活動モードへ脳を目覚めさせる脳のウォーミングアップ効果

活動モードへ脳を目覚めさせる脳のウォーミングアップ効果
今回のテーマは、

活動モードへ脳を目覚めさせる
脳のウォーミングアップ効果

について紹介します。

人間は太陽の光が
体内時計を整える一つの
手がかりとなっています。

習慣的に、朝一定の時間に
起きて太陽の光を浴びれば、

ともかく脳はキチンと
活動モードに切り替わります。

しかしそれだけでは、

まだ脳を十分に目覚めさせた
とは言えません。

例えば受験生の頃

「脳が活発に動き始める
までに2時間かかるから、

試験の2時間前には
起きていなければ行けない」

という話を聞いた事が
あると思います。

せっかく起きても、

起きてからも寝ているのと
同じような過ごし方を
していたのでは、

脳がハッキリ目覚めるという
わけには行きません。

スポンサーリンク

脳も準備体操が必要

覚えておいてください。

活動モードへ脳を目覚めさせるには

脳も身体と同じように
準備体操が必要なのです。

スポーツでも練習のとき、

いきなりシュート練習や高度な
連係プレイから始める
という人は稀でしょう。

脳も同じで、ウォーミングアップ
はできるだけ簡単で大雑把な
事から始めた方が良いのです。

単純な計算や新聞の
コラムの書き写しと言った
事も悪くありませんが、

足、手、口を意識して
動かす方がより効果的でしょう。

脳の思考系を活性化させる方法

足、手、口を動かすというのは、

大まかなくくりで言えば、

脳の「運動系」と呼ばれる
機能を使う事です。

これが脳を活動モードへ
変える効果があるのです。

活性化させたいのは
「思考系」なのに、

なぜ運動系の機能を
使うのでしょうか。

それには理由があります。

この点について、多くの
現代人が脳に関して誤解
していると思うので、

ちょっと説明しましょう。

人間の脳は思考系が
それだけで存在している
わけではありません。

人間に至る生物の進化の過程や、

赤ちゃんが人間らしい高度な
思考力を獲得して行く
過程を考えれば分かるように、

思考系ができる前に
感情系や運動系などの
機能ができるのです。

身体を動かす脳のウォーミングアップ効果

人間はしっかりと二足歩行が
できるようになり、

手を自由に操れるようになり、

口を使って言葉を話す事が
できるようになって初めて、

高度な思考力を発揮させる
事ができたわけです。

要するに、その日の思考系を
活性化させる為には、

前段階である手、足、口など
運動系の機能を十分に動かす
ことから始めるのが正解なのです。

昔のパソコンは、

一つ一つ基本ソフトを
立ち上げなければ動きませんでした。

人の脳も同じです。

キチンと基本機能を動かし、
続いて応用機能を動かさなければ
行けません。

脳のウォーミングアップ手法

出社時間ギリギリに起きて、

10分も歩かずに電車に
乗って会社に向かい、

パソコンの前に座って
仕事をするという人は、

基本機能が立ち上がっていない
可能性があります。

少し早めに起きて以下のうち
どれか2つ実行してみましょう。

特に午前中、脳の働き
やすさがまるで違って
スムーズに感じられるはずです。

・散歩など軽いウォーキング
・部屋の簡単な片付け
・朝食作り、お弁当作り(料理)
・草花への水やり(ガーデニング)
・音読
・挨拶+スピーチ

朝に挨拶以外に一言加える

朝から活動モードに入るため、
心身を目覚めさせるために、

私の場合、会社でスタッフに
挨拶を交わすとき

「おはようございます」

の後に一言二言付け加える
ようにしています。

話題はその日の天気、
仕事上の連絡時候、
前の日のニュースなど

何でも良いのです。

前頭葉を使って難しくない
言葉を組み立てて、

口を動かし、相手の言葉に
耳を傾け情報を得る事が、

脳のいいウォーミングアップ
になるのです。

こうして脳が温まったら
仕事もスムーズに入って行けます。

お昼休み明けの脳を活動モードに変える

また先ほどの
ウォーミングアップ法は、

朝に脳を目覚めさせる
ウォーミングアップ効果だけでなく、

お昼休み明けにも有効です。

食事をした後は、血液が
胃の周辺に集まりやすく
なっているので、

脳の機能がどうしても
落ちやすくなります。

そのため、仕事などで
難しい問題に向かおうとしても
なかなか集中できず、

時間ばかりかかってしまう
事も多いと思います。

そう言うときも、

少し散歩をしてみましょう。

それだけでまったく効率が
変わってくる事を実感すると
思います。

昼食後の「腹ごなし」
運動というのは、

脳に血液を巡らせるための
運動ともなります。

机の片付けや簡単なミーティングから
午後の仕事を始めるのも良い事ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。