味噌の病気、ガン予防効果など、微生物の持つ成分のメリット


今回のテーマは、

味噌の病気、ガン予防効果など、
微生物の持つ成分のメリット

につて紹介します。

前回、味噌の長い歴史や文化を
見てきた訳ですが、

発酵食品としての味噌の
微生物こそが、

世界一の長寿国を支える
要因として、

働いてきてくれたことは
間違いないことでしょう。

古来、冷蔵庫のない時代には、

その経験則から発酵食品の
そして味噌のメリットが
実感されてきたのでしょうが、

実際に様々な病気に対して
効果があるだけでなく、

現代人にとっての最悪の悪夢
であるガンに対しても、

そのガン予防効果があることが
最近の研究では明らかになっています。

そんな味噌の人体の影響に
ついて見ていきましょう。

味噌の成分の持つガン予防効果

早い段階で既に、
昭和56年の癌学会では、

当時、国立がんセンター研究所の
平山雄疫学部長は、

味噌汁の摂取頻度と
胃がん死亡率との関係について、

疫学調査を発表しています。

この研究調査によれば、

人口十万人あたり、

味噌汁を毎日飲んでいる人と、
ほとんど飲まない人とを
対象として比較調査した結果、

味噌汁の摂取頻度が
高くなればなるほど、

胃がんの死亡率が低くなる
ということが明らかになりました。

さらに味噌汁を
毎日飲む人というのは、

胃がんの他に様々な病気、

全部位のガン、動脈硬化性心臓疾患、
高血圧、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
肝硬変などの、

死亡率が低くなることが
観察されており、

まさに味噌の微生物が
病気予防効果、ガン予防効果
に優れていることがわかったのです。

味噌の微生物の持つ成分のメリット

そしてさらにその理由について
も研究されたのですが、

それによれば、

大豆に含まれる

トリプシンインヒビター

という成分にはマウスの
皮膚ガンを打ち消す働きと、

それによってマウスの
皮膚ガンを遅らせる働きが
あることが分かりました。

またラットに皮膚ガンを移したうえ、

味噌の不溶性残滓を
飼料の一部に置き換えて飼育と、

回復まではしないものの
延命効果が認められたと言います。

この効果は、

サルノコシカケ、しいたけ、笹の葉、
バガス、麦わらに認められており、

さらに同研究によれば味噌には

肝臓ガンの予防効果も
あることがわかっています。

味噌の原料自体が、

健康に対するメリットのある
成分が豊富な上に、

発酵による微生物の影響が
相乗効果を与えているのでしょう。

病気、ガン予防効果を持つ微生物

また、

放射線や紫外線,食品添加物に
含む合成化学物質など

変異原性物質と発ガン性物質
には極めて密接な関係があり、

現代社会ではこれらの
リスクが懸念されているわkです。

ここで、

こうしたリスクに対抗するため、

食品に含まれる成分の変異源に
対してその作用を抑制するような

変異原性物質には発がんを抑制
する作用も期待されていますが、

味噌の脂溶性物質中には、

その抗変異性物質が
存在することが認められました。

その後の研究でその成分は、

味噌中の

リノレン酸エチルエステル

という成分であることが分かりました。

福島第一原発の事故以来、

日本中が目に見えない
放射能被曝の被害やリスクに

不安を感じているでしょう。

ここで広島大学の
伊藤明弘教授らチームが

味噌が放射能障害を防ぐことを
マウス実験により確認しています。

さらに味噌の放射能障害の
防御作用は、

味噌の熟成期間が長くなる
につれ大きくなりました。

つまり発酵菌が多いものほど
メリットが多くなるのです。

これも発酵による微生物の
働きによるものでしょう。

健康のために毎日味噌を摂取する

また、動物実験によれば、

味噌の不溶性残滓に抗腫瘍性があり、

さらに細菌を使用した実験では

味噌の脂溶性物質
(特にリノレン酸エチルエステル)

に抗変異原性があることが
証明されています。

他にも、

横浜市大の研究機関では、

胃内視鏡検査により、

味噌汁摂取習慣者と
胃疾患を調べた結果、

腹部症状を訴えて、

胃内視鏡検査を受けた人
(204名)のうち、

味噌汁摂取習慣の程度
によって

「毎日摂取する」
「時々摂取する」
「全く摂取せず」

の三つのグループに分けると、

「時々摂取する」及び
「毎朝摂取する」の

二つのグループに共通して

胃疾患の少ないことが
際立って多かったとしています。

このように味噌には
病気、ガン予防効果など、

その微生物の持つ成分の
様々なメリットがあり、

摂取しない人とする人の差は
明らかに生まれているようです。

他の発酵食品に加え、

長い伝統に支えられた
日本人らしさの象徴でもある、

味噌を毎日の食卓に加えることは
非常に大切なことなのでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。