地球上での微生物と生物の関わりと多様性、イメージと現実

地球上での微生物と生物の関わりと多様性、イメージと現実
今回のテーマは、

地球上での微生物と生物の
関わりと多様性、イメージと現実

について紹介します。

「きったなーい、ばっちーい」

という不潔なイメージだったり、

「え、怖い…ウイルスに感染?」

というような病気の原因だったり、

「食中毒で死んだというニュースが…」

など危険な生物といった、

厄介者で人類の敵と言う事を

カビや微生物、バクテリア
という言葉から連想するのが

大半のイメージではないでしょうか?

しかし、です。

実際にはこうしたイメージは
偏った知識によるイメージであり、

カビや微生物との付き合い方を
間違ってしまう根源になってしまうものです。

実際に彼らの正体とは
何ものなのでしょうか?

微生物や菌、カビなどと
私たち人類はどう付き合って行くべきなのか?

これからこのテーマで
一緒に考えて行きたいと思います。

スポンサーリンク

微生物のイメージと現実

そもそも微生物というのは、

肉眼ではその個体を見ることのできない
ほど微小な生物の総称です。

これが地球上で人間だけでなく
あらゆる生物と関わっているのですが、

その仲間としてまず
細菌が挙げられます。

名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

大腸菌や乳酸菌は細菌の一種です。

結核菌、コレラ菌、ペスト菌、
チフス菌など、

人の健康を害する細菌は
病原菌と呼ばれることもあります。

そしてカビや、ビール製造などで
使われる酵母も微生物の一種です。

私も食べるのが大好きですが、
キノコというのは、

肉眼で見える大きさですが、
カビに分類されているのです。

これらは専門的には
菌類とも呼ばれます。

他にも一般には馴染みのない
微生物としては、

放線菌や藍藻(らんそう)、原虫
なども挙げられます。

目に見えない微生物の多様性

このように一言で微生物
というのは、

多種多様であり、

大きさも形状も実にさまざまです。

細菌というのは

1000分の1~1万分の1ミリ
という小さいもので、

顕微鏡で800~2000倍くらいの
倍率でようやく観察できるのです。

カビを300~500倍くらいの
倍率で観察すると、

糸状の細長い細胞が見えます。

これを菌糸と言うのですが、

菌糸というのは、

植物で言う所の葉や茎、根
に相当する部分で、

水分や栄養分を吸収し
細胞が成長する事によって
伸びて行くのが特徴です。

植物であれば茎や葉が生長し
やがて花を咲かせますが、

実は同じようにカビの菌糸にも
花に当たる部分があり、

これを子実体と言います。

微生物にも花が咲く?

花を見ていると様々な
色や形に彩られていて、

美しいと感じるのですが、

実際に花と同じように、

カビの子実体の形状もカビの
種類によって異なり、

見る人によれば美しさを
感じるものです。

ちなみに青カビの子実体は、

筆の先のような形をしていることから

「筆」という意味の
ラテン語に由来して

ペニシリウム(Penicillium)

という学名がつけられています。

医薬品のペニシリンは
ここから由来しています。

地球は微生物で溢れている

目に見えない世界を
私たちは理解しにくいものです。

しかし目に見えない微生物の世界は
実に奥深い広がりを見せているのです。

さらに

「地球上で微生物の存在しない所はない」

と言われるほど、

微生物は地球での自然界に
広く分布しているのです。

空中、水中、土壌中、海水中と

あらゆる所に微生物は
生息しているのですが、

私たちの体内にも数多くの
微生物が存在しているのです。

特に土の中の微生物は多く、
多様性が発見されています。

わずか1グラムの土の中には
約1億もの様々な種類の
微生物が含まれています。

これらの微生物は、

例えば倒木や落葉、枯れ草、

さらには動物の遺体や排泄物などの
有機物を能率よく炭酸ガスと水、
無機物に分解します。

地球上での微生物と生物の関わり

このような多様性のある
微生物の働きのお陰で、

土には植物の生長に
必要な養分ができ、

大気中には植物の呼吸に
必要な炭酸ガスが放出されます。

地球上の植物が必要とする
炭酸ガスの90%は

微生物が供給しているとも
言われています。

また、微生物の活動によって
森の中は浄化されます。

地球上には色々な
生き物が活動し、

やがて人類が生活するように
なるより遥か以前から、

微生物というのは、

動植物や人間が安全に生きて行ける
ように下ごしらえをしてくれた、

自然界のパイオニアなのです。

大きな視点で見れば、

今でも動植物や人類は、
無数の微生物に守られて安全に
暮らしているとも言えるのです。

これまでも、そしてこれからも
地球上での微生物と生物の関わりは
続いて行くのです。

間違ったイメージに翻弄されないよう、
まずは正しい知識を得て行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。