キムチの微生物と栄養素の効果、腸の健康・美容へのメリット

キムチの微生物と栄養素の効果、腸の健康・美容へのメリット
今回のテーマは、

キムチの微生物と栄養素の効果、
腸の健康・美容へのメリット

について紹介します。

これまで色々な発酵食品を
紹介してきましたが、

朝鮮半島の食文化に
欠かせないのがキムチです。

日本人が伝統的に活用
してきた発酵食品以外の中で、

最も身近でありパワフルな
ものもキムチと言えるでしょう。

毎日の食卓に加えるのは
非常に賢い判断な訳です。

キムチには様々な保健的な
機能が知られています。

それはキムチの食材だけでなく、
微生物による効果な訳ですが、

キムチの微生物による
人体に及ぼす影響やメリットを
見ていきましょう。

キムチの胃腸への効果

まずキムチには食欲が
そそられる効果が挙げられます。

適度に辛く、そして鼻からは
特有の発酵香がするわけで、

それが胃腸を動かし、

食欲が奮い立ち、

ご飯のおかずにすれば、
キムチだけでも十分に
満足してしまいます。

食前に食欲をしっかりと
活性化して、

唾液や胃液が出ることで
消化の準備をすることは

胃腸の健康や美容に
大切なことですが、

これは味覚よりむしろ、

視覚や嗅覚がカギを握ります。

そういう意味でキムチと
その微生物は特別なのです。

さらに栄養素として食物繊維が
体に多量に送りこめるわけですが、

これにより腸の働きが活発になり、

胆汁酸の分泌を多くし、

脂肪の分解やコレステロールの
過剰を抑える効果もあります。

キムチの微生物と栄養素の効果

腸をキレイにすることで、

ダイエットやアンチエイジングを
目指す人にも有益なわけですが、

キムチには様々な香辛料や
塩辛の煮出し汁が使われています。

味そのもののメリットでなく、
その栄養素の相乗効果で、

食べた人の体は
ぽかぽかと温まり、

腸内環境を良くし、
免疫力を高めてくれるので、

風邪の予防になったり、

滋養強壮疲れた体を
元気付ける効果もあります。

そしてもちろん、

キムチというのは

白菜など野菜の成分、
漬け汁の唐辛子、にんにく、生姜、

といった人体への効果の
高い栄養素を含む食材を使って
いるだけにとどまらず、

発酵して微生物が付与されるのです。

ビタミンなど栄養素の効果

発酵による乳酸菌が
多くのビタミンを生成し、

キムチに残してくれるのです。

例えば、

白菜キムチ(ペチュキムチ)

の発酵前後の白菜中の
主要ビタミン類を比較した
データによりますと、

白菜100グラム当たり、

ビタミンAは、

キムチで130mg
白菜なら11mg

ビタミンB1は、

キムチ0.09mg
白菜は0.04mg

ビタミンB2は、

キムチ0.15mg
白菜0.04mg

ナイアシンでは、

キムチ1.0mg
白菜0.6mg

…とほぼ倍増しているのです。

健康・美容・長寿のため、

巷のどんな高額サプリメント、
ビタミン剤にも負けない、

微量栄養素をキムチは人体に
補給してくれるわけです。

キムチの腸の健康・美容へのメリット

そしてもちろん、

キムチ中に存在する
生きた乳酸菌は、

そのまま大腸に住み着いて、

いわゆる整腸作用をしながら、

悪性腸内細菌を
排除するわけです。

腸内フローラを正常化させ、

健康美容に有益な
メリットを与えてくれます。

さらに最近ではキムチの
新しい機能性も解明され、

大きなダイエット効果が
期待されています。

それは体内の脂肪の
分解促進に効果があるという
栄養素の存在ですが、

おそらく香辛料として使う

唐辛子から由来した
カプサイシンによるもの、

と考えられていますが、

唐辛子も普通に使うより
発酵させることでパワーアップ
するのでしょう。

とにかくキムチはパワーを
与えてくれる発酵食品です。

まだまだ解明されていない
多くの機能性を秘めている、

神秘的な漬物なのです。

キムチの微生物と栄養素の効果、
腸の健康・美容へのメリットに
感謝をするとともに、

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。