ユダヤ人伝統の親バカになる特徴、グローバルに活躍できる教育

ユダヤ人伝統の親バカになる特徴、グローバルに活躍できる教育
今回のテーマは、

ユダヤ人伝統の親バカになる特徴、
グローバルに活躍できる教育

について紹介します。

前回紹介した、

「引き出す」エデュカーレ

というユダヤ人家庭教育の
秘訣を話をしましたが、

ここで

「引き出す…と言っても、
具体的にどうすれば良いの?」

「与えない教育と
放任主義は何が違うの?」

など疑問が浮かんでくるでしょう。

一つずつ解説して行きたいのですが、
まず覚えておいて欲しいのは、

引き出す教育法というのは、
放任主義とは違います。

なぜなら引き出す為には

常日頃から目を皿にして、
子供の行動を見ていないと行けない、

だから、放任には
なりようがないのです。

むしろ学校に預ける事が
放任主義と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ユダヤ人伝統の親バカになる効果

そしてこの引き出す教育法は、

伝統的な手法であり、
以前なら誰でも知っていた事で、

いつでも誰でも取り戻す事が
できるものです。

それは難しい事でもなく
非常にシンプルかつ効果的です。

そして今、あなたから始めれば、

あなたの家系に未来永劫受け継げられて
行く伝統になり得るものなのです。

それどころかこれから
価値観が多様化して行く

グローバル社会では最も
有利に運ぶ可能性があります。

そして、経済的に豊かであろうと、
なかろうと、

どんな家でも必ず実行できます。

そして、この伝統を
築く事ができれば、

あなたの家系から、この先
ずっと優秀な人物が世の中に
出て行く事になるでしょう。

これからの世の中
グローバルに活躍する人が
どんどん輩出できるでしょう。

ユダヤ人の親バカの特徴

ただし、この伝統を作るには
秘訣があるのも事実です。

それは

正統「エデュカーレ」
引き出す教育を実施して行く上で、

大いなる「親ばか」になる
必要があるという事です。

こう聞くと

「え!親バカになる?
もう既に親バカですけど…」

「日本の親ばかと
ユダヤ人の親ばかはどう違うの?」

など色々な疑問が湧いてくる
かも知れませんが、

ユダヤ式の親バカは実際
かなり興味深いです。

ジューイッシュマザーという
言葉が欧米にはあるくらい、

特に母親が子供にかける
子供の教育への熱心さは特徴的です。

あなたが既に親バカなあら
それは良い兆候ですが、

まずは現状チェックから
始めましょう。

ただし、単に子供を
甘やかすだけの親ばかでは
ユダヤ式とは言えません。

子供が何でも欲しいものを
買い与えるのはただの馬鹿な親です。

ユダヤ式親ばかは若干忍耐が
必要なのです。

困難な社会で生き抜く為の知恵を育てる

ユダヤ人が親ばかの特徴を
備えてきたのは歴史的な
理由があります。

ユダヤ人が伝統的に、
大切にしてきた事は、

「学ぶのは楽しい」

と教える事、

「子供を励ます環境」

を作る事、

ですが、こうした考え方を
築いてきたのは、

長い間、多くのユダヤ人にとって

「頭脳こそが唯一確実な資産」

だったからです。

ひどい迫害にあっても、
たとえ無一文になっても

頭脳というのがいつでも
子供と共にある最高の財産
だったのです。

現代社会には、ユダヤ人
だけを狙って命を脅かそうとする
統治者はいないでしょう。

迫害や差別は世界から
どんどんなくなっています。

それでも彼らのこうした
教育に関する伝統は

廃れる様子は無いようです。

なぜなら彼らに新たな敵が
現れたからです。

それこそが

グローバル化社会と呼ばれる
「急速な世界の変化」
なのです。

グローバルに活躍できる教育

世界はものすごい勢いで
変化が起きています。

良い大学を出ても、

それで人生が万全なわけではありません。

大学を出た後から、
人生の本当の勝負のときが訪れます。

そのことは、

多くの人が実感しているでしょう。

東大を出たからと言って、
それだけで一生安泰という時代は、

遥か昔の事となりました。

海外の人から見れば
東大なんて名前は聞いた事もありません。

こうした中で評価されるのは
学歴ではなく人間力です。

その人本人が持つ知恵です。

残念ながら学校教育では
こうした知恵はなかなか教わりません。

全てが不確実な今、
頼れるのは自分自身だけです。

ただし、頭に知識さえ
詰め込めば良いというわけでは
ありません。

今日の知識は、明日には
古いものになっているかもしれません。

古くさい教育システムに
縛られているのは損なのです。

国際的に通用する子供の育て方

加えて次世代のビジネスは
より国際化し、競争も国境も
人種を超えたものになって行くでしょう。

その時にモノを言うのは
以下の事でしょう。

・やりたい事を自分で
見つけ出す力を持っているか

・生涯を通じて学び続ける
喜びを知っているか

・変化の中からチャンスを
見つける確かな眼と、
強い生命力を持っているか

つまり本当の意味での「人間力」
の有無が重要になってくるのです。

それが、本当のグローバルに活躍する
国際競争力になります。

でも、とても大事なこれらの事を、

学校では教えてくれません。

しかし、これらの力を持っている子供こそ、

「本当に頭のいい子供」

と言えるのです。

うわべだけの秀才君では
もう通用しない時代なのです。

厳しい時代に生き抜く教育の特徴

ユダヤ人たちは、
厳しい歴史の中で

この「本当に頭のいい子」の
育て方を理解し、体得し、
生き延びてきて、繁栄してきたのです。

そして、厳しさの中身が
変わった現代社会にも

伝統を守る事で、世界中で
活躍する第一級の人々を
輩出し続けているのです。

このユダヤ式

「天才を育てる教育法」は、

世界中のどの国でも応用可能です。

かつ、今日から始められる
とてもシンプルなものです。

そこには隠された秘密もありません。

もちろん陰謀もないわけです。

ではその方法は何か?

ユダヤ式の正しい親ばか効果を理解し、

これからのグローバル化社会で
活躍できる子供に育てるよう、
家庭で調整して行くのです。

では数千年をかけてユダヤ人が
編み出した正しい伝統の手法を
紹介して行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。