ユダヤの考える間違った親の教育、親子の仲が悪くなるシグナル

ユダヤの考える間違った親の教育、親子の仲が悪くなるシグナル
今回のテーマは、

ユダヤの考える間違った親の教育、
親子の仲が悪くなるシグナル

について紹介します。

前回までは子供が発する
危険信号を見抜くための、

チェックリストを紹介していましたが、

今回は親が自分の間違いをチェックする
方法を考えてみましょう。

この部分を間違えてしまうと、

子供が勉強嫌いになり
知能を高めることができないだけでなく、

親子の仲が悪くなり、
家族の絆も崩壊するリスクも高まります。

歴史的な困難を乗りこえながら
家族の絆を守ってきた

ユダヤ社会にはやはり
興味深い考え方があります。

これについても

シャンク博士は良いアドバイスを
してくれています。

スポンサーリンク

ユダヤ人の考える間違った親の教育

以下の

「親が犯す間違い危険信号」リストは、

子供が危険信号を発している場合、

またはそれ以前に、
親が自分を振り返るヒントとなります。

<親が犯す10の間違い>

1.子供と一緒に食事をとることが少ない。

2.子供と一緒に旅行に行く
(もしくは遠出する)ことがほとんどない。

3.子供と一対一で接することが少ない。

4.子供が何に興味を持っているのか知らない。

5.子供の話を聞くより、
子供に話をしている時間の方が長い。

6.「良い成績を取れ」「勉強しろ」
と子供にプレッシャーをかけている。

7.子供の意見を「くだらない」とさえぎる。
子供が質問に来ても「後で」と拒絶する。

8.子供に「それをするにはまだ早い」
と言って、挑戦を諦めさせがちである。

9.親が興味のある、もしくは親が
職業としている分野に

「子供も興味があるに違いない」
と決めつけている。

10.教師について子供が不満を
表しても、教師に抗議したりしない。

ユダヤ式:親子の仲が悪くなるシグナル

これら10項目に
思い当たることはありませんか?

これらがユダヤ人の考える
間違った親の教育なのですが、

残念ながら日本では常識的に
やってしまう部分もあります。

親子の関係が稀薄になり
コミュニケーションが少なくなり
仲が悪くなる傾向もありますが、

もしかしたら、あなたが
該当してしまったポイントは、

実はあなたの親も該当している
ポイントかもしれません。

親から受け継いだ教育の伝統は
知らないうちに引き継いでいるものです。

こうした点に思い当たることがあったなら、

子供は励ます上で障害になる
「悪しき伝統」である可能性が高いのです。

子供の学力を高める上でも、
家族の絆を強める為にも
自分の代で断ち切るべきでしょう。

親が先ほどのリストに
あるような行動を

繰り返し子供に対してとっていれば、

子供はそのうち危険信号を
発するようになるでしょう。

我が身を振り返り、子供が本当に
頭のよい子になるのを阻んでいないか、

立ち止まって考えてみることが
必要なようです。

日本人とユダヤ人は教育法が違う?

ただここまで読んできて
こうした疑問を持った人も
いるかもしれません。

「日本の文化はアメリカやユダヤ人
社会など外国文化とは違うのでは?」

「日本の子供には、ある程度の
成績へのプレッシャーとストレス
が必要なのでは?」

「”成功”の概念は日本と海外
では違うのでは?」

「子供は日本社会で
成功して欲しいのであって、

外国で成功する方法はいらないのでは?」

など確かにこうした疑問は
ある意味理に叶っているかもしれません。

ここで逆にこうした疑問
を持った人に質問します。

最初に成績へのプレッシャーと
ストレスについてですが、

「あなたは親からプレッシャーや
ストレスを与えられてきませんでしたか?」

「もし与えられていた場合、
それは嬉しかったですか?」

「そのプレッシャーやストレスは
何かを学んだり理解する上で役に立ちましたか?」

学力や可能性を制限する意味の
プレッシャーは邪魔になるのです。

子供をグローバル天才キッズにする方法

次に日本と海外は違う件、
成功の概念と競争についてですが、

現在のあなた自身のことを
考えてみてください。

最近では競争の場と相手企業が、
日本国内から世界へと広がっていることを、

痛いほど感じているのではないでしょうか。

この傾向はこれからますます
進んで行くでしょう。

例えば、もしも
あなたが英語が苦手なら、

その点に劣等感を持ったことが
あるのかもしれません。

それはあなた自身が
競争上、英語が必要だと
認めているということで、

つまりは競争そのものが
国際的なっていると感じている
ということでもあります。

だからと言って幼いうちから
子供に英語教育を受けさせる
必要はないと思います。

ただ、競争相手は世界だということを
しっかり認識することは、

非常に重要です。

そのうえで、子供に世界に通用する
レベルの「本当の力」を
つけさせないと、

後でとても後悔することになるでしょう。

ユダヤの考える間違った親の教育、
親子の仲が悪くなるシグナルを参考に、

世界視点の教育法がこれから
の日本にも必要でしょう。

では次回から子供が世界に通用
する為の具体的な方法について

考えて行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。