ユダヤ人が子供の可能性を広げる秘訣は子供を観察する事


今回のテーマは、

ユダヤ人が子供の可能性を
広げる秘訣は子供を観察する事

について紹介します。

子供達の未来の可能性は
大きく開けているのです。

それを素晴らしいものにできるか?

もちろん本人の頑張りも大事です。

が、親の役割も大きいです。

学校や塾、他人に任せすぎると、
可能性は制限される事があります。

教育は他人任せではダメなのです。

天才を多く輩出するユダヤ人の
教育法の秘密という事で

前回は読書好きにする
秘訣を語ったわけですが、

ユダヤ式天才を育てる
教育法の二つ目のコツが、

子供をしっかり観察する事です。

もちろん多くの日本人の親も
観察はするでしょうが、

彼らのやり方は少し違います。

まずは子供が何に興味を持つか
とにかく観察して、

口出ししたり押し付けたりしない事です。

スポンサーリンク

子供の可能性を広げる秘訣

そして何かに興味を持ったとき、

それに関する本を与えるのです。

或は関連する博物館など
質の良い情報がある場所に
連れて行くのも良いでしょう。

とは言えまだ子供は前が見えていません。

子供が進む方向に危険があれば
そのときはさりげなく方向修正を
するのです。

自然と誘導してあげて、
子供の才能を引き出すのです。

思い出してください。

教育の語源エデュカーレは
与える、詰め込む…ではなく、

「引き出す」という意味なのです。

子供は無限の可能性を
持っているわけです。

だからこそ素晴らしい道に
導いてあげるのが親の役割です。

以前あるCMを見ました。

車のCMだったと記憶していますが、

一台の車が山や海岸、
野原など道無き道を走るのですが、

車が進む道はハイウェイでなく
道路ですら無いのです。

CG(コンピュータグラフィックス)
を使ったその映像では、

高速で走る車のほんの
数センチメートル先に

まるで魔法のようにそして
導くように道路ができて行くのです。

教育でもこのように見えない力で
親が子供を誘導するのです。

子供の可能性を広げる?狭める?

これがユダヤ式教育の
コツのようなものです。

日本の親であれば、

いい学校に入って、
良い成績をとって、
良い会社に入って欲しい、

というのが常識でしょう。

子供にあらかじめ出来上がった
道路を走って欲しい、

極端な場合は時速も
車種もルートも決められた

ガチガチ決まった人生を
歩んで欲しいと望む親もいます。

しかし子供それで本当に
幸せな人生を手に入れられるでしょうか?

もしあなたがそんな人生を
押し付けられていたとしたら
どう感じるでしょうか?

押し付けられルールを決められている
と子供が感じてしまえば、

可能性は狭まってしまうのです。

決められたルールを歩んで欲しい

ユダヤ人はそうは考えません。

好きな学問や職業を
選ばなければ大成しない、

好きな事を仕事にしなければ
けっして幸せにはなれない、

自分で自分の進む道を選べば
少なくとも後悔の無い人生を送れる、

…と考えるのです。

これこそ子供の可能性を広げる
観察する事の目的なのです。

進路の強制をしないユダヤ人

科学の世界では世界的な
大発見をしたり、

ビジネスの世界でも
誰もやった事のないような
イノベーションを生む人が、

ユダヤ社会から多く出てきます。

この辺りの家庭教育にやはり
秘訣があるのではないでしょうか。

決められた事を決められた通りにやる。

もちろん素晴らしい事ですが、
それで大成はなかなかしません。

成功し豊かになり名を残す。

やはり独創的な考え方が必要です。

一般的にユダヤ人家庭では、

子供に将来の道を
自由に選ばせます。

私の知り合いのユダヤ人のほとんどが

「親に進路を強制された事は無い」

と明言しています。

ユダヤ人は子供の可能性を
広げる事に注意します。

自分が本当に心の底から
興味のある事を確認してから、

その道に進んでいます。

では子供が自分の進路を決める際、

親は一体どこでなにをどう
すれば良いのでしょうか?

それが「観察」なのです。

それが先ほどのCMのCGの
ような役割なのです。

子供たちをじっくり観察し、

彼らが進みたい方向に
少しずつ道を敷いて行くのです。

具体的に言えば、

子供たちの冒険を応援し、
冒険に参考になるものを与え、
障害を取り除いてやる

という役割です。

子供を過保護にしないユダヤ人

つまり観察して放っておく
だけではありません。

もちろん危険がないように
しっかり見守る事は重要です。

間違った道に進もうとすれば、
軌道修正は必要でしょう。

しかし多少の危険であれば
止める事はなくやらせます。

なぜならそこから学ぶことがあるからです。

失敗も恐れる必要はありません。

そこから学べるからです。

ユダヤ式の子供の観察というのは、
過保護的な親ではないのです。

例えば、

ある知人のユダヤ人の話では、

彼が4歳くらいの頃
水族館に家族で行ったそうです。

生まれて始めての水族館で
彼はとても喜び、興奮したのですが、

その様子を両親はじっと
観察していたそうです。

翌日に両親は彼に「魚の図鑑」を
プレゼントしました。

タイミングが最適だったわけです。

水族館に行った興奮が
まだ冷めていないうちに

その印象があまりに鮮やかで、

未だにその図鑑の内容を
ほとんど覚えているそうです。

子供を観察する事のメリット

「両親は子供が何を楽しんで
いるかをじっくり観察し、

子供が進路を自分で選ぶのを励ます」

という事です。

ユダヤ人が子供時代を振り返ると、

何かに興味を持つや否や
それに関する本が

まるで天から降ってくるように
手の中に舞い降りる感覚を持つようです。

これは両親が子供の
興味が冷めないうちに、

もっと深く知る「すべ」を
示していたのです。

CG技術のように、

数cm前に道路をつくるように、

両親は子供を無理なく
導く事ができるのです。

こうして子供の可能性を
広げる事ができるのです。

例えば、

子供の先に広がる道路を、

あちこちに寄り道する
ジグザグではなく、

ほぼまっすぐにする事も可能です。

また自分で選んだ目的地に
到着する為には

忍耐と努力が必要な事と、
そこのに到達する為の方法を
教える事ができるのです。

こう考えると私たち日本の
教育システムは真逆のようなアプローチです。

このユダヤ式教育から何を学ぶか。

それはやはり親個人個人に
委ねられているという事でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。