コルチゾール過多の弊害と対策、ストレス解消となる整理整頓

コルチゾール過多の弊害と対策、ストレス解消となる整理整頓
今回のテーマは、

コルチゾール過多の弊害と対策、
ストレス解消となる整理整頓

について紹介します。

これまで述べてきたように、

ストレス自体はニュートラルで、
良いも悪いもないわけです、

ただそれが過剰になれば
心身に悪影響を及ぼします。

ここでストレスと上手く
付き合う為に

「コルチゾール」

というホルモンについて
理解して行きましょう。

私たちの脳は、
大脳がストレスを受けると、

その緩和の為にコルチゾール
という副腎皮質ホルモンが
分泌されるようにできています。

コルチゾールの分泌が
増えるのが、

午前3~6時の間です。

良質な睡眠が成長ホルモンの
分泌を促すと

以前にも紹介しましたが、

実はコルチゾールの為にも、
対策法の一つとして

この時間に質のいい睡眠を
確保する事が大事なのです。

スポンサーリンク

コルチゾール過多の弊害と対策

ただしあまりに
ストレスが多すぎると、

コルチゾールの分泌が
過剰になってしまい、

過剰なコルチゾールは
脳の健康にも悪影響や弊害を
及ぼす事が分かっています。

なのでコルチゾール過多を
防ぐ為にも、

ストレス対策が必要です。

私たちの身体は
ストレスが加わると、

自律神経のうち、
交感神経が優位になります。

そんなときには
副交感神経が優位になるよう、

まずは対策法として

深い呼吸でリラックスするのが
良いでしょう。

深呼吸のやり方は以前のテーマ
も参考にして欲しいのですが、

イスに楽に腰掛けて、
目をとじ、フーッと音を立てて
息を吐いて、

鼻からゆっくりと吸い込むだけです。

これを10回ほど繰り返すと、

自律神経も整い、
冷静に戻れるはずです。

ストレス解消となる整理整頓

もう一つ、違って視点の
ストレス軽減法があるのですが、

それはものを捨てる事です。

整理整頓はストレス解消となり、
コルチゾール対策になるのです。

私の知り合いの社長が、
新しい職場に移ったとき、

まず始めにやったのが、

それまで整理され保管されていた
各種書類を、

全てデジカメで写真にとり、
全部捨ててしまったそうです。

始め社員たちはビックリ
していたそうですが、

その後その効果を理解したそうです。

ほとんど見直す事のなかった
書類は置いておけば

どんどん増えますし、
収納スペースを使います。

その整理整頓だけで
ストレスがかかってしまいます。

それをデータだけ残して
全部捨ててしまう事で、

会社に多くのメリットを
もたらしたのです。

それが大きなストレス解消
となったわけです。

日常に整理整頓を取り入れるメリット

この整理整頓のストレス解消法は
色々と応用できます。

目の前の問題を先延ばし
しようとするほど、

問題が複雑になり、

ストレスを感じ続ける事に
なってしまうのです。

「ストレスは自分が作るもの」

とも言えます。

それならば自分で、
ストレスを作らない工夫をすれば
良いだけの事です。

これでコルチゾール過多
対策ともなります。

私の場合、

職場でストレスを感じていたのが、
ゴミ箱でした。

ゴミの溜ったゴミ箱が
常に見えているのが嫌でした。

そこで思い切って部屋から
ゴミ箱をなくしてみようと考えたのです。

出したゴミは足元に置いた
紙袋に入れて、

その日のうちに袋ごと
捨てて帰る、

毎日片付けるから、
ゴミがたまりません。

ゴミの量も減り、
これがとても気持ちいいのです。

ゴミ箱の他にも、

あるのが当然と思っているけど

「なくしていいもの」
「ないほうがストレス軽減できるもの」

はたくさんあります。

それを思い切ってなくす、

こうしてストレスは自分で
減らす事ができる事を実感
できるはずです。

ぜひあなたの周りも見回してみて
やってみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。