unnamed

活性酸素・フリーラジカルを除去し体調不良、頭痛解消を達成


今回のテーマは、

活性酸素・フリーラジカルを
除去し体調不良、頭痛解消を達成

について紹介します。

酸素(さんそ)というものは私たち人間にとって
なくてはならない貴重なものですが、

同時に酸素は体内で活性酸素という
身体を傷つけるものを発生させ、

それが体調不良や頭痛の原因にもなります。

ここで抗酸化物質と言う栄養素が
活性酸素を退治してくれます。

活性酸素を除去することで頭痛解消だけでなく
若返りも同時に達成する事が出来ます。

なのでその活性酸素をうまく除去する意味でも
今回の話は重要になってくるのですが、
詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

酸化と体調不良、頭痛の関係

あなたは酸化という言葉を聞いた事がありますか?

人間は酸素がないと死んでしまいますが、
同時に酸素は人間を酸化させてしまいます。

酸化とは リンゴを切ってしばらく
置いていると黄色くなりますが、

簡単に言えばあれが酸化で、

金属をほっておくとさびたりするのと
同じように人間も酸素を取り入れるごとに
体内が酸化してさびてしまいます。

酸素の中の活性酸素(フリーラジカル)と呼ばれる、
不安定な酸素の分子が細胞を傷つけ、老化を進めます。

呼吸の2%ほどが、フリーラジカルになるといわれます。

さらにストレス、毒素、
環境汚染でその割合が増え、

より体をさびさせる原因となります。

この活性酸素が、老化や頭痛をはじめ、
体調不良や様々な病気引き起こすといわれています。

フリーラジカルの害から守る方法

このフリーラジカルの害から守る方法は二つ、

一つ目は呼吸をしないと言う事です。

呼吸をして酸素を体内に取り入れなければ
活性酸素の害も起こる事はないのですが、、

呼吸を止めると死んでしまいます。

なのでもう一つの方法を取るしかないのですが、

そのフリーラジカルの害から
守ってくれるの栄養素も存在します。

それが、抗酸化物質(こうさんかぶっしつ)
と呼ばれるもので、

酵素、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、

さらにさまざまな植物に含まれる
フィトケミカル(植物科学物質)がその一種です。

そして、体内では、さまざまな種類の
ナチュラルな抗酸化物質を作り出しますが、

フリーラジカルの量は増え、
体内で作り出す抗酸化物質量は減っていくので、

栄養素として外から摂取があるのです。

質のいい抗酸化物質をとろう

抗酸化物質で有名なものは、

コエンザイムQ10やリアルファリポ酸、
イソフラボンやカテキンなどがあり、

最近話題の栄養素なのであなたも一度は
耳にした事があるのではないのでしょうか?

とは言え、これらの栄養素は何か一つ
取っておけば安心というものではなく、

抗酸化物質というのは、

効果や体のどこに効くかはさまざまなので、
なるべくたくさんの種類を含む食品か
サプリメントを摂る必要があります。

抗酸化物質を網羅的に含んだ
フォーミュラを摂ることで、

体調不良や頭痛もなくなって
いくでしょう。

(アルファ・カロテン、ベータ・カロテン、ルテイン、
リコペン、ビタミンC、ビタミンE、セレン、 
イチョウ葉エキス、コエンザイムQ10、
ビルベリー・エキス、L-グルタチオン、大豆イソフラボン、
ぶどうの種子エキス、緑茶エキスを含むのが望ましい)

以上のような栄養素が包括的に含まれた
抗酸化物質が摂取できる良質のサプリメントを
探して摂取してみて下さい。

体調不良や頭痛解消の為に
サポートとなる事でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。