unnamed

酸素と栄養を運ぶ血液循環と頭痛の関係、血液と美容、健康、寿命


今回のテーマは、

酸素と栄養を運ぶ血液循環と
頭痛の関係、血液と美容、健康、寿命

について紹介します。

前回、血液の質、クオリティが
身体の健康、そして頭痛解消のために
重要だと言う話をしましたが、

特に血液循環を意識する事が、
真の頭痛解消にはとても大事な要素です。

つまりただ血液そのものの質だけでなく
循環を良くすることが大切なのです。

血液の健康=身体の健康

という方程式を覚えておいて欲しいと思います。

人体と言うのは非常に上手く出来ていて、

心臓や脳など
酸素の消費量が多い器官には、

それに見合うだけの毛細血管が
張り巡らされており、

そう言った毛細血管まで
しっかり血液が届く事により、

血液循環が良くなり、
健康レベルは上がっていくのです。

複雑なようでシンプルな仕組みです。

男女の平均寿命の差の違いは何か?

ここでひとつ興味深い話があります。

あなたは日本人の男性と女性の平均寿命の
差が何年あるか知っていますか?

男性79歳 
女性86歳 

その差は7年です。

ここでもう一つ質問です。

ではなぜ、7歳も違うのでしょうか?

女性は平均して、男性よりも7年寿命が長い
と言う事は、それだけ女性の方が健康とも言えます。

男の方が仕事のストレスが多い、

暴飲暴食に煙草を吸うなど
不規則で身体に悪い習慣を持っている、、

もちろん色々な要素はあるでしょうが、
現代ではそれほどの男女の違いはない気もします。

ただ、男と女で身体の仕組みで
決定的に違う面があります。

女性は血液をきれいにする仕組みがある

その男性になくて女性にのみある体の仕組は

月経です。

女性はだいたい13歳から50歳まで
約35年間にわたり月経があるそうです。

つまり女性には自然と
汚れた血液を抜く作用が備わっている。

男性よりも女性の方が
血液の健康レベルが高いと言えます。

子供を宿す大切な体だからでしょう、
自然なデトックス機能が男性よりも備わっているのですね。

ここで、

28日周期で一年13回、月経期間が6日と考えると、

13×6=78

年間約80日月経期間があると考えて、

それが35年続くのだから、

80×35=2800日

2800日を一年の365日で割ると

2800÷365≒7.6

…つまり、

女性は大体一生の間で「7.6年間」
汚れた血液を浄化させている。

その7.6年分男より寿命が長いとも考えられます。

もちろんそれだけが要因ではないと思いますが、
興味深い数字の一致です。

もし血液の差が
男女の寿命の差であるとすれば、

血液のクオリティを上げて
血液循環を上げる事も大切だと分かります。

血液の健康=身体の健康

血液が及ぼす健康に対する影響は
非常に大きいものがあります。

そのまま

血液の健康=身体の健康

…と言っても過言ではないくらい
大切なのが血液のクオリティです。

とにかくこれから頭痛を
根本から解消していくために

血液の健康度を上げていくための
様々な方法を取り入れていく必要があります。

その方法をこれから紹介していきますが、

これまで話してきた栄養や、
デトックスも血液の状態にとって大切です。

また運動なども大切です。

血液循環をよくする
最強の方法はやはり運動です。

同じ人でもじっとしている安静時と
運動をしている時では、

毛細血管の本数が変わります。

運動時には血管の本数が
増える訳ではないのですが、

安静時には使われなかった
毛細血管がぐっと多く使用され、

血液循環が良くなるのです。

特に男性は、女性より意識して
血液の汚れをきれいにする努力が
必要なのかもしれません。

体調不良、頭痛解消のためにも
血液のクオリティーを上げるのは重要です。

とにかく、男性も女性も血液の
重要性を心の底から感じてください。

人体にとって酸素の大切さ

さらに、血液循環に関わる話ですが、
健康にとって酸素も重要です。

血液は栄養だけでなく
酸素も運んでくれます。

ちょっと今、このサイトを読むのを一度ストップして
息を止めてみてくれますか?

そして、できるだけ長く我慢してください。

・・・ 

どうでしたか?

極限までがんばった人は、
すこし意識か薄れていくのを感じませんでしたか?

これを続けたら、脳に酸素がいかなくなり、
意識がなくなり死んでしまうのです。

人は水がなくても数日は生きられますが、
酸素がないと30分も生きれないのです。

現代社会は、環境汚染のために、空気にも
水にも酸素含有量はかなり少なくなっています。

さらに、ストレス、毒素、疲れのたまりにより
あなたの体も酸欠状態の可能性があります。

人体が正常に機能する為には
それなりの量の酸素を必要とします。

特に脳は人体の2%ほどの重さしか占めませんが、
総酸素摂取量は20%から30%を使います。

複雑化している現代人は脳への負担も多くなっており
より多くの酸素を必要としています。

血液循環を良くして、
血液の健康レベルを上げ、

酸素を適切に身体にとり入れる事は
美容、健康のため体調不良、
頭痛解消のため大切です。

酸素は健康にとってもろ刃の剣にもなる

しかし、酸素は諸刃の剣
ということも知っておいてください。

美容、健康、寿命の敵となるのが
活性酸素というものです。

以前にも説明しましたが、

酸素はというのは生命を維持するだけでなく、
酸素の中のフリーラジカル(活性酸素)と呼ばれる、
不安定な酸素の分子が細胞を傷つけ、老化を進めます。

呼吸をするだけでその酸素の2%ほどが、
フリーラジカルになるといわれます。

さらに、ストレス、毒素、環境汚染でその割合は増えます。

そしてこう言った悪玉酸素が暴走する結果、
頭痛をはじめとする体の不調は起きるのです。

そんなフリーラジカルから
守ってくれる栄養素が、抗酸化物質です。 

酸素の体内摂り入れとともに
抗酸化物質を同時に摂り入れる
など工夫も必要なのです。

血液の健康レベルを上げよう

とにかく、

血液循環をよくし
きれいな血液で正常な血液の流れが、
体の隅々まで届くことが重要です。

そうすることで、
栄養素も酸素も適切に体中に運ばれます。

適切に細胞まで栄養素が運ばれた時に
私たちは始めて真の健康を取り戻せるのです。

美容レベルを高め、
寿命を延ばす為にも重要です。

しかし血液は外から見えないものですね、、

見えないものを改善するのは難しい
作業と思いますが、本当に重要な作業です。

毒素、余分なカロリーが血液を汚し、
運動不足、ストレスが血流を悪くします。

今まで、話した全てのテクニックも参考に、

毒素を排出し、適切な栄養を摂り、
運動をし、ストレスをなくし全身の
血行を改善してください。

その上でこれからは、

直接的に体内に血行を流し、
栄養と酸素を届けるテクニックを紹介します。 

楽しみながら学習し、実践していって下さい。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。