アインシュタインの少年時代、家族とユダヤ人家庭の教育と学習法

アインシュタインの少年時代、家族とユダヤ人家庭の教育と学習法
今回のテーマは、

アインシュタインの少年時代、
家族とユダヤ人家庭の教育と学習法

について紹介します。

これまでユダヤ式
子供を天才に育てる教育法の

ノウハウやテクニックを
紹介してきました。

もちろん私はユダヤ人ではないですし、

ユダヤ教の文化や風習について
深く知る訳でもありません。

もちろん日本人としての私の
偏見や思い込むもあるでしょう。

しかし優秀な人物を多く輩出する
ユダヤ人の学習法について

色々と観察し調べたものを
これまで紹介してきました。

このテーマの最後に、

ユダヤ式教育を実行する目的、
一番大切なことについて
紹介したいと思います。

スポンサーリンク

教育の目的は成績を上げること?

あなたは教育の目的や意味は
どういったものと考えるでしょう?

ユダヤ人が考える
こうした教育哲学というのは、

単に、

・学校で良い成績を取らせたり、
・良い仕事につかせたり、
・ニートやフリーターになるのを防ぐ

と言ったことではないのです。

結果としてそうなる可能性は
高いわけですが、

彼らが目指すのはそういった
表面的なものではありません。

さて、

頭のよい天才ユダヤ人

と考えたとき人々の頭に
真っ先に浮かぶのは、

アルバート・アインシュタイン

ではないでしょうか。

彼はユダヤ人の中でも例外的で、

自分の子供に天才アインシュタイン
のような人間になってほしいというのは
おこがましい気もしますが、

ここで軽くアインシュタインの
少年時代や家族との関わり、

ユダヤ人家庭における彼が受けてきた
教育と学習法について考えてみましょう。

アインシュタインの少年時代と家族

アインシュタインはこれまで
紹介したユダヤ式7つの教育ノウハウを
実践する家庭に育ち、

教育を受けてきたようです。

彼の家族はとても愛情の溢れ、
堅実だったそうです。

父親は親切で穏やかな人でしたが、

大学を出ておらず、商売にも
才能はあまりなかったようです。

後日、アインシュタインの父親は
弟の会社の経営に加わり、

そのお陰で家族には経済的に
不自由がない暮らしが訪れたそうです。

一方でアインシュタインの母親は、

ピアノの演奏にとても才能のあった人で、

父親よりも強い性格を
持っていたということです。

こうした家庭環境で育った
アインシュタイン少年ですが、

確かに天才科学者の片鱗を
見せる要素は、

ここではあまり見られません。

ユダヤ人家庭教育と学習法の影響

アインシュタイン一家ではよく
楽器演奏をみなで楽しんだようです。

父親はまた、詩をとても好み、

夕食後には特に好きだったハイネの
詩をよく朗読していたようです。

これらの家庭での出来事が

実はアインシュタインの生涯に
大きな影響を与えています。

彼は晩年になっても
バイオリンを弾き、ハイネがお気に入りでした。

誰しもが少年時代、家族と過ごした時期が
将来に影響するのです。

ユダヤ人家庭の教育と学習法は
まさに家庭教育から始まるのです。

そしてアインシュタインは、

「科学者になろうと決意したその瞬間を、
今でも鮮やかに覚えている」

と語っています。

それが彼が4歳の頃、

父親が磁石でできた方位針を
見せてくれたときだったそうです。

知識より想像力が何より大切

彼の父親は方位針を
アインシュタインに手渡したとき、

まさか息子が後日、世界で
最も優れた偉人の一人になろうとは、

想像もしなかったことでしょう。

意外な所から天才の芽は育つのです。

ある物理学者が雑誌で
面白いことを言っていました。

「本当のアインシュタインを知る人は、
だれも、彼が数学の天才だとは思っていない。

彼があれほどの偉業を成し遂げる
ことができたのは、

ひとえに、彼の想像力、独創性、
独自の思考によるものなのだ」

子供は誰しも、独創力と自分の意見を
築き上げる能力を持っています。

そして、誰にも真似できない
才能を秘めているものです。

もちろんアインシュタインは
中でも特別な才能を持っていた
かもしれません。

しかしこうした秘められた才能は、

家庭や学校教育の環境よって、
伸ばすこともできれば、
壊されてしまうこともあるのです。

引き出す教育と押し付ける教育

日本の学校教育の現場を見ると

特に不必要なほど、
静かに先生の言うことを聞き、

他の生徒と同じようなことを
するように押し付けられることがあります。

そして残念なことに、

このメッセージに大人しく
従ってしまう良心が多いのです。

アインシュタインは少年時代、

学習障害のレッテルを貼られ
先生の言うことを聞かない問題児として
扱われていたことは有名ですが、

もし彼がユダヤ人家庭の
伸ばす教育法でなく、

抑え込む教育法に閉じ込めら
れていたとしたら、

天才は出現しなかったでしょう。

我々の現代の生活水準すら
変わっていたかもしれません。

ユダヤ人式天才を育てる教育法に従えば、

子供が持つ才能が
破壊されてしまわないように

子供を守ることができます。

そしてその才能をさらに伸ばす
ことができます。

学校で良い成績を取ることは
目的ではないですが、

結果として良い成績を取る子供に
育つことが多いでしょう。

教育は次世代にまで影響する

そうです。

ユダヤ式教育と学習法の
最大のポイントというのは、

より大きな才能の花を咲かせる為に、

子供の想像力を伸ばし、
独立した思考をするように
励ますことなのです。

世界に唯一のオリジナルの、

そこ子なりの幸せと成功を
見つける土台、底力をつけて
あげるというのが、

教育の目的なのです。

もちろん「学ぶ喜び」というのは、

生きて行く上で味わいあらゆる
喜びの中のほんの一部に過ぎません。

学ぶこと、働くこと、愛すること、
悲しみを乗りこえること、

人生にまつわるすべてを味わう
「生きて行くことの喜び」こそ、

子供が知的であろうとなかろうと

両親が子供に与えることができる
最高のギフトになるのでしょう。

判断基準を学校の成績だけ
には縛られてほしくありません。

それは天才アインシュタインも、

日々の暮らしに家族みんなで
共有できる楽しみがあったからこそ
生まれたのではないでしょうか。

それは私たちの誰もが今日から
実践できることでもあります。

家族みんなで一つのことを楽しみ、
語り合い、笑い声で包んであげる。

こうした家族の温かさと絆は、

信頼と共に次世代にまで
遺伝して行くのではないでしょうか。

アインシュタインの少年時代、
家族とユダヤ人家庭の教育と学習法から
色々なことを学ぶことができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。