カール・ユング学派のセラピー心理学理論と特徴、元型とは?

カール・ユング学派のセラピー心理学理論と特徴、元型とは?
今回のテーマは、

カール・ユング学派のセラピー
心理学理論と特徴、元型とは?

について紹介します。

スイス出身の心理学者である
カール・グスタフ・ユング(1875~1961)は、

人間の無意識には

アーキタイプ(元型)と呼ばれる
太古から受け継がれた共通の記憶があると
主張しました。

主な元型には以下のようなものがあります。

・ペルソナ

社会に適応するように
他人に対して提示する人間像です。

例えば、
「明るく見られたい」と思って、
そのようにふるまっている人の場合

「明るい人間」というのがその人のペルソナです。

・影(シャドウ)

好ましくないものとして
自分の中に存在することが
認知されない要素のことです。

普段は穏やかで優しいと
近所で評判の人が、

信じられないような凶悪犯
になったりするのは、

このシャドウの影響によるもの
と考えられています。

・アニマ

男性の中にある女性的な要素、

・アニムス

女性の中にある男性的な要素

スポンサーリンク

ユングによる「自己」と「自我」

ユングによれば、
人間の心の中心には

「自己(ゼルプスト)」があり、
そこから分化して「自我(イッヒ)」が
生まれるとされます。

自我は意識の中心であり、
日常の言動や好き嫌い、善悪
などの判断をするもとになっています。

それに対し自己というのは
意識の表面に出てくることがないので、

普段ははっきりと自覚される事はありません。

そのために、稀に表に出てきたときは
まるで他人のように感じてしまいます。

あなたも自分で自分とは
なかなか信じられないような言葉を
思わず口にしてしまった経験が

一度くらいはあるのではないでしょうか?

さらに自我は自己に向かって
成長する傾向があります。

その過程で様々な元型が統合され、
自我と自己は一つになる。

これをユングは個性化と呼び、
自分の心理学の最終的な目標と
定義したのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。