左肩をぶつけるのは脳の酷使してる注意力低下、疲労のサイン

左肩をぶつけるのは脳の酷使してる注意力低下、疲労のサイン
今回のテーマは、

左肩をぶつけるのは脳の酷使
してる注意力低下、疲労のサイン

について紹介します。

認知症やボケ症状を予防するため、

大切なのは、

脳が疲労を訴えるサインに
敏感になる事です。

そしてそのサインを捉えたら
しっかり休息させる事です。

人間の生理上、長時間
働き続ければ、

誰でも眠くなるものです。

こんなときに、

コーヒーを飲んで疲労感を
紛らわせる人もいるでしょう。

でもこれはカフェインが
一時的脳を興奮させているだけで、

「疲労感」は減らせても
「疲労」を消してくれるわけでは
ありません。

早めにキチンと身体を休める
時間を取る事が必要なのです。

スポンサーリンク

左肩をぶつけるのは脳疲労のサイン

また、長時間パソコン作業を
続けている時に、

目や頭、肩が痛くなって
来るのも疲れてきた証拠です。

そして興味深い話がもう一つあります。

疲れが蓄積すると、

混んだ駅などで上手く人を
避けられず、

すれ違う人と左肩を
ぶつけやすくなるという事実が
あるのです。

右肩ではなく左肩

というのがポイントです。

私たちの身体は、

左脳が身体の右側の
注意を担当し、

右脳が左右両側を担当
しているため、

身体の左側は右側に比べ、

そもそも注意力が落ちやすく
なっています。

脳の酷使してる注意力低下の弊害

疲れているときは
その差が顕著になり、

左肩をぶつけやすくなる
というわけです。

人混みで肩をぶつけたり、

眠気や怠さ、集中力の低下、
肩こりや頭痛を感じたり、

まぶたがぴくぴくするような時
「サボれ」のサインです。

左肩をぶつける意外にも
脳を酷使してる注意力低下、
疲労のサインがあります。

こうしたSOSを受け止めて、

健康を害する前に
早めに休息を取ってください。

もう一つ、

仕事をサボる、仕事を軽減させる
方法があります。

それは今、目の前にある
仕事以外に、

日頃からアンテナを張って、
気になる情報があれば書き留めて

仕事貯金をしておく方法です。

仕事を上手くサボる為の工夫

こうしたアイデアは
すぐに役立つわけではありませんが、

このアイデア貯金を
たくさん持っていると、

のちのち仕事をして行く時に
活きてくるのです。

脳の酷使や疲労を避ける為に
サボる工夫とも言えます。

私は誰かと会話している時も、

相手の話で気になった事、
その時に浮かんだアイデアなど

メモするノートを持ち歩いています。

長々と文章で書くのではなく、
簡潔に単語で書いておきます。

少し簡単な絵を描いておく事もあります。

その方が後で見た時に、
考えを膨らませるのにも便利です。

このアイデア貯金が、

クライアントさんとの会話であったり、
プレゼンや会議に役立ちます。

のちのちサボる、
仕事を軽減させる為に

就業時間以外に余分な
仕事をしておく、

目の前の餌に飛びつく…だけでない

こう言う備え方は人間に
しかできない発想なのです。

こうした色々な工夫が大事ですが、

脳をいつまでも健康に保つには、
メンテナンスをしながら
大切に使う事です。

左肩をぶつけるのは万能のサイン
ではありません。

脳の酷使してる注意力が低下してきた
と感じたら、

すぐに休むように意識するのが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。