unnamed

頭痛と糖分、炭水化物と血糖の恐怖、特に食後に頭痛が起きる人へ


今回のテーマは、

頭痛と糖分、炭水化物と血糖の恐怖、
特に食後に頭痛が起きる人へ

について紹介します。

さて、糖分、炭水化物というのは
私たちのエネルギー源として大切なものです。

炭水化物は血糖として体内に回り、
エネルギー源として使われます。

そのたまにも、ご飯やパン、パスタやそばなど
様々な炭水化物を日々主食として食べていると思います。

しかし、単純に何も考えず
炭水化物を取り続けると危険です。

日々何気なく取っているその食事が
頭痛を引き起こしている可能性も高いのです。

例えば、食後に頭痛があったりする人も多いと言いますが、
その原因もこの部分にある恐れがあります。

今回は、そんな炭水化物について
一緒に考えて行きましょう。

特に食後に頭痛が起きる人は
重要な話になってくるので、

しっかり聞いてほしいと思います。

血糖値のバランスというのは、
健康な日々を送るために
極めて大切なトピックです。

グリセミック指数とは?

炭水化物というのは主にでんぷんと糖で出来ており、
それが体内で血糖としてぶどう糖に変換されるものです。

炭水化物は我々のエネルギーの
メインの供給源で、絶対に必要なものですが、

ご存じのように多量に摂取すると
脂肪に変換されて太っていきます。

そして、知っておいてほしいのが

すべての炭水化物が同じというわけではなく、炭水化物は

グリセミック指数(Glycemic Index)GI

という指数ではかると大きな違いがあります。

つまり、炭水化物は一つのものでなく
たくさんの種類に分かれていると言う事です。

そして、大きく

高GIと低GIの二つの炭水化物に分かれます。

ぶどう糖は全身の細胞で使う燃料ですが、それを細胞に取り込むために、
すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが必要になるのです。

高GIの炭水化物を摂取すると

血糖値を急激に高め、急激に大量のインスリンの
分泌を引き起こしてしまいます。

その結果、

すい臓がオーバーワークになり、
糖尿病や高血圧などの病気になったり、
肥満になったり、頭痛の原因にもなります。

つまりアップダウンが激しいため
体内のバランスが崩れると言う事です。

逆に低GI食品を摂取すると、

ゆっくり血糖値を上げるので、インスリンの分泌も
穏やかになります。

結果的に、病気になるリスクも減って、
すい臓の負担も減り、また消化にも時間がかかるので
腹もちも良く、中性脂肪も減らしていきます。

つまり、アップダウンが緩やかなため
体内のバランスを保ちやすいと言う事です。

頭痛を抑えるための炭水化物の摂取法

なので結論を言えば、

高GIの炭水化物をなるべく摂取しない
そして低GIの炭水化物を摂取する

という事が頭痛を抑えて健康な体を作るために
とても大事になってきます。

以下に高GI食品と低GI食品の一覧を乗せます。

高GI食品

・白砂糖
・クッキー、あめ、ケーキ
・フレンチフライ
・コーンフレーク
・白米
・精製された食パン
・精製されたパスタ
・炭酸飲料、ジュース

など

低GI食品

・玄米
・全粒粉のパン
・全粒粉のスパゲッティ
・そば
・豆類
・オートミール
・果物
・野菜

など

…如何でしょうか?

私たち現代人が普通に主食として取る
ご飯や食パンが高GI食品である事は
かなりショッキングな事実だと思います。

しかし、

なるべく高GI食品をやめて低GI食品をとるように
する事によって体調は間違いなく良くなるはずです。

糖分、炭水化物摂取を工夫して、
血糖値を意識した食生活を送り、

食後の体調を見てみれば
この違いは明らかになると思います。

血糖値を上げ過ぎない食事法

もちろんいきなり食生活を変える事は
難しいかもしれません。

出来ることから始めれば良いと思います。

例えば、前回紹介したように、

食事の前に果物を食べることで、
血糖値をある程度ゆっくり上げることができるので

まず果物を少し食べてから食事をしたり、

空腹になりすぎてから食べることもあまりよくないので、
少量ずつ回数を分けて食事をすることなど

色々と工夫をしてみることをおススメします。

ただ、今日から注意して欲しいのが、

特に空腹時にあまーいお菓子などを食べる事は危険です。

血糖値を一気に上げて、
体内のバランスを崩す最悪の食習慣と
私は考えています。

食後にホルモンバランスが崩れ
体調不良を起こしかねません。

ケーキやお菓子など
砂糖がたっぷり入ったものを食べた後に
頭痛を起こす人などは要注意です。

糖分の中でも、
精製糖分と呼ばれる

いわゆる白砂糖は、
隠れた麻薬と呼ばれるほど

とりすぎると身体の調子を悪くするものです。

低血糖症や頭痛の原因にもなるものです。

なので慎重に糖分摂取を
考えなければいけないのですが、

ここで、

甘いものは全て断って下さい!

など厳しい事を言うつもりもないのですが、

健康のためにも、せめて、今日から
甘いお菓子などはできるだけ食後に食べるようにしてください。

…などなど、糖分摂取については工夫をしていくことが必要です。

糖分摂取を工夫することで
頭痛の悩みを解消されていくはずです。

今後とも色々と解説していきますが、
まずはできることから始めてみて下さい。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。