unnamed

頭痛解消の為の大切なアドバイス、腸の汚れと宿便と頭痛の関係


今回のテーマは、

頭痛解消の為の大切なアドバイス、
腸の汚れと宿便と頭痛の関係

について紹介します。

多くの人は頭痛が起きると、

頭が痛い…訳ですから、
頭に何か問題があったり、

少し人体に詳しい人であれば
神経に何か問題がある…

と考えるものです。

しかし盲点となっているのが、

「腸」なのです。

腸の状態、特に腸内に溜まる
宿便というのは頭痛と深い関係があります。

頭痛解消に関して、
体内の状態に目を向けるのは大切です。

まず今回は最初に当たり前のことを言います。

本当に大切な頭痛解消のための
アドバイスになるのですが、

あまりに当たり前なのであなたは
怒りだすかもしれません。

でもこの当たり前のことがわからないため
多くの人が頭痛で悩み続けることになるんです。

スポンサーリンク

頭痛解消に向けた一つの質問

ひとつあなたに質問です。

「なぜあなたは頭が痛いのですか?」

誰か怖いお兄さんに殴られた?
別れを切り出したら恋人に張り倒されたから?

もしそうであればこのウェブサイトは
残念ながらあなたにはお役に立てません。

でも、恐らく違いますよね。

何か外部のモノがあなたを攻撃してきて
結果的に痛みが生じている…

これなら原因と結果がハッキリしており
凄く分かりやすいですよね。

…でも我々が抱える頭痛と言うのは
そもそもの原因が見えにくいです。

実際のところなぜかよくわからないが
とにかく頭が痛くなる、、それをどうにかしたい…

そういう思いであなたはこのサイトを
読んでくれていると思います。

では先ほどの質問に対する答えを言います。

「頭痛の真の原因は体内にあります!」

体内に目を向けることが、
頭痛解消に向けた最大の
アドバイスになるのです。

体内の状況を改善するのが健康への道

今日からあなたに考えてほしいのは、

「頭痛の真の原因はあなたの体内のどこかにある」

ということです。

…この答えを聞くと

「あー、そうですね。確かに体内に原因があると思います。
それなら私のからだの一体どこに原因はあるのですか?」

と多くの人が反応すると思うのですが、

正直なところ分かりません。。。

人のからだは複雑で人によって全然違います。
以前も人体の因果関係について解説したのですが、

一言で原因を追求することは不可能なことです。

健康を取り戻すことはそれほど単純ではないのです。

でも、

頭痛や体の不調を引き起こす
ほとんどの原因は「腸」にある

と私は考えています。

頭痛解消の為の大切なアドバイスとして、

腸の汚れと宿便を何とかするのは
非常に重要です。

「腸」健康を司る重要な器官

腸というのは、
私たちの免疫を司る重要な器官でもあります。

腸の長さは約7m、
面積はテニスコート一面にもおよび、

腸内にある神経細胞は1億以上で、
この数は脊髄全体に存在する
神経細胞の数よりまさっているのです。

そして実は、花粉症、気管支喘息、
アトピーなどのアレルギー疾患になりやすいのは
腸の環境に大きく作用され、

頭痛や肩こり風邪などの不調だけでなく、

ガンなどの慢性疾患のほとんども
腸の環境のせいで発病率や治癒力に
大きく影響すると思われています。

また腸管内には
100種類以上もの微生物が棲んでいて、

腸内細菌のクオリティも
健康状態を左右します。

現代人の生活環境や現代医学の
ほとんどはこの腸の環境を軽視して、

宿便など腸が汚れている可能性があります。

腸内から宿便を取り除こう

現代人は、食事が不規則がちで、
野菜や果物、発酵食品の摂取量が低いなど、

便秘がちな人も多く、

宿便がたまり腸内環境が
劣悪になっている人が多いです。

この宿便が自己治癒力や
免疫力を低下させることになり、

頭痛を引き起こすだけでなく、

様々な病気のもとになったり、
肌の老化が早まったり、

薬が効きにくくなったり、
サプリメントなどの効果も効きにくくなります。

この世界にはたくさんの
毒素にまみれており、それが体内に入り、

悪さをするようになっているのです。

そして体内に入った毒素の
ほとんどは私たちの腸内にたまっています。

こうした腸の汚れや宿便を
取り除いてくださいというのが、

重要なアドバイスとなります。

だから、頭痛の再発のない体つくりをするために

あなたがまずやらなければいけないのは

デトックス=毒だしです。

そんな毒素を輩出して、真の健康を取り戻すための
デトックスの方法を次回から伝えていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。