心身のストレスを癒すリラクゼーションの心理セラピー理論

心身のストレスを癒すリラクゼーションの心理セラピー理論
今回のテーマは、

心身のストレスを癒す
リラクゼーションの心理セラピー理論

について紹介します。

リラクゼーションのテクニックは
心身医学と呼ばれる分野で発達し、

心理セラピーでも用いられています。

心理的ストレスが増大すると
身体の健康状態にも悪影響を与えます。

例えば、
入学試験を控えた受験生は
風邪をひきやすくなるとよく言われます。

またさらにショッキングな事例としては
「後追いガン」と呼ばれる現象があります。

配偶者がガンでなくなった場合、

残された夫、もしくは妻が
1年以内にがんで死亡する確率は、

非常に高いことが統計で
分かっています。

スポンサーリンク

これは配偶者との死別という
ストレスを体験する事によって、

がん細胞の増殖を抑える力が
急激に減少する為と考えられています。

人間には異質なものが
体内に侵入してくると

それに対して白血球などを分泌して
健康を守ると言う免疫機能が
備わっています。

免疫機能は心理状態と深い関係があり、
ストレスにさらされると免疫物質の分泌が
不十分になってしまうという傾向があります。

ところで、人生には
ストレスを感じさせられることが
多々ありますが、

それらの中でも最大のストレスは何か
という研究がアメリカで行われました。

その結論は配偶者の死だったそうです。

●不随意筋をリラックスさせる

筋肉組織は意識的に
動かすことのできる随意筋と、

意識的には動かす事のできない
不随意筋の二種類に分けられます。

内臓系の筋肉は不随意筋ですから、
ストレスでいが締め付けられるような
思いをしても、

自分の力でいを拡大することはできません。

ところが、深呼吸をして
気持ちをリラックスさせてみると、

不思議と痛みが消えてしまう事がよくあります。

リラクゼーションが内臓に好影響を
与え売る役目を持っている一つの
証拠と言えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。