unnamed

ユダヤ式子供を読書好き、本好きにする方法、本棚の作り方


今回のテーマは、

ユダヤ式子供を読書好き、
本好きにする方法、本棚の作り方

について紹介します。

あなたは本が好きですか?

答えがイエスなら素晴らしいですが、

漫画だけテレビだけスマホだけ、、

ならちょっと問題です。

子供を天才に育てる
ユダヤ式教育の一つが、

本に触れさせる事です。

ただ、あくまで読書の
強制は必要ありません。

「本を読みなさい!」

とガミガミやれば子供は
たちまち本嫌いになります。

子供をのびのび読書好き
にする方法をとるのです。

読書=楽しい事という幼少期の刷り込み

その為に大切なのが、

本がぎっしり詰まった
本棚を見せる事と、

褒める事です。

そして親自身が、本好きになる事です。

子供は親の真似をしますから、
親が楽しそうに本を読んで入れば
自然と子供は興味を持ちます。

この点は多くのユダヤ人が
伝統的にやっている共通点です。

彼らの家には常に
高く本が積まれています。

装丁にもこだわるようです。

天才だけではなく
一般的なユダヤ人たちも、

口を揃えてこの重要性を説きます。

あるユダヤ人起業家の
最も古い記憶は、

家に並べられた本棚の前で遊んで
いたという原体験だそうです。

始めの頃その中身は
まったく分からなかったものの、

本棚らからこっそり本を
抜き出して遊んでいたそうです。

最初は訳も分からず、ただ
ワクワクして眺めていただけ、
だそうです。

普通はお菓子やオモチャが
当たり前でしょうが、

その家庭ではご褒美として
与えられていたのは本
だったそうで、

本=楽しい事、嬉しい事

と脳内に結びつき、

本好きに育ったのです。

こうして本が当たり前に身近
にある環境に育てば

自然に子供は読書好き、
本好きになるものです。

読書は考える力の土台になる

あるユダヤ人物理学者が
インタビューで興味深い話を
していました。

「物理学者になるには、
どんな資質が必要なのですか?」

という質問に、

普通想定していた答えは

「賢くなければ行けない」
「数学ができないと行けない」

そんな所でしょう。

しかし彼の答えが

「国語(英語)がよくできる事だよ」

との事です。

確かに国語は全ての考える力の土台です。

さらにコミュニケーション
良くできないと、

科学の世界でも成功はできません。

そして国語の力を付ける
最良の方法も読書で身に付くのです。

考える力はたくさん本を読み、
活字に触れる事で伸びるのもです。

漫画もいいです。絵もいいです。

でもやはり本は大事です。

ユダヤ式本好きになる方法

つまり、
ユダヤ式子供を天才に育てる
教育ノウハウの一つは

本をプレゼントする事、
本でいっぱいの本棚を見せる、

というものです。

これで

「読書をしなさい」

と言わなくても、子供は
自然に読書が好きになります。

どれだけ楽しい本でも

「これをいついつまでの読みなさい!」

などと強制すれば子供は
本を読みたがらなくなります。

それでは学校の教科書と同じです。

ノルマもスタイルも強制しません。

読書があたり前になれば
自然と学力全体が上がります。

さらに自分で分からない事を
調べる癖が付き、考える力がつき、
好奇心を奪われません。

想像力と忍耐力が養われるので、
将来成功する土台が鍛えられます。

シンプルに言えば、

学習=楽しい事

という考えが身に着くので、

その後の長い人生が豊かになるでしょう。

一生涯の勉強好きになるのです。

子供を読書好きにする本棚の作り方

では実際に子供の知能を高める
本棚を作るユダヤ式の特別な方法は
あるのでしょうか?

