体内時計の24時間と25時間の1時間のズレと光による調整

体内時計の24時間と25時間の1時間のズレと光による調整
今回のテーマは、

体内時計の24時間と25時間
の1時間のズレと光による調整

について紹介します。

前回、地球の自転の24時間に対して

なぜか人間の体内時計は
25時間周期である事を
紹介しましたが、

地球の地点と同期して
効率よく生活する為に、

人は毎日この1時間のズレを
うまく調整しています。

(調整できない場合、
不調が生まれるわけですが、)

そしてその役割を担うのが
太陽光および光です。

中でも青色の働きを持つ
光が最も強力なのですが、

もしからしたら青い空を見ると
心が和む事の理由は、

この辺りに隠されているのかも
しれません。

それではそもそも、

体内時計のリズムが

人では25時間、マウスで23時間

などとなぜ24時間から
1時間ズレているのでしょう。

体の大きさや、脳の仕組み
など色々と考えられており、

まだ明確な理由は
明らかになっていないのですが、

その有力な仮説を今回は
紹介して行きましょう。

スポンサーリンク

地球に適応する生命のメカニズム

地球の歴史を見てみると、
そもそも地球の自転は、

わずかずつですが遅くなって
いる事が分かっています。

月や太陽が地球の海水に
影響しブレーキをかけている
ようです。

サンゴの中には、木の年輪の
ように日輪を刻むものがあるのですが、

サンゴの化石に刻まれた
縞模様の縞状構造を解析すると、

一日の長さが推定できるのです。

それによると100年当たり
1.4ミリ秒のペースで、

一日は長くなっているようです。

そこから計算すると、

地球上に生命が誕生した
約10億年前は、

地球の自転周期は約20時間

この時期にはあまり地球上に
生命は存在していません。

約5億年前のカンブリア紀以降
生命は急速に多様化しますが、

5億年前の1日の長さが
約21時間、

今よりも約3時間も
短かった事になります。

人が属する霊長類が誕生
したのが約3500年前、

この頃の1日の長さは
23.5時間くらいでした。

体内時計は24時間?25時間?

車のハンドルも、
遊びの部分があるから、

安全に運転ができるように、

人間を始め地球上の生物は
こうした遅くなる自転に適応し、

生体リズムを保持する為の
システムとして、

恐らく1時間程度の
遊びを採択したのでしょう。

そして、光を浴びる事により
体内時計の針を、

地球の時刻に合わせると言う
仕掛けを遺伝子の中に組み込んだのです。

つまり24時間のうちの
活動開始の時間帯に光を浴びれば

生体リズムの位相は前進し、

一方休息開始の時間帯に
光を浴びれば、

リズムの位相は後退する、

という仕組みを作ったのです。

自然にだけ任せていれば
どうしても時計がズレます。

体内時計を調整するのは
自然の無意識と意識の合わせ技です。

これを認識しておくと、

睡眠を始め健康の為に
できる事も理解できます。

体内時計の1時間のズレの調整

人間の体内時計は
約25時間です。

人間は活動開始の時間帯、
つまり朝に光を浴びます。

するとリズムの位相が
1時間前進し、

25時間の体内時計が、
24時間の地球の自転周期に
修正されるのです。

一方で、マウスのような
夜行性の動物の場合、

生体リズムは約23時間です。

夜行性動物ですから、

休息開始の時間帯、
つまり朝に光を浴びます。

その結果、リズムの位相は
1時間後退し、

23時間の生体リズムが
24時間に調整される事になります。

このように、
光をいつ浴びるかによって、

生体リズムの位相が変異する
システムが変わってくるのです。

体内時計の光による調整

光を浴びる時刻ごとに、
体内時計のリズムも変わるのですが、

この現象をミュンヘン大学の
アショッフ教授たちは

「位相反応曲線(位相応答曲線)」

と名付けました。

生体リズムは光によって
調節されるわけですが、

このシステムが生物の体内に
出来上がった頃、

光の根源は太陽光だけと
想定されていたのでしょう。

しかし、現代社会において
光の根源は太陽だけではありません。

例えば、人が夕方から
夜にかけて光を浴びると、

生体リズムの位相は、

朝の1時間だけでなく
夜にも1時間後退し、

地球の自転リズムと
2時間もかけ離れる事になります。

もし夜に光を浴びるような
自然と反する生活スタイルを
6日間繰り返してしまうと、

人のリズムは地球のリズムと
昼夜が逆転してしまう事になります。

その結果、思いもかけないような
健康被害が引き起こされるのです。

その詳細はまた別のテーマで
詳しく紹介して行きますが、

まずは人間の体内時計の25時間

そしてそれは光によって
調整される事を理解しましょう。

体内時計の24時間と25時間という

人のリズムと地球のリズムが
約1時間ズレているのは、

生体リズムを保持する為の
工夫だったわけです。

生体リズムは地球上の生物が
上手く地球と適応し地球で
生き残る為の、

必須の生理機構である
と呼ばれる所以はここにあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。