エリスのABCDE理論:思い込みを破壊する心理療法の特徴

エリスのABCDE理論:思い込みを破壊する心理療法の特徴
今回のテーマは、

エリスのABCDE理論:思い込み
を破壊する心理療法の特徴

について紹介します。

アメリカの臨床心理学者の
アルバート・エリス(1913~)が
創始した心理療法がABCDE理論です。

彼はもともと精神分析家でした。

ところが、精神分析の
治療効果と効率の悪さから、

「洞察が得られても症状が
治らない場合が多い」

と考えるようになり、

精神分析から決別します。

彼の初期の理論は
ABC理論と言われます。

スポンサーリンク

ある出来事をA(Adversity=逆境)とし、

Aを解釈するのがB(Believes=信念)で、

その結果生じる感情がC(Consequences=結果)です。

このABC理論によれば
出来事が同じであっても、

それを評価する信念が
不適切であれば、

必要以上に落ち込んだり、
劣等感にさいなまれたり
攻撃的になるとされます。

その原因は
イレイショウナル・ビリーフにあります。

これは
「全ての人から愛されなければならない」
「過ちを犯した人は徹底的に断罪されなければならない」

といった思い込みです。

●思い込みを破壊する

エリスはイレイショナルビリーフを
改善する為に、

ABC理論にさらに

D(Dispute=反論)
E(Effect=効果)

をつけ加えてABCDE理論としました。

彼は

「この世に絶対過ちを
起こさない人なんているんですか?」

「例え全ての人から愛されなくても
あなたの価値が変わるわけではありません」

などと言って、

患者のイレイショナルビリーフを粉砕し、
新しい見解やチャレンジへと
患者を導きました。

治療に関しては行動療法や
暴露療法などのテクニックを取り入れるなど、

様々なテクニックをオープンに
活用することを勧めています。

非合理的信念への反論を
自分でノートに列挙する方法
なども用いられます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。