古代インドの賢者による体系的な薬草学(ハーブ医学)の恩恵

古代インドの賢者による体系的な薬草学(ハーブ医学)の恩恵
今回のテーマは、

古代インドの賢者による体系的
な薬草学(ハーブ医学)の恩恵

について紹介します。

ハーブは東洋でも西洋でも、

伝統的な治療やホリスティックな
治療法の一つとして使われてきました。

中でもインド中国では

神秘的な知識を持った賢者たちの
深い洞察から生まれた知恵として

高度かつ臨床範囲の広い

薬草学(ハーブ医学)

として何千年にもわたる経験から
確立して行ったものです。

中でもアーユルヴェーダのハーブ医学は

恐らく世界で最も古く

また臨床経験に裏付けられた

最も先進的なものである

と私は考えています。

既に十二分に発展している医療体系を
さらに手を施す必要は全くなく

逆に現代人に必要とされているのは

それを深く正しく理解して
どう治療に用いるか

という事だと思うのです。

多くの人にとって、

インドの伝統医学と聞くと?

古くて胡散臭い。。。

私には関係のない話だ・・・

などと思っているかもしれません。

でもそれは

宗教観や文化のの違いや
迷信じみた古臭いもの

という思い込みであるとも言えますし

日本ではハーブを手に入れるのが
困難であるのも理由の一つでしょう。

地域ごとの気候条件や環境によって
育つハーブには違いが生まれますから

しょうがない事とも言えます。

このサイトでは、現代人のニーズに
合わせて、世界最古の歴史を誇る

アーユルヴェーダのハーブ医学を

分かりやすく具体的に
伝えて行くつもりです。

私自身もあなたと一緒に
学んでいき成長して行きたいと思います。

スポンサーリンク

古代インドの賢者による体系的な薬草学

しかし現代社会の医療において

治療に精神的、心理的な
アプローチが必要であることは

多くの人が実感している事と思います。

なぜなら、

肉体面での病気はたいていの所

精神的な不安定から引き起こされるからです。

なので、

肉体と精神のバランスを崩しがちな現代社会ほど

アーユルヴェーダやハーブにおける
精神面へのアプローチが必要とされているのです。

古臭いと思われているアーユルヴェーダほど

現代社会には無縁どころか、、

今こそかつてないほど必要不可欠な
ものと言えると思うのです。

西洋の伝統医学でよくつかわれるハーブと
東洋の伝統医学で使われるハーブでは、

中には全くかぶらないハーブもありますが、
どちらでもよく使われるハーブもあります。

アーユルヴェーダでだけ特別に使われる
アシュワガンダやハリタキと言ったハーブや

中国が原産の朝鮮ニンジンや当帰

また西洋で良く使われる
ベイベリー、バーベリー、ショウブなど

それぞれの地域で特別に使われる
ハーブはもちろんたくさん存在します。

ただ、アーユルベーダでは、

そういった特殊なハーブですら、
有益な情報を語っている事も多く、

また実際に使われる大半のハーブは

ショウガ、ウコン、コリアンダーや
フェヌグリークなど

日本でも身近にあるスパイス類
がほとんどです。

また、現在はインターネットを使って
特殊なハーブを手にすることは容易になっています。

環境的には現代が一番
整っているとも言えます。

ぜひこの恩恵を最大限に受けて

ハーブの魅力を存分に活用して欲しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。