ユダヤ式教育は難しい?子供の知的好奇心や興味を育てる方法

ユダヤ式教育は難しい?子供の知的好奇心や興味を育てる方法
今回のテーマは、

ユダヤ式教育は難しい?子供の
知的好奇心や興味を育てる方法

について紹介します。

ここまでユダヤ式教育の
伝統的な方法を紹介してきましたが、

これらの方法を知った上で、

ウチには難しくて無理かもしれない…

と思った方もいられるようです。

「ウチは子供も親も知的でもなく
優秀じゃないし、

こんな方法の実行は無理…」

「やっぱり特別な子のやり方じゃないの」

「ウチは元々遺伝的に
頭が悪い家系だから、やっても無駄」

…など

こうした意見もあるようです。

しかしそうではないと思います。

どんな家庭でもユダヤ式教育の
適応は可能だと思います。

そしてきっとあなたが驚くほど
成果をあげることと思います。

これまで紹介してきた
子供を天才に育てるユダヤ式教育の

最も重要なポイントは、

「あなたが子供の行動を見極め、
高く評価をする事」

「評価をしていることを
子供に伝えること」

…なのです。

知的かどうか、優秀かどうか
は関係ないのです。

スポンサーリンク

子供の知的好奇心や興味を育てる方法

私の知り合いの一人は、

著名な科学者として世界的に
活躍していますが、

子供の頃、

家には一冊も本が無い、
もの静かで口下手な父親に
育てられたと言います。

食事中、父親がしゃべっている
事はほとんどなかったそうです。

どちら家と言うと一人で
音楽を聴いていたと言います。

それほどお金に余裕のある
家庭ではなかったそうです。

しかし、

子供が本をねだったり、
科学などの課外授業に行きたい

という願いを断ったことは
一度もなかったと言います。

どんな高い本でも買ってくれて、

子供が興味のある場所に出掛ける為

どんなに遠くでも
車を飛ばしてくれたそうです。

その場所でお父さんから
何かを教わったわけではないものの、

少し離れた場所から
子供たちをじっと愛情のこもった
目で見守ってくれていたことは、

大人になっても忘れることはできない
と語っていました。

子供が知的な分野に好奇心がない?

親がついて行けない
知的な分野に子供が興味を持っても、

恐れることはないことを
示す素晴らしい例だと思います。

黙って見守ってあげるだけで
十分、子供の知的好奇心や興味を
育てることはできるのです。

では逆の場合はどうでしょう。

「ウチの子供は知的な分野に
全く興味も関心も示さない、
頭が悪いのかも…」

「ウチの子供は親と違って
知的レベルが低いみたいだから
ユダヤ式教育は難しいかも…」

つまりあなたの子供が
あなたほど知的な分野に
興味を持ってくれない場合、

こうしたユダヤ式教育は
無理なのでしょうか?

ということですが、
これもそんな事はないでしょう。

ユダヤ式教育は難しい?

答えは先ほどと同じですが、

十分適用可能です。

子供というのはみんな必ず
何かに好奇心と興味を持つように
生まれてくると私は考えています。

その対象は親の考え方と
子供の考え方と違います。

親が知的好奇心と見えなくても
子供にとっては知的な好奇心なのです。

子供が元々持っている
興味や好奇心を、

建設的なものにして行く
手助けをするのが大切でしょう。

だから興味の対象が
スポーツであれ、音楽であれ、
ダンスであれ、ビジネスであれ、

その子供が本来持っているものを
伸ばしてあげれば良いのです。

もちろん教育そのものは
簡単なものではありません。

どんな教育哲学を持っていても
難しいものです。

しかしユダヤ式教育は
複雑なものではなくシンプルです。

まずはこれまで紹介してきた
ユダヤ式教育の方法に従って
しっかり環境を整え、

子供見つめる観察する
ステップから始めましょう。

子供の思いの丈を自由に
表現できる雰囲気を作り、

学習に敵した環境を作ってあげる

そうすれば遅かれ早かれ
子供の才能は開花して行くことでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。