実はあるのです。

かなりシンプルですが、
強力なテクニックです。

それは、

「下の方に重要な本を置く」

ということです。

子供は「床に近い目線」で
過ごす事が多いため、

重要な本ほど一番下の
段に置くべきなのです。

自然と目に触れる場所に
大切な本を置きましょう。

或は装丁がキレイな本を
下の段に置くべきなのです。

本棚を置く場所は、
どこでもいいでしょう。

みんなが集まる共有の場である
リビングはもちろんの事、

子供が大きくなったら
自分の部屋に自分だけの本棚を
持つべきです。

そして最も大切なのが、

子供を読書好きにする
最高の方法は、

あなたも楽しそうに読書
している所を見せる事、

これに尽きるのです。

インターネット時代も百科事典が必要

本を並べる順番は
どんなものでも良いですが、

子供の手が届く所には
絵や写真入りの本を置き、

子供の想像力を刺激する
本を詰める事が大切です。

そういう意味では
電子書籍は便利ですが、
デメリットもあるのです。

見ているだけで楽しくなる
本棚の作り方を意識するのが
ポイントと言えます。

自然、アート関係の本は最適ですが、

絵入りの物語も良いでしょう。

彩り鮮やかな図鑑もいいでしょう。

医者になって欲しければ
医学書を置いておくのもありです。

こうしておけば学齢期前から

満足に文字が読まなくても、
何時間も写真を見て楽しむ
事ができるはずです。

百科事典や辞書も良いでしょう。

インターネット時代に
百科事典が必要か?

と疑問が浮かぶ人もいるかもしれませんが、

ネット上には間違った情報も
含まれているので、

信頼できる情報源を
子供の身近に備える事が大切です。

百科事典や辞書のメリットは、

子供疑問を持った時に、
サッと自分で答えを見つける
事ができる事です。

好奇心が消えないうちに
調べられる環境が、

子供を読書好き、本好きにして
勉強好きにさせるコツです。

もちろん親であるあなたが
子供と一緒に答えを探して
調べ物をするのも良い事です。

安全な本棚の作り方

子供を読書好き、本好きに
する本棚の作り方として、

本をいっぱい揃える事の
唯一のデメリットと言えるのが、

安全面の注意でしょう。

最近では地震が起こって
本棚が倒れるのが怖いという
人もいるでしょう。

確かにこれは注意が必要です。

そばにいる人が怪我を負う
のは明らかです。

地震で本棚を倒れるのを防ぐのは、

まずは一番下の段から本を
埋めるようにして重力をかける事です。

しっかりと戸棚のついた本棚を
買うというもいいかもしれません。

また寝室に置く場合は、
背の高い本棚は危険です。

高くても100~130cm
ほどを上限にしましょう。

そして本棚はボルトなどで
壁にしっかり固定しておく事です。

こうした対策方法はとっておくべきでしょう。

本は読まないでもよし!

日本人は本の持ち過ぎ、
読みもしない本を買うのは無駄遣い
と思う人もいますが、

これはユダヤ人ならこう答えるでしょう?

「本の持ち過ぎが心配?あり得ない」

持っている本を子供が全部
読むまで新しい本を与えない
というのは間違いです。

本は積んでおくでも良いのです。

全部読まなくても興味のある
本は買って置いて良いのです。

将来読むつもりの本を持って
おく事もとても楽しい事です。

キレイな興味のある本を
本棚に飾っておく事から、

子供の読書好きはスタート
しても良いのです。

かくいう私も最近20年前に
買った本を読み始めました。

本屋さんに行ったらついつい
忙しくて読む時間がなくても
買ってしまいます。

それでも腐るものでも
無駄になるものでもありません。

いつか読む事ができるからです。

私の知り合いのユダヤ人は、

「お腹が空いてお金が少ししかない。
パンを買うか本を買うかと言えば…
僕は本を買うかな」

と言っていたのが印象的です。

ユダヤ式、子供を読書好き、
本好きにする方法は非常に
面白い教えだと思います。

こうした事を参考にして、

子供の脳を刺激する
「あなたの家のオリジナルの本棚」
を作り上げましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。