未来永劫、子孫代々に伝承するのがユダヤ人の教育の伝統

未来永劫、子孫代々に伝承するのがユダヤ人の教育の伝統
今回のテーマは、

未来永劫、子孫代々に伝承する
のがユダヤ人の教育の伝統

について紹介します。

これまでユダヤ式
子供を天才に育てる教育法
について紹介してきましたが、

この辺りでもしかすると
こうした疑問がわいてきたかも
しれません。

「ユダヤ人の教育法について
何となく分かってきました。

でも、これって、

いつ始めて、いつまで続ければ良いの?

中学校まで?高校卒業まで?」

「子供の学力を高めるには
○○の塾が良いらしい」

「計算能力をつけるには
○○式が効果が出るらしい」

などと考える、

いかにも日本人らしい
もっともな質問です。

恐らくこの問いに関する
ユダヤ人が答えは

「一生」

…でしょう。

スポンサーリンク

ユダヤ人の教育はテクニックではない

ユダヤ人にとって教育とは
テクニックやノウハウではなく
伝統なのです。

そうして伝えられてきた習慣を
始めるのは早ければ早いほど良い
と考えます。

子供が文字を覚える前から
始められれば、

それに越したことはないですが、

遅くても問題ありません。

5歳からでも10歳からでも
遅すぎることはないですし、

極端な話、私たち親が
こうしたユダヤ式教育を
自分に取り入れるのも良いのです。

教育の時期に始まりも終わりも
ないのですから。

特に前に紹介した

「親と子供の危険信号」リスト

子供のチェックリスト、
親のチェックリスト、

をしっかり使って振り返ることは、
子供が大きくなってからでも
必要ではないでしょうか。

教育は一生続くもの

子供が成人して巣立った後は

子供の為に本棚を作ったり
子供をじっくり観察したり、
色々な所に連れて行く

事は不要かもしれません。

その時期になれば自発的に
本棚を作り、やりたいことをやり
行きたい所に行くようになるでしょう。

これらを幼少期からじっくり
やってきた子供であれば、

成人した時には既に、

本当に自分がやりたいことを見つけ、
力強く羽ばたき始めていることでしょう。

ユダヤ人にとって教育は、

いわゆる学力を高める為の
教育テクニックではないのです。

あくまでも、どんな場所でも
活躍できる人物になる為、

国際的な競争力を持ち、
本当に頭のよい子を育てる為に
「伝統」なのです。

一般的なユダヤ人の家庭では、

子供が生まれたときから
その子が巣立ち、離れて行くときまで
ずっと続きますし、

いわゆるジューイッシュマザー
などと呼ばれる「親ばか」自体は、

親と子が行きている限り
永遠に続くものなのです。

未来永劫、子孫代々に伝承する伝統

こうした教育の伝統が
あなたの家庭に根付いたとすれば、

あなたの家系から未来永劫、
個性豊かな優れた人物が
輩出して行くでしょう。

そしてそれがいったん
「伝統」になってしまえば、

実行はそれほど難しくないはずです。

あなたがやってきたことを、
あなたの子供がその伝統を受け継いで行く、

ただそれだけなのです。

あなたから始まり、
続いて行く家系から、

天才的な人物、優秀な人物、
世の中を豊かにする人々が
次々と生まれてくる、

そして皆一様にやりたいことを見つけ
イキイキと暮らしている、

あなたがそのスタート地点になる。

そう考えただけで
ワクワクしてきませんか。

ユダヤ人の教育の伝統の効果

映画監督のスティーブン
スピルバーグの母親である

リアアドラーさんは、

あるインタビューで
このようなことを答えていました。

「あの子は、若い頃から
いわゆる映画バカでした。

売れもしない変な映画を
作っては喜んでいました。

そしていつも、お金がなくて。

(中略)

でも、いつだってあの子は
私の誇りでした。

あの子に代わる人間はいない。

世界に二人といない特別な人間です。

だってあの子は私の子供だから。」

ユダヤ人が口にする

「ウチの親は、親バカなんだよ」

という子供の目は、照れているようで
いつも笑っているはずです。

ちょっと恥ずかしいけれど、

両親が無条件に自分を
誇りに思ってくれるという自信。

この自信こそが、
頭のいい子もそうでない子も直面する、

人生の荒波を乗りこえる為の
活力源になるのです。

親が子供に与える最大のギフト

どんな状況に世界がなったとしても

人生は楽ではありません。

厳しい局面を必ず迎えます。

その場面に立ち向かう為の
タフさを身につけてあげることは

親が子供に与えられる最大の
ギフトでしょう。

そして荒波の先にある、

本当の意味での「人生における成功」
をしっかりつかみ取る為の
助けになるはずです。

迫害の歴史を送ってきた
ユダヤ人にとって

こうした考え方が見についているのです。

私たち日本人もこの部分は
非常に参考になるはずです。

これまで紹介してきた
ノウハウを実行したり、

危険信号にしっかり気を配り、

6つの特性を意識して
子供の可能性を引き出して行く

…もちろん簡単なことではありません。

しかしその努力は、後日に
大きな幸せの実となり、

あなたの家系に未来永劫
受け継がれて行くでしょう。

子孫代々に伝承するユダヤ人の
教育の伝統をぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。