ユダヤ式子供をニート・フリーターにしない親離れのタイミング

ユダヤ式子供をニート・フリーターにしない親離れのタイミング
今回のテーマは、

ユダヤ式子供をニート・フリーター
にしない親離れのタイミング

について紹介します。

前回までユダヤ人の親バカで
常に子供の味方につく

子供目線に立つ教育の秘訣を
紹介しましたが、

甘やかすという事はないのも
ユダヤ人家庭教育の特徴です。

例えば料理のコツの一つが、

いつオーブンから料理を取り出すか、
いつコンロから鍋を下ろすか、

という「タイミング」にある
という話があります。

そしてユダヤ式子供を天才に育てる
教育のレシピのコツも、

同じくタイミングにあるのです。

このレシピを成功させるには、

親離れするべきときを子供に教え、

自力で生きて行き準備をさせる
という事が重要です。

スポンサーリンク

子供の自立と親離れのタイミング

大人になっても親のスネをかじり、
ニートやフリーターをして

いつまでも自立しない子の数は
増えてきています。

どちらかと言えば
日本人のイメージでは、

親ばかで子供に過干渉する事は、

子供の自立を妨げる
悪習慣のように思われがちです、

しかしユダヤ人にとって、

親バカになって
子供を観察して、

惜しみない愛情を与えるのは、

子供がしっかり自立する為なのです。

もちろん親の予想よりも早く
子供が自ら飛び立って行く事も
あるでしょう。

でも子供が大人になり
自立するタイミングになっても、

家を出て行く素振りを
見せない場合は、

親であるあなたの方から
行動をとるべきかもしれません。

いつまでも家にいる子供の対処法

アメリカに住むあるユダヤ人
家庭のエピソードです。

大学を卒業した長男が、

その後、実家に帰ってきたのですが、
職にも就かず、ぶらぶらと
日々を送り始めました。

当時、今の日本のニート
という言葉も概念もなかった時代、

友達も多く、引っ込み思案でも
なかったそうですが、

引きこもる事も多くなったそうです。

その一年後、その家の母親は、
ある行動に出ます。

彼女曰く、

「人生で一番つらい決断だった」

との事ですが、

お母さんは長兄を追い出したそうです。

その当時アメリカで
社会問題になっていたのが、

「アダルトチルドレン問題」

報道記事の多くが

「ある日、警察がドアを叩き、
猟奇犯罪の容疑者として、
子供を連行して行った」

というものでした。

子供をニート・フリーターにしない方法

働かずに家でブラブラしている
子供の姿を見て、

子供が可哀想と甘やかす事と、

できるだけ早く
「このまままでは子供がダメになる」
と追い出す事では、

大きな違いを生むでしょう。

実際その家庭の長兄は
二年後にお母さんに対して

「あのとき追い出してくれてありがとう」

と感謝をしたそうです。

「正常な人生に戻る為に、
誰かに背中を押してもらいたかった」

とのことです。

読売新聞の統計によれば、
日本の親の実に90パーセントが

「自分の子供たちがニートや
フリーターになるのではないか」

と心配しているという事ですが、

これは子供の親離れの
タイミングが重要なのでしょう。

ユダヤ式親離れのタイミング

もちろんニートやフリーターと言う
言葉は和製英語ですから、

この通りの表現を英語圏に
済む人はしませんし、

ユダヤ人の家庭ではこうした
コンセプトも知られていないでしょう。

しかし伝統的なユダヤの教育では、
こうした心配はあまりないようです。

子供を良く観察していれば、

手遅れになる前に子供に
自立心を持たす事ができますし、

厳しく追い出す事もできます。

それまでの過程で、

子供が自分の選択に
責任を持てるようにさせる事が、

ユダヤ式家庭教育なのです。

私たちもこれは参考にできます。

我が子が親離れさせるべき
タイミングをしっかり認識しておけば、

たとえそれが「追い出す」という
形をとっていたとしても、

独り立ちさせた事で
親子の関係が壊れると言う
心配もないのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。