モテたいモチベーションと恋愛とやる気と行動力と脳の関係


今回のテーマは、

モテたいモチベーションと
恋愛とやる気と行動力と脳の関係

について紹介します。

「恋してますか?」

と聞いて

「はい、ときめいてます!」

と若者なら言えるでしょうが、
大人になれば、、なかなかそう
答えるのは難しいでしょう。

しかし、脳の健康を守る。。

心の持ちようが大切なのですが、
恋愛というのは心に強い
影響を与えるものの一つです。

私の友人(男性、未婚)の一人で、

東京からいきなり秋田に
引っ越しして働き始めた人がいます。

まさに急展開でした。

かなり優秀なエリートで
給料もよく、地位もあったのですが、

普通に考えれば
秋田で働く事にあまり
メリットはなさそうです。

なぜ秋田で働くのか?

周りの人に聞かれても

「自分を必要としてくれた」

「誠意を持って
自分を呼んでくれたから」

など曖昧な答えしかしません。

しかし私はピンと来ました。

「秋田と言えば秋田美人だろう…」

私は学生時代からの友人なので
彼が女性に弱い事は知っていました。

そして酒に酔わせて
本音を聞き出した所、

面白い答えが返ってきたのです。

スポンサーリンク

秋田美人を見に行ったのがきっかけ

秋田での仕事を依頼された所
始めはまったく興味はなかったそうです。

何か心を駆り立てるような
ものは何も浮かばなかったそうです。

「さすがにこれでは条件が悪い」

丁重にお断りしようと思っていた所

「そう言えば秋田美人で、秋田と言えば
美人が多いと評判だよな。

一回も行った事ないし、
遊びに行ってみてみたいな。
ちょっと観光がてら行ってみるか」

という気持ちがむくむくと
湧いてきたそうです。

という事で遊び半分くらいの
気持ちで、一度だけ会社を
訪問させてくださいと、

観光がてら現地に赴き
地元の女性をとりあえず観察し、

仕事は断って東京に
帰って来ようと思ったそうです。

そうすれば「はるばる気てくれた」
という体裁は繕えるし、

話のネタにもちょうどいいという算段で、
秋田に行ったそうです。

ところが思惑と違い、

街を歩いている秋田の女性を見ても
それほど東京と変わりません。

確かに色白の人は多いですが、
美人と言えるほどではありません。

「そんなものなのか」

と仕事の話に対しても
乗り気でない素振りを見せていた所、

現地の人が地元のおしゃれな
レストレンに案内、接待し、

最後の説得にかかったとき、

たまたまお店に座っていた
斜め前の席の女性に釘付けに
なったのです。

電流のようなものが全身に通ったそうです。

男の根源的やる気はモテたいから

雷を打たれたような
一目惚れをしてしまい、

脳内は燃えるような
秋田での楽しそうな期待感で
いっぱいになったそうです。

そして思わず

「分かりました、それでは
仕事を引き受けましょう!」

と口から出たそうです。

ほぼ頭、思考では「断る」ことに
99%ほど偏っていたのですが、

1%のその出会いだけで
「引き受ける」と答えたのです。

先方も少し驚いていた様子ですが、

ただ「店に美人がいた」という
理由だけで秋田に引っ越しして
働く事を決めたのです。

もしかしたら、これを見て

「ああ、分かるな」と思う人もいれば、
「なぜ、意味がわからない」と
困惑する人もいるでしょう。

でもこれ脳の面白い
特徴を捉えています。

正直、冷静になって
後悔したそうですが、

言ってしまった手前断れず、

秋田に赴任し新しい仕事を
するようになったのです。

その美人との出会いがその後
どうなったのか…は分かりませんが、

男性にとってのモチベーションは
こんな単純なきっかけでよかったりします。

成功者はモテたかったから行動を始めた

異性への想いは強烈な
モチベーションになるのです。

「なんて行き当たりバッタりなんだ」

と思う人もいるかもしれませんが、

脳の観点から見てもモテたい
モチベーションというのは、

人間の大きな原動力です。

恋愛とやる気と行動力と脳の関係は
前回紹介したような、

理性の部分よりも本能の部分を
大きく刺激するのです。

常識的な考えではこうした
パワーを使いこなせません。

そもそも世の成功者の多くも
こうしたエネルギーを使っています。

例えば、

ロックミュージシャンや
ハリウッドスターなどで
活躍する男性を見ても、

その仕事を目指した動機は
ほぼ「モテたい」という
気持ちからきているのです。

もちろん

「音楽や芸術性を追求して」

という人もいるでしょうが、

それはある程度、キャリアを
経てからの事であり、

スタートのモチベーションは
「モテたい」からと言えます。

逆に、高尚な動機で始めると、

かえって自分のこだわりが強すぎて、

売れないで芽が出ない
という事も多いようです。

モテたいモチベーションのメリット

男性である私からすれば
女性の気持ちは分かりませんが、

恐らく女性の行動力も
根源的には男性によく見られたい
という気持ちがあるでしょう。

男性のよく見られたい、

幾つになっても思うことです。

考えてみれば、

あらゆる美しいファッション文化も
貴族精神もテーブルマナーも伝統も、

究極的には「モテる事」
恋愛が動機として生まれて
いることがほとんどなはずです。

人間関係のほとんど全ては
根源的にはここから生まれます。

生存と生殖こそが生き物の
役割なのですが、

なまじっか思考脳が発達した
人間はそれを抑えようとしがちです。

それも脳を知れば理解できます。

「モテたい」というのは

「子孫を残す」という意味で

「快適に生きる事への欲望」

と繋がっていますから、

食欲や性欲というのは、
私たちの脳を活性化させ、

覚醒させる起爆剤のようなものなのです。

恋愛とやる気と行動力と脳の関係

そして、こうしたポジティブな
心で満たされている時、

脳の健康も向上していくのです。

表面だけで見れば、

「女性と親しくなりたくて
秋田で仕事をするようにした」

ことと

「秋田での仕事にやりがいを
見出してきました」

という事は繋がらないようですが、

「キレイな女性がいる」

という刺激を得た事で、
モチベーションが高くなる状態が
作られたという事で、

さらに秋田にいて目立つ活躍が
できるようになれば、

女性からモテて恋愛が楽しくなる、

その想像だけで本人に
ワクワク感」を生むわけです。

それがアイデアに繋がり
やる気や行動力に繋がり、
仕事の成果も上がるとすれば、

さらに脳の健康にも繋がるとすれば、

適切に原始的な脳を刺激する
恋愛やモテたい願望を
モチベーションに使うのは、

良い作戦と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。