社会的視点を加えたエリクソンの幼児、子供の発達段階理論

社会的視点を加えたエリクソンの幼児、子供の発達段階理論
今回のテーマは、

社会的視点を加えたエリクソンの
幼児、子供の発達段階理論

について紹介します。

エリクソンは、

心理社会的発達に焦点を当てた
8段階理論(漸成発達理論)を提唱し、

今日の発達心理学に
大きな影響を及ぼした精神分析家です。

フロイトの生物的視点からの
発達理論に社会的視点を加えて

独自の人格発達理論を
提唱しました。

エリクソンの提唱した
心理社会的発達理論では

人生を

「乳児期」
「幼児前期」
「幼児後期」
「児童期」
「青年期」
「成人前期」
「成人後期」
「高齢期」

という8つのステージにわけ、

各段階で重要となる
対人関係や特徴、

心理的危機を示しています。

彼は、自己が健全な
発達を遂げていくためには、

各発達段階で遂行されなければ
ならない発達課題があると
提起しています。

そして、各発達段階の
時期にある発達課題を達成できないまま

次の段階へ進んでしまうと、

健康な自己を発達させる事が
出来ないと述べています。

スポンサーリンク

エリクソンの心理社会的発達理論8つのステージ

ステージⅠ:乳児期0~1歳

心理的危機:

信頼VS不信

重要な対人関係:

母親

特徴:

誰か(親)を心から信頼できる
という気持ちを持てるように
なる事が大切な時期

ステージ2:幼児前期1~3歳

心理的危機:

自律性VS恥、疑い

重要な対人関係:

両親

特徴:

自分の意志で排泄や生活を
コントロールできる事を学ぶ時期

ステージ3:幼児後期3~6歳

心理的危機:

自主性VS罪悪感

重要な対人関係:

基本的家族

特徴:

自分で考えて自分で行動する
事を覚える時期、

大人は子供のやろうとする気持ちを
大切に育てる必要がある。

ステージ4:児童期6~12歳

心理的危機:

勤勉性VS劣等感

重要な対人関係:

近隣、学校

特徴:

やれば出来るという体験をして、

勤勉に努力する事を
覚える時期

ステージ5:青年期12~20代半ば頃

心理的危機:

自我同一性VS同一性拡散

重要な対人関係:

仲間集団、リーダーシップのモデル

特徴:

自分はどのような性格なのか、

将来どのような生き方をしたいかを
模索しながらアイデンティティを
確立していく時期。

ステージ6:成人前期20代後半~30代半ば頃

心理的危機:

親密性VS孤独

重要な対人関係:

友情、性、競争、協力の相手

特徴:

特定の異性と親密な関係を
持つ事で相手を尊重し、

大切に思う気持ちを育む時期、

結婚して家族を築く人が多い。

ステージ7:成人後期30代後半~60代半ば頃

心理的危機:

世代性VS停滞

重要な対人関係:

分業と共有の家族

特徴:

次の世代の人々
(子供、孫、生徒など)
のために

知識、経験、愛情を継承していく時期

ステージ8:高齢期60代後半

心理的危機:

自我の統合VS絶望

重要な対人関係:

人類

特徴:

今までの人生を振り返り、
自我の統合を図る時期

社会的視点を加えたエリクソンの子供の発達

とくにエリクソンの理論の
中でしばしば取り上げられるのは、

第一段階の「信頼VS不信」
第五段階の「自我同一性VS同一性拡散」

です。

生まれてすぐのときから、

幼児、子供は心から親を信頼して
自分の生命を託す訳ですから、

その時期に気づかれた信頼感は
一生を支える重要な心の絆になります。

アイデンティティについては
青年期の章でも解説していくつもりですので、

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。