口の中から体内、肛門まで長生き老人を病気から守る微生物やカビ

口の中から体内、肛門まで長生き老人を病気から守る微生物やカビ
今回のテーマは、

口の中から体内、肛門まで長生き
老人を病気から守る微生物やカビ

について紹介します。

私の友人のお婆ちゃんは

90歳でなくなるまで一生の間
ほとんど病気にかからなかったそうです。

入院の体験はゼロです。

そんな彼女の食生活を聞いてみると、

現代の栄養学から見ると
落第点がつくようなものです。

毎日、ご飯に味噌汁、

それにわずかな野菜と煮魚、
豆、海藻と言った

まさに粗食です。

卵は一ヶ月に一回食べる程度で、

牛乳や豚肉は、昔風の考えで
「汚らわしい」と食べません。

牛乳も飲んだこともなく、

デザートの果物やサラダと言ったものは
一切ない時代に育ったので、

それを受け継いでいました。

長生き老人を病気から守る微生物やカビ

にも関わらず、血行は良く
化粧品も全く使わず、

風邪を引いたり胃腸の具合が悪い
ということもなく過ごして、

健康長寿のまま天寿を
全うしたのです。

このように、一生の間ほとんど
病気をしないで90年以上生きた人の

長生き老人の秘密は…

皮膚や目や口の中、
さらに胃腸の内部には、

活性の高い微生物がたくさん
活動しているのでしょう。

この素晴らしい微生物のお陰で
一生悪い病気に冒されないで、

守られながら快適な一生を
過ごせたのでしょう。

もちろん老人だけではなく、

誰であったも長生きで健康に
過ごす為に、

発酵食品の知恵だけでなく、

現代の技術を使えば、

素性の良い微生物はいくらでも望むだけ
培養増殖させることが出来ます。

病気から守る微生物やカビ技術

味の良いビールやワインを作る酵母、

上質のチーズを製造する
乳酸菌やカビの数種を、

タンク培養して活性が落ちないように
キレイな粉末に仕上げれば、

良いサプリメントが出来るでしょう。

そこで健康無病の人の皮膚の表面、

目や口の中、歯、胃腸、肛門、
膣や尿道などから

健康を守る微生物を組織的に採集し、

微生物学的な性質を詳しく調べれば、

有用性が優れている微生物を
大量に増やし、

最後に菌体を凍結乾燥すれば、

保存性も良く活性も低下させずに済みます。

ここから色々と応用できないでしょうか。

例えば、

皮膚の健全な人の体表から
採取したいくつかの菌を増殖させ、

それをクリームに混合して、

皮膚の弱い人、アレルギー性疾患や
アトピーなどで皮膚の具合の悪い人に塗る

というのはどうでしょう。

恐らく現代の化学成分がたくさん入った
化粧品よりも、

遥かに実質的なメリットがあるでしょう。

体表から体内まで微生物の質を良くする

あるいは、50年ほど全く
胃腸の障害がない食欲おう盛な
人の胃腸からいくつか微生物を採取し、

それを増殖させて胃腸の弱い人に与えたら、

最高の胃腸薬となるでしょう。

ある自然療法の世界には、

産後生まれてすぐの赤ちゃんが
最初に排泄した便の菌を

エネマに入れて腸内に入れる
という療法もあります。

これは最高の健康増進のための
微生物だと言う考えです。

実際に、ある研究者が、

赤ちゃんの便の乳酸菌を
顕微鏡で観察した所、

Y字形ないし鹿の角のような
形態が見られ、

珍しいLactobacillus bifidum
(ラクトバチルス・ビフィドム)

だと分かったそうです。

さらに病院の小児科と協力して、

入院注意調の弱い幼児に毎日この
乳酸菌粉末を服用してもらった所、

優れた効果があったそうです。

ヨーグルトなどで盛んに宣伝される
ビフィズス菌ですが、

こうしたビフィズス菌は乳児には
極めて効き目が高いのですが、

成人にはあまり効かなかったりします。

健康な人の口と肛門から、

その人の健康を守る微生物を採取して、

それでは磨きから痔の塗りクリーム
まで作れば、

新しい健康に対するアプローチ
となるのではないでしょうか。

口の中から体内、肛門まで
長生き老人を病気から守る

微生物やカビをもっと活躍
させて行きたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。