アーユルヴェーダ医学でのハーブの調合とヨーガの意味と特徴

アーユルヴェーダ医学でのハーブの調合とヨーガの意味と特徴
今回のテーマは、

アーユルヴェーダ医学でのハーブ
の調合とヨーガの意味と特徴

について紹介します。

ヨーガと言う言葉の意味を知っていますか?

ヨーガと言う言葉には多くの伝統的意味が
存在します。

その一つが、

ハーブの「正しい使用法」および
「正しい配合法」

と言う意味です。

つまり、心と体にある特定の効能を与える為
物質を特別な方法で組み合わせること。

これをヨーガと呼びます。

ヨーガと言うと、一般的に日本では
身体を動かすヨガの体操くらいにしか
イメージがない人も多いと思います。

しかし、ハーブを調合して用いることは、
古代インドのアーユルヴェーダに取って
エネルギー論に基づいた

一種のヨーガと言えるのです。

ヨーガによりハーブの持つ力を自然の法則
に従って調和できに用いるのが必要なんですね。

このサイトでは、

インドや中国で使われるハーブだけでなく、

西洋のヨーロッパやインディアンから伝わる
アメリカ大陸のハーブまで、

アーユルヴェーダ的観念から解説して行きます。

アーユルヴェーダと聞くと、、

何やら古臭い、異様なもの、、として
遠ざけている人もいるかもしれませんが、

これから体系的に学んでいって
実際あなたの人生の役に立つよう

アーユルヴェーダを活用して行って欲しいと思います。

スポンサーリンク

現代社会では、多くの危機に直面する時代です。

地球規模で、新しい文化技術が生まれ、
またその中でもがいている問題も生まれます。

多くの人が、古い文化と新しい智恵の
統合を試みてチャレンジしています。

これは医学でも同じです。

もちろんまだ大半の医学界の常識は
一変的に偏った技術が偏重されていますが、
(手術や処方薬などの対処療法)

真の意味での治療には
常に統合という考えが必要です。

またもし、治療に関する私たちの
知識も統合できないとすれば、、

どうやって自分自身を統合し

真の意味での健康を手にできるのでしょうか?…

アーユルヴェーダとは、

薬草学から外科学、また心理学まで網羅した

人の治療に関する8部門がすでに
統合されている普遍的な体系です。

古代インドの賢者たちが

英知を振り絞り、この総合的な
医療体系を形成したのです。

このサイトでは、そんなアーユルヴェーダの
知識を、興味深く、分かりやすく、

役に立つ形で紹介します。

そしてこれは西洋と東洋の医学を
結ぶ懸け橋になると考えています。

お互いによろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。