ヴィルヘルム・ライヒの筋肉の緊張をほぐす心理セラピー効果

ヴィルヘルム・ライヒの筋肉の緊張をほぐす心理セラピー効果
今回のテーマは、

ヴィルヘルム・ライヒの筋肉の
緊張をほぐす心理セラピー効果

について紹介します。

ヴィルヘルム・ライヒのセラピーは
筋肉の緊張をほぐすことで、

心理的抑圧を解除する
心理セラピーです。

ライヒアン・セラピーや
生体エネルギー療法とも呼ばれます。

創始者は、
オーストラリアの精神分析家の

ヴィルヘルム・ライヒ(1897~1957)

彼は自由連想法を行ううちに、
クライアントが精神分析家を
喜ばせようとして、

作為的な話をしている
場合が多い事に気づき

言葉よりも患者のしゃべり方や
癖に注目するようになります。

そして心理的抑圧には
必ず身体的な硬直を伴う事を
見出したのです。

スポンサーリンク

人は何かに触れられまい、
考えるまいとする時、

必ず呼吸が浅くなり、
身体の筋肉組織が硬直します。

これは心理的な抑圧に伴い、
身体の筋肉組織が硬直するからです。

そのため、心理的抑圧が
慢性化すれば身体的な緊張が慢性化し、

結果的に慢性的な筋肉緊張となり、

いつも眉間に皺をよせていたり、
肩をいからせていたりするのです。

●筋肉の緊張をほぐす

ライヒのセラピーは
患者のしゃべり方や体の動かし方から
心理抑圧を見出して

筋肉の緊張を解除すると言う方法を用います。

まず目の周りの緊張を取り除き、
続いて口やあご、のど、胸部、骨盤
の順番に緊張解除を行います。

これはエネルギーは身体軸に沿って
上から下へ流れる

というライヒの信念に基づいています。

この方法は心理セラピーの中で
初めて本格的にボディアプローチを
導入したものとして

高く評価されています。

またグループで行う時には
参加者は横になり

静かに深く呼吸をします。

十分にリラックスしていれば、
筋肉がほぐれ、

それまで抑圧されていた
感情が吐き出されると言う訳です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。