食品倉庫、食品工場のカビ、微生物対策、衛生管理はずさん?

食品倉庫、食品工場のカビ、微生物対策、衛生管理はずさん?
今回のテーマは、

食品倉庫、食品工場のカビ、
微生物対策、衛生管理はずさん?

について紹介します。

日本のスーパーやコンビニ、
デパート、ショッピングセンター

などでは、贈答用として
外側の見た目が美しく、

包装された食料品が店頭に
溢れるほど並んでいます。

どの品がどこで作られ、

またどの品がいいかということを
良く知っている人もたくさんいます。

味も良く形も美しいので、

恐らく清潔な工場内で安心できる
工程で作られているのだろう、、

徹底衛生管理された食品倉庫で保管され、
流通過程までこだわっているのだろう、

と多くの人が想像しています。

しかし実際の内情はそうでは
ないと言えるのです。

食品倉庫、食品工場の衛生管理はずさん?

買う人は工場の中を
見ていないわけですから、

信用して品物を買い求めるしか
ありません。

まさか工場内がカビ、微生物、
雑菌だらけであることは、

考えもしないでしょう。

何か大きなトラブルが発生し
ニュースになって始めて、

食品工場内が不潔と分かり、
消費者は裏切られたことを知るのです。

メーカーは、原則として、
工場内をお客さんに見せません。

メーカーは工場内にカビが
巣食うようになり、

対処できなくなって始めて
専門家に密かに相談するようです。

そして相談を受けた専門家は、
その実情を知り驚愕するようです。

日本中に名前を知られ、
商品も良く売れていて人気の高い会社は、

さぞ理想的な衛生管理のもと
製造しているのだろうと思っていても、

現場を見せてもらうと、
裏切られたと感じるほど、

工場内は不潔だそうです。

食品工場のカビ、微生物対策

整理整頓されず、床には
材料が跳び散っていたり、

壁や天井は黒や緑のカビの縞模様

これが食品工場なのかと
驚くほどだと言います。

もちろん清掃はしているそうですが、

仕事が忙しかったり、
アルバイトを雇えない時は、

掃除する暇もなくなるそうです。

全国のどんな食品倉庫、食品工場
でもカビ、微生物対策、衛生管理は
ずさんな状況なのです。

現場の責任者は

この対策の為に強い
殺菌剤で消毒をしたり、

食品に保存料、防腐剤や化学物質を
入れた対応しようとします。

これが人体の健康に弊害を
もたらすことになるのです。

食品倉庫の衛生管理もずさん

他にも食品メーカーでは、

製品を出荷する前の
一時保存しておく食品倉庫、
冷蔵庫内のカビ、微生物に汚れは、

問題となっているようです。

特に冷蔵室や、冷凍食品を
長期に保存するマイナス40度くらい
の冷凍室の中だから、

カビなど皆無のはずだ、

と考える人が多いようですが、

やはりこれも著名な冷凍食品会社では、

肉や魚を冷凍保存している
マイナス40度の部屋でも、

天井やカビのプラスチックの
表面におびただしいカビが生えて
困っているようです。

冷凍庫というのは、

断熱効果が優れているという理由で
厚手のプラスチック製パネルを
壁面に使い、

中間部はスポンジ状になって
いるのだそうです。

以前も紹介したように
プラスチックはカビに侵される
可能性が高いのです。

日本中の工場は微生物まみれ

こうした食品倉庫、食品工場の
カビ、微生物対策、

衛生管理のずさんな実情は
外部に漏らさないよう、

機密事項として扱われるようですが、

多くの人がこの会社ならばと
信用されている有名会社は、

ほとんど全て工場がカビの
巣窟と言って良い汚染状態なのに
驚愕すると言います。

もちろんずさんな作業で、
食中毒が出る事件もあれば、

大きなニュースになるのですが、

微生物に対する的確な処理は
どこも落第点と言えるのです。

また食品会社以外でも、

レンズ、エレクトロニクス、
電子回路、精密機器など、

多くの工場での製造工程は

カビの被害は予想以上であることが
詳しい調査で分かっているのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。