質問と意見で子供が優秀に育つユダヤ式親子コミュニケーション

質問と意見で子供が優秀に育つユダヤ式親子コミュニケーション
今回のテーマは、

質問と意見で子供が優秀に育つ
ユダヤ式親子コミュニケーション

について紹介します。

前回子供を色々な所に連れて行き、
触れさせる事を紹介しました、

子供たちの脳が育つ段階では、

できるだけ上質のものに触れさせ
五感に刺激を与える事が
重要なわけです。

なぜなら何が一番彼らの
人生にとって重要になるかは
誰にも分からないわけです。

だからこそ色々見せて触らせて
体験をさせるのです。

そして、その様子を
親はしっかり観察する

こうして子供の才能を見つけ
可能性を引き出す事ができるのです。

さてこのとき肝心になるのが、

親と子供のコミュニケーションです。

ユダヤ式子供を優秀に育てる
3つの魔法の言葉というのは、

「どう思う?」
「良く思いついたね」
「一緒に考えてみよう」

この三つだと言われています。

スポンサーリンク

質問と意見で子供が優秀に育つ

セミナーや授業でも
あまり質問がでないのが、

日本の特徴と言われます。

大人になれば日本人の多くが
質問をしない民族と言われています。

そのせいか子供の教育でも
質問をさせる事より、

答えを与える方が大事と
考えている人も多いです。

しかしユダヤ人は違います。

徹底的に質問と意見を
子供に述べさせるのです。

こうした親子のコミュニケーションが
頭の訓練となるわけです。

例えば、

自分の意見を子供に伝えたら、

「これについて、
○○ちゃんはどう思う?」

子供が意見を言ったら

「なるほど、良く思いついたね」

とまずは肯定すること、

そして子供に質問されて
答えが分からなくても

「一緒に答えを探そう」

と提案するのです。

前回紹介した方法は、

子供に色々なものを見せる
という事でしたが、

その結果、子供たちが
見たもの聞いたものに対して
どんな意見を言っても、

否定したり驚いては行けません。

自分の意見を持つ事は
非常に大切な事なのです。

子供の質問と意見の芽を摘まない事

多くの日本人はこうした
経験があるのではないでしょうか?

何かを見た時に思い切って
自分の意見を言ったとき

大人たちから

「なんでお前はそんな事が分かるんだ、
子供のくせに!!」

などと言われ拒絶されたのを
きっかけに、二度と意見を言うのを
やめてしまったり、

それ以来、自分の意見を言ったり
質問をする事に恐怖を感じます。

自分の意見を「くだらない」
と言われるのは、

誰にとっても不快なはずです。

だったら同じ事を自分の
子供のするのも辞めるべきです。

質問と意見の繰り返しで子供は
優秀に育つのです。

長い間迫害に苦しんできた
ユダヤ人にとって、

生き残りの為の適切な判断と、

その元になる多様な意見は、
とても重要なものでした。

そのような背景から、

ユダヤ文化というのは
「異なる意見」を受け入れやすい
性質を持ったのかもしれません。

だから小さい子供が
自分の意見を主張する事は、

ユダヤ人にとっては
別に驚くに値するわけでなく、
むしろ喜ばしい事なのです。

だから日本人とは反対に、

親から子供に

「これについて、どう思う?」

という質問をして
子供に意見を述べさすのも、

ユダヤ式親子コミュニケーションの
ごく一般的な風景なのです。

ユダヤ式親子コミュニケーション

自分の意見を尊重してもらえた、
という事実が子供に与える影響を
軽く見ては行けません。

自分の意見に真剣に耳を
傾けてもらえるという事は、

年齢の大小に関わらず、
かけがえのない素晴らしいものなのです。

ユダヤ式「引き出す」ではない
日本的「詰め込み」になれば、

一方的なコミュニケーション
になってしまいがちですが、

双方向のやり取りがあってこそ
コミュニケーションなのです。

特に子供にとっては
才能や知能を伸ばす優秀に育てる
重要な事なのです。

子供の質問して、
自分の意見を持たせる事は、

いくつかのメリットがあります。

まず最初に、彼らに
考えさせる事ができるという事です。

誰かが一方的にしゃべっているのを、
ずっと聞いているのは退屈です。

それに、一方的に話された事は、
あまり記憶に残りません。

自分で考え、自分の言葉で
意見を交換する事で、

その話題についてより深く
理解する事ができ、

また記憶にも残りやすいのです。

子供の思考力を高める秘密

あなたの子供に何かを見せたら、
それについて考えさせましょう。

ただ見せるだけで終わりに
するのはもったいないわけです。

質問をして子供に意見を求め、
表現させましょう。

こうする事で子供の飛躍的に
理解が深まり、記憶にも残るのです。

まさしく子供が優秀に
育つ親子コミュニケーションです。

二番目のメリットが、

意見を求める事で
子供に自信を与える事ができます。

子供に

「それについてどう思う?」

と尋ねるのは、

則ちあなたが子供の意見に
価値があると思っていて、

興味を持っている事を表します。

それで子供が嫌な思いをするわけはなく、

自尊心が高まる事を感じるでしょう。

これが自信となり成長してからも
自分で責任を持った発言や行動が
できるようになるわけです。

まさに成功者の持つ資質ですが、

こうした質問と意見という
子供が優秀に育つための、

ユダヤ式親子コミュニケーションの
秘訣があるわけです。

私たちもぜひ参考にしたいですね。

次回はこうしたコミュニケーションの
具体例についてもう少し深く
考えて行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。