子供をお金持ち、億万長者に育てるユダヤ式成功者の育成方法

子供をお金持ち、億万長者に育てるユダヤ式成功者の育成方法
今回のテーマは、

子供をお金持ち、億万長者に育てる
ユダヤ式成功者の育成方法

について紹介します。

これからの世界はますます
グローバル化が進み、

私たちの子供が大人になる頃には
世界を舞台にして仕事をすることが
当たり前になっているかもしれません。

そして歴史上国境の概念がなく
仕事を続けていたユダヤ人は

この辺りのノウハウをしっかりと
もっているようです。

ではユダヤ人が考える、

世界に通用する「本当の力」は
どんなものでしょうか?

子供を式成功者に育てる
育成方法とはどんなものでしょう。

究極的には以下の二つに
集約されると思います。

スポンサーリンク

ユダヤ式成功者の育成方法

「自分が本当にやりたいことを、
自分で見つけることのできる力。」

「本当にやりたいことの為に
学習し続けることのできる力」

これからの社会では、

日本の学歴だけでは
通用しない時代がやってくるでしょう。

そこでも通用する力というのは
こうした所にあるのです。

前回まで紹介したユダヤ人科学者の
ロジャーシャンクさんは、

こうした「本当の力」を身に付けている
子供が持つ6つの特性を

著書『子供を伸ばす6つの大切なこと』
で以下のように紹介しています。

「本当に頭のよい子」
が持つ6つの特性とは、

1.言語能力
2.独創性
3.分析能力
4.忍耐力
5.大志
6.好奇心

これらの特性を、子供は
学校教育でもにつけることはできない。

成功者の持つ特徴と教育法

あなたの身の回りで
誰でも良いので、

「成功者」を思い浮かべてください。

その人は先ほどの6つの特性を
見事に全部持っていると
感じませんか?

そうなのです。

学校教育ではなかなか身に付かない
こうした特性を育てることは、

親の責任であり、
子供をお金持ち、億万長者に育てる
ユダヤ式成功者の育成方法でもあるのです。

ビジネスでの成功者を
多く輩出するユダヤ社会ですが、

日本のように学校に教育を
任せっきりの文化では、

平均的に優秀な人物は育ちますが、
なかなか突出した能力を
開花させることはできません。

もちろん、思い願うだけで
成功することはできませんが、

どんな分野に進もうとも、

成功する為にはシャンク博士の
定義する「6つの特性」を持った上で、

日々精進することが必要なのです。

成功者の育成方法の鍵は家庭にあり

そしてシャンク博士が指摘するように、

学校任せにしていては
身に付くことができないものであり、

家庭教育や日常の暮らしの中でこそ、
身につけることができるのが、

6つの特性です。

つまり子供を成功者に育てる
本当の力を身につけられるかどうかは、

親である私たちの両肩にかかっている
と言っても過言ではありません。

もちろん成功者の概念は
人それぞれであって、

あなたにとっての成功像は、

「ビジネスで成功してほしい」
「お金持ちになってほしい」
「億万長者になってほしい」

であっても、そうでなかったとしても、

前回まで紹介した
「親と子の20の危険信号」と

今回紹介した
「6つの特性」は参考になります。

なぜならやはり人間というのは、

本当に好きなことをやっているとき、
大成する可能性が高くなるからです。

そして大成すれば、お金は
後から自然についてくるでしょう。

だから子供の教育では
本当に好きなことを見つける
ことが先決で、

それは成功への道を一歩
踏み出したも同然なのです。

押し付けられた成功で満足?

ユダヤ式成功者の育成方法として
好きなことを見つけることができ、
それを仕事にできたのであれば、

そしてあなたの子供が将来、

仮にお金持ち、億万長者に
なることができず、

世間的な評価としては
「大成」できなかったとしても、

自分が好きなことを仕事にして
生業にできたのであれば、

きっと幸せに生きて行けるに違い
ありません。

どちらに転んでもお得なのです。

いずれにしても幸せに働くことと
成功することは近い関係があります。

もし親であるあなたが、

「賃金が良いから」「保証が良いから」
「社会的信用が高いから」「ブランドだから」
「親である自分が自慢できるから」

という自分勝手な都合や理屈で
子供に特定の職業、

良い会社に入れとか
医者になれとか、

押し付けてしまったらどうでしょう。

子供をお金持ち、億万長者にする方法

子供というのはあなたに
愛されたい、評価されたいと
思うものです。

だからその道を進むことに
努力するかもしれません。

あなたの言うとおり医者になり
結果として社会的に成功する
かもしれません。

しかし、医者という職業が
その子にとって本心から望んだ
職業でなかった場合、

内面に恒久的なストレスを
抱え込むことになるでしょう。

それでは本当にハッピーではありません。

日本社会を見渡してみると、

自分が本当にやりたい子を見つけられず、
もがき苦しんでいる人は多いです。

我慢して仕事を続けている
人がほとんどです。

若者の間でも「自分探し」と称して、

世界中を放浪する人、
定職に就かない人が多いようです。

ユダヤ人のビジネスの成功者
お金持ち、億万長者は、

例えば、

映画監督の
スティーブン・スピルバーグも

マイクロソフトのビルゲイツも

フェイスブックの
マークザッカーバーグも

自分のやりたいことをとことん
追求していたら、

気づいたら成功していた
というタイプです。

子供をお金持ち、億万長者に育てる
ユダヤ式成功者の育成方法の
結果とも言えるでしょう。

もちろんユダヤ人の全員が
こうした考えを持っている訳では
ないでしょうが、

自分が本当に好きなこと、
やりたい子を見つけれれば、

それは成功したのも同じ、

そして自分が本当に
やりたいことをしていれば

子供は必ず幸せになれるし
成功する確率も高くなる、

ユダヤ人の考える子供の天才にする
教育の目指す所はここにあるようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。