信頼、愛情、絆が子供を天才に育てるユダヤ式教育の基盤になる

信頼、愛情、絆が子供を天才に育てるユダヤ式教育の基盤になる
今回のテーマは、

信頼、愛情、絆が子供を天才に
育てるユダヤ式教育の基盤になる

について紹介します。

これから私の知り合いの
ユダヤ人家庭の教育法、

また色々な本やセミナーに参加して
知ったノウハウなどを通じ、

ユダヤ式教育をいかに
日本人に応用するかを、

あくまで私の視点を通じてですが
考えて行きたいと思います。

これから説明する事が、

全てのユダヤ人家庭に
当てはまるルールではありません。

ユダヤ人の中にも
教育に熱心でない人もいます。

子供にまったく構わない
愛情の無い親もいます。

しかし全体的に見れば、

子供の教育に熱心であり、
常識にとらわれない子育てをする
特徴があります。

こうした良い部分を抽出して
学ぶことは意義が在るでしょう。

スポンサーリンク

子供を天才に育てるユダヤ式教育

もちろん全員のユダヤ人が
天才という事も無いですし、

これから紹介するノウハウで
子供を育てれば誰もが
天才になれるとは言えません。

ユダヤ式教育を受けた家庭に
全て大学教授やノーベル賞受賞者、
成功したビジネスマン

がいるわけでもないわけです。

しかし統計的に見て
学力に優れている事は
正しいのではないでしょうか。

そしてそこには特有の
メソッドがあります。

またもちろん地域によっても
違いはあるわけですが、

だから例えば、

アメリカ人家庭にとって
大学教育を受ける事や専門職につく
確率は他の民族よりも高かったりします。

そしてユダヤ人の間で何代にも
渡って受け継がれてくる
共通点も存在します。

その共通点の基盤になるのは
一体なんでしょうか。

答えは「信頼」です。

信頼、愛情、絆がユダヤ式教育の基盤

これから紹介する子供を
天才に育てる為のノウハウは、

全て両親から子供への
信頼が基盤になるのです。

算数より国語より英語より

信頼、愛情、絆が子供を
天才に育てる教育の基盤になるのです。

学校に教育を任せっぱなし…

というのは果たして子供を
信頼していると言えるでしょうか?

子供を信頼していなければ、

子供が自分で興味の
あるものを見つけても、

それを許す事が難しくなります。

子供が意見を主張しても、

それを受け入れて、
尊重する事が難しくなります。

子供が学校で起きた問題を
打ち明けたとしても、

その話が信じる事が
難しくなります。

罰を与えるのではなく
「説明し、教える」という

愛情を持った方法で
鍛える事が難しくなります。

子供が自立し巣立とうとするとき、
その決断を認める事が
難しくなります。

そうです。

子供を信頼するというのは、

言葉で理解するのは簡単ですが、

真の意味で理解して
行動に落とし組む事は簡単では
ありません。

子供と親の信頼の絆が天才を生む

また日本人の典型的な
意見でこう言うものがあります。

「どうせ自分の子供だもの、
そんなに全面的に信頼はできない」

そうではないのです。

あなたの子供だからこそ
あなたが信頼をするのです。

そこに愛情があるかどうか
信頼されているか否かは、

知能に大きな影響を与えます。

自分自身の事を振り返ってみれば、

親から信頼されていないと感じたとき、
傷つく事は無かったでしょうか?

親から信頼されていると感じたとき、
立派な自分になろうと思いませんでしたか?

これから紹介する
教育ノウハウを実行するにあたり、

ここでもう一つの関門があります。

それは子供にも

「親を信頼させる」という事です。

互いに信頼が合ってこそ
絆が生まれ、成果を生むのです。

愛情が自信を生み、天才を生む

両親はいつでも頼りになる、
という感覚は、

子供の成長にとって
とても大切な事なのです。

こうした安心感が在ればこそ
自分の才能を磨く事ができるのです。

私の場合、

両親が誓ってくれた約束は、
今もその多くを思い出せますが、

彼らが破った約束は
何だったかと考えれば、
何一つ思いつきません。

恐らく彼らが違えてしまった
約束はほとんどなかったか、

私にとってあまり重要な
ものではなかったのでしょう。

これは感謝してもしきれません。

信頼をする事は簡単な事では
ありません。

なぜなら

「信頼を裏切られたとき」を

人はあまり恐れるからです。

多くの親が子供に詰め込み
教育をしようとするのも、

実際は子供が出す結果に
自分が裏切られるのが怖いから
だったりします。

相手はかけがえの無い
他ならぬあなたの子供です。

えいや!と思い切って
信用してしまいましょう。

この努力はきっと大きな実を結びます。

あなたの子供は親に
信頼されている事を知ると、

自分が愛され、大切に
されていると感じます。

信頼、愛情、絆が基盤なのです。

ここから生まれる自信が子供が
将来に成功する事を容易にします。

また、家族の間に、信頼を基盤にした
強い絆が生まれるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。