン分泌量が減ると肉体的にも
精神的にも健康を害していきます。

性欲減退、ED、集中力や記憶力の低下、
うつ、やる気が起こらない、体の痛み・ほてり、
疲れがなかなか取れないなど、

さらに生活習慣病のリスクが増え、老化が進みます。

そして、頭痛の原因にもなります。

が、こうした変化を意図的に
健康的に起こす事ができれば、

私たちはもっと健康、美容、長寿を
ポジティブなものにする事ができます。

なのでしっかりとした対処が必要です。

そんなホルモンバランス崩れていく原因は何なのか?

そんな話を次回からしていきますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。