体調不良、頭痛解消のため空腹時、食前に果物や生野菜を食べる


今回のテーマは、

体調不良、頭痛解消のため空腹時、
食前に果物や生野菜を食べる

について紹介します。

今日は、頭痛をなくしていき、
健康体を手にしていくための
食事摂取のひと工夫について紹介します。

それは、

食事前に空腹時に果物や生野菜を多く摂ることです。

この食べ方はかなり効果的な
方法となります。

前回も紹介したエンザイムですが、
彼らは熱に弱いため加熱すると死んでしまいます。

だからできるだけ生で食べる必要があるのですが、

すべて生のものを食べるとなると
菌や微生物がいるため危険ですし、
食事の楽しみもなくなってしまいます。

ここで果物や生野菜が重宝されます。

ぜひ頭痛解消のためにも健康レベルを上げる上でも
フルーツと生野菜を毎日多めに摂りいれて下さい。

スポンサーリンク

エンザイムの効果が高い果物

特に、パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイは
消化に良いエンザイムを大量に含んでいます。

ここで、大半の人がフルーツを
デザートとして食事の後に食べると思うのですが、

実は『食事の前』に食べるのが良いです。

1時間前に水を飲む
30分前にフルーツを食べる
食事をする

という食事法が一番エンザイムを活性化させる食べ方です。

さらに頭痛解消に効果がある
果物や野菜をとるのも良いですね。

ビタミンCが多く含まれている野菜や
ビタミンB群が豊富なもの
カルシウムやマグネシウム豊富なものがオススメです。

もちろんフルーツは糖分たっぷりですが、
それ以上に食物繊維が豊富なので、

身体に悪影響が及びません。

食前、空腹時にフルーツを食べるメリット

次回詳しく血糖値と頭痛の関係に
ついて紹介しますが、

食事前にフルーツを食べと水を飲むことで、
胃腸の働き良くする上に、血糖値がある程度上がるので、

ホルモンバランスも改善されます。

空腹時にいきなり糖分や炭水化物を
摂取してしまうと、

血糖値が急激に上がってしまいます。

すると徐々にインスリンと言う
血糖値をコントロールするホルモンを出す
すい臓に負担がかかるようになり、

内蔵の不安から頭痛が起きたり、

長期的にその状態が続くと
糖尿病のリスクも増えます。

また繊維を食前にある程度補給しておく事で、
食事の食べ過ぎもなくなります。

余計なカロリーを抑えられるのです。

ダイエットやアンチエイジングのも
この食べ方は効果的です。

なので空腹時こそ、
フルーツや野菜など食物繊維が
血糖値の上昇を防いでくれたり、

腸の働きを活発にして
デトックスも促してくれます。

さらに、自然のフルーツは
ビタミン、ミネラル、抗酸化物質も多く含むので、

自然が与えてくれる“命の贈り物”といえそうです。

1時間前に水を飲む
30分前にフルーツを食べる
食事をする

この些細な習慣を取り入れるだけで
頭痛た体調不良も消えていくと思います。

ぜひこの習慣を取り入れ言って下さいね。

それでは、また!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。