スウェーデンの発酵食品シュールストレミングの食べ方と栄養効果


今回のテーマは、

スウェーデンの発酵食品シュール
ストレミングの食べ方と栄養効果

について紹介します。

家具チェーンイケアの成功
高福祉国家の事例など、

そのライフスタイルの興味性から
日本でも「北欧ブーム」があり、

注目を集めることも多い
スウェーデンですが、

食文化の中でも

ニシンの発酵食品である
シュールストレミングは
独特のものです。

世界各国で発酵食品の
食べ方は色々と工夫があるわけですが、

スウェーデンの発酵食品
シュールストレミングの場合は、

他とは一線を画すほど
独特なものがあるのです。

独特なシュールストレミングの缶詰

シュールストレミングの
缶詰を開くには無防備に
行ってはいけないそうです。

今日本で帰る缶詰は
缶切りすら要らず、

最近では酒のつまみに
楽しむ人も増えているようで、

パカっと開ければすぐ食べれる
手軽で簡単なのが代名詞ですが、

シュールストレミングの
缶詰を開けるためには、

守らねばならない
4つのルール注意書きが、

書かれているのです。

その守るべきルールの一つ目が、

「決して家の中で開けるな」

というものです。

料理は家の中で、、が普通ですが、

シュールストレミングは
あまりに臭いので、

家の中で開けるとそこらじゅうが
臭気まみれになるので、

外で開けるよう注意しているのです。

スウェーデンの発酵食品の特徴

二つ目のルールが、

「開封するときは衣服を守ること」

つまり、

シュールストレミングが、

微生物が作り出した
炭酸ガスとともに勢いよく
ふき出してきて、

きている衣服などに飛び跳ね
たりしたならば、

臭い匂いがこべり付き、
なかなか落ちずに大変なので、

ビニール袋や雨合羽のような
捨ててもいいものを身につけて、

開封しなさいということです。

三つ目のルールが、

「開缶する前には、冷凍庫に入れて
よくガス圧を下げてから行うこと」

というものです。

冷蔵庫でなく冷凍庫、
というあたりがすごいです。

シュールストレミングの
微生物を沈静化させるには、

冷蔵庫では足りないのです。

シュールストレミングの食べ方と特徴

4つ目のルールは、

「風下に人がいないかどうか
確かめてから開けること」

というもので、

これはスウェーデン人の
ユーモア溢れる注意でしょうが、

確かに周りの人は大ひんしゅくでしょう。

特に日本で馴染みのない

このスウェーデンの発酵食品を
不用意に開けてしまえば、

異臭騒ぎで通報される
可能性も否定できません。

シュールストレミングの缶詰を
開ける段階でこうした注意があるほど、

特殊な発酵食品なのです。

実際にこうした4つの
ルールを守って開けてみると、

パンパンに膨らんだ缶詰に
缶切りを刺した途端に、

中から強烈な臭気を含んだ
ガスが音を立て出てきます。

その周囲は途端に異様な
匂いに包まれました。

周りの皆は臭いと叫んでいましたが、

発酵微生物の勢いを感じられ、
発酵マニアからすると、

非常に楽しい思い出です。

スウェーデンの発酵食品の食べ方

そんなガスが収まるのを待ち、

缶を開け、発酵してベトベト
に溶けた魚を取り出すと、

色はやや赤みを帯びた
灰白色で

臭いは玉ねぎと魚が
腐ったような匂いが混じり、

そこの発酵食品の匂いが
重なったようなものでした。

味は酸味と塩味に魚の旨味が
合わさった複雑な味で、

口に含めば魚肉の内部で
溶け込んでいた炭酸ガスが
出てきて舌先がピリピリします。

強烈な味の塩辛と
炭酸水を混ぜ込んだような感じです。

スウェーデン人の食べ方は、

シュールストレミングを
パンに挟んだり野菜で包んで
食べるそうですが、

スウェーデンの人たちがこの
発酵食品を皆が好きなのかといえば、

そんなことはないそうです。

スウェーデンの発酵食品の栄養効果

日本でも皆が、

くさやや熟鮓を好きか?といえば、

そんなことはなく敬遠
する人も多いです。

スウェーデン以外にも北欧、

フィンランドやデンマークでは、

ニシンの漬物は食事で
必ずと言っていいほど出てきます。

酢漬けがほとんどですが、

もちろんこれはクセもなく
非常に美味しいものです。

ただスウェーデンでは、

特別に注文すれば、
発酵食品のシュールストレミング
も出してくれます。

人生経験として一度
食してみれば、

脳に強烈な刺激が加わるでしょう。

それ以外にも栄養効果も
もちろん高いものがあります。

シュールストレミングの栄養効果

スウェーデンの発酵食品
シュールストレミングを

栄養面から見ると、

栄養バランスにすぐれ、

特にタンパク質に富み、

脂肪は発酵菌によって分解され、
ほとんどなくなっています。

また他のニシンの酢漬けに比べ、

ビタミンが圧倒的に多いのが特徴で、

ミネラルではカルシウムが多く、

消化吸収が非常に良いものです。

魚を燻製などして保存するだけでなく、

こうした発酵プロセスを経て、

滋養成分を高めて、

価値ある保存食品にした
知恵にはただただ感心されます。

発酵食品はその微生物の作用で、

アンチエイジングや様々な
保険機能を持っていることが

どんどん明らかになっています。

ニシンを発酵した
シュールストレミング

前に紹介したアザラシを
発酵させたキビヤックなど

あまりに独特の発酵食品で

まだまだ科学的調査は
それほどされていませんが、

この強烈な魚の発酵缶詰も、
素晴らしい効果が詰まっているでしょう。

シュールストレミングの食べ方
と栄養効果を参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。