マインドフルネス認知療法:心のモードを切り替える心理セラピー

マインドフルネス認知療法:心のモードを切り替える心理セラピー
今回のテーマは、

マインドフルネス認知療法:
心のモードを切り替える心理セラピー

について紹介します。

マインドフルネス認知療法とは、
思考の内容よりも、

それに対して過剰に同一化
してしまう事が心の病の原因と考え、

態度を変えることで
問題解決を図ります。

特にうつ病に対して効果を発揮します。

うつ病の再発を繰り返している人は
自分の思考や感情に対して距離を取れず

「自分はだめだ、、」
「自分は慢性のうつ病患者だ」

というような思考の内容に過剰に
同一化してしまう傾向があるとされます。

スポンサーリンク

マインドフルネス認知療法は、
思考の内容そのものを変えることには
重点を置かず、

マイナス思考、悲観的感情を

「今心の中で起こっている様々なことの一つ」

という開かれた態度で望めるように変えます。

●心のモードを切り替える

マインドフルネス認知療法は
基本的に8週間のプログラムで

再発傾向があるうつ病患者を
主な対象にして行われます。

まずセラピストは

「どんな問題でも努力によって
解決するわけではない」

という事や、

「抑うつ的な思考感情は
心の中から生まれては消えて行く
様々な出来事の一つにすぎない」

という事をクライアントに認識させます。

ついて「心のモード」を切り替える
トレーニングの必要性を説明します。

一つの事で頭をいっぱいにせず、
その瞬間に起こっている様々なことに
注意を向けられるようにするのです。

セッションの前半では、

一瞬ごとに湧きあがってくる
思考、感情、身体感覚に
その都度評価を下さず、

淡々と眺めると言う
トレーニングを行います。

後半はクライアントの家族を交えて
打つが再発ししそうなサインが
何か検討するなど、

みんなで再発防止のための
対処策を考えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。