ストレスを溜めない感情コントロール、愚痴のストレス発散効果

ストレスを溜めない感情コントロール、愚痴のストレス発散効果
今回のテーマは、

ストレスを溜めない感情コント
ロール、愚痴のストレス発散効果

について紹介します。

前回紹介した整理整頓
のストレス解消法ですが、

もう一つ脳の健康に
欠かせない事、

それは、自分の感情を
上手くコントロールする事です。

「人に愚痴を言う」

というのもストレス解消法の一つ、

もしあなたが愚痴の聞き手
になる事があったら、

そのときはただただ
話を聞いてあげると良いでしょう。

例えば、

子供が小さい頃、

家や子供の頃は奥さんに任せ、

一緒に心配したり悩んだり
しない夫もいるでしょう。

学校や何らかのトラブルが
あったときは、

問題が解決した後に
奥さんから

「子供の事で大変だったのよ」

と愚痴を言ってきたら、

「苦労なら俺だって」

と反論して言い返す人もいそうです。

スポンサーリンク

愚痴のストレス発散効果

しかしそう言うときは

「大変だったね」

とひたすら認めることが
効果的です。

そうでなければ相手は
ストレスを「発散」できません。

「そうだったんだ…」

と相手の言う事を無条件に
オウム返しにしながら聞いておく、

そうすると向こうは
口に出して言った事が、

脳で浄化して行き
ストレスから回復して行くのです。

ストレスは愚痴を言って
どんどん発散すれば良いのです。

その為にも本音を言い合える
愚痴友達を作っておく事は、

とても大切な事なのです。

ストレスを溜めない愚痴の効果

実際に脳はそれほど
ストレスに強くはできていません。

ストレスは溜め込まないよう、

こまめに発散して行く事が、

感情をコントロールする上で
大切な事は分かって頂けたでしょう。

もし職場で嫌な事など
あったときは、

駅からの帰り道、悪態を
つきながら歩いてみましょう。

自分で自分に愚痴を言って
発散するのです。

収まりきらなければ
回り道をしても良いですね。

そうやって歩いているうちに
不快な思いも和らいでいるでしょう。

これは脳の性質を知っていると、
納得できる話です。

脳は二つの機能を同時に
働かせるのが困難なので、

「腹立てる」事と「歩く」
事を同等に続けるのが難しいのです。

だから不思議と発散効果となります。

感情コントロールが人生の極意

つまり、歩きながら
悪態をついていけば、

怒りも和らいでくる
というわけです。

セルフ愚痴の発散効果です。

私も嫌な事があった日には、

怒りながら30分から
1時間ほど歩いて

不快な感情を収めてから、

いつも通りの顔で帰宅
するようにしています。

大人になるという事は、

色々な経験を経て、

自分なりの

「気持ちの整理法」

を身につけて行くという事です。

ストレスを溜めない
感情コントロールを身につけ

脳のレベルが上がれば、

その分、処理できる
ストレスの量も増え、

気持ちの整理が上手くなって
行くはずです。

世の中にはままならない
事も多いと知り、

それでもうまく折り合いを
付けながら心のバランスを
とって行く、

お年寄りがだんだん
穏やかなになって行く理由も
この辺りにあるのかもしれない。

私はそう考えています。

ストレスを溜めない
感情コントロール、

そして愚痴のストレス発散
効果を参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。