ネガティブなセルフイメージが失敗や不安、不幸を引き寄せる

ネガティブなセルフイメージが失敗や不安、不幸を引き寄せる
今回のテーマは、

ネガティブなセルフイメージが
失敗や不安、不幸を引き寄せる

二つて紹介します。

前回、メンタルイメージが
成功をつかむために大切だという話をしました。

逆に言えば、
ネガティブなイメージや思い込みが
失敗や不幸を引き寄せる

という事でもあります。

私たちの脳の機能は、
ターゲットを明確にイメージすることで

そのターゲットに向かって
自動的に動くのですが、

これはポジティブな面だけでなく
ネガティブな面にも作用します。

つまり、失敗や不幸をイメージし
そういった状況を思い込むことで、

そう言った失敗や不幸を
実際に引き寄せることがあるのです。

スポンサーリンク

ある男が引きこりになった理由

この事を私はよく実感するのですが、

事例をひとつ紹介します。

ある40歳くらいの独身男性がいました。

彼は昼間は仕事をしていますが、
仕事が終わると自分の部屋に閉じこもり、

どこにも出かけずに何もしません。

半分くらい引きこもりのような
人生だったのですが、

実際彼の人生は不幸
そのものと言える状況でした。

なぜそうなったのか?

実はその男性は
ある悩みを抱えていたのですが、

その男性の悩みというのが、

鼻と耳が少しだけ大きい

というものでした。

それが原因で自分を

「醜くて、おかしな顔である」

と思い込んでいたのです。

自分は顔が変だから自分と会う人達は
自分の事を陰で笑い物にしている

そう思い込んでしまっていたのです。

イマジネーション、創造の力が
極端に進むと問題も出てくるのですが、

これはネガティブな想像が
不幸を引き寄せた一例でもあります。

ネガティブなセルフイメージが
失敗や不安、不幸を引き寄せるのです。

思い込みを変えたら状況が変わった

そんな彼の「自分は醜い」と言う
思い込みはだんだん過激になり、

やがて仕事でミスや失敗が増え、

仕事に行くのも人と交わるのも怖くなり、
自宅にいても安らげなくなりました。

精神的に病んで行ってしまったのですが、

遂には、自分が他と違う
妙な顔をしているせいで

家族まで恥ずかしいと思っていると
思い込んでしまうようになったのです。

で、実際私が見た所、

彼の鼻は確かに鷲鼻で、
耳も確かに大きいのですが

そこまで珍しいほどではありません。

困った家族が解決法として、

整形外科の先生に頼んで
なんとかしてもらおうとしたのですが、

私は手術は必要ないと思い
別のアドバイスをしました。

今彼に必要なのは、

自らの思い込み、イマジネーションによって
セルフイメージを破綻させ、

真実を見失っている事に気づく事
だとアドバイスしたのです。

つまり思い込みを変えることこそが
真の解決策であるとアドバイスしたのです。

自動失敗メカニズム

その男性の不安、不幸の原因は

単純に自分への
イマジネーションにあったのです。

彼は彼自身のイマジネーションが

自動失敗メカニズム

を立ち上げてしまい。

それがフル活動して、不幸の極致
まで追い込んでしまっていたのです。

実際に周りに醜いと言われているのでなく、

周りに醜いと思われて嫌われている

という想像が、
彼の行動や態度、感情などを
すべてネガティブな方へと追いこんで行ったのです。

結局彼は、
何度か話し合いを重ねるうちに

家族の助けもあり、

最終的に彼に自分の
イマジネーションが原因だと
気づいてもらえ、立ち直っていきました。

そして、これからは
失敗や不幸を引きようせる
ネガティブで破壊的なイマジネーションではなく、

精巧や幸せを引き寄せる
ポジティブな創造的なイマジネーション

を使う事をアドバイスし、

彼も正しいセルフイメージを築き、
自身を取り戻すことに成功したのです。

誰しもが誤った思い込みを抱える

あなたもこの男性のような経験を
したことはありませんでしょうか?

もちろん、鼻や耳のように
身体的恥ずかしいとこはないかもしれませんし、

引きこもるほどの事はないかもしれません。

しかし、私たちの多くは、

自分は他人に見下されていたり、
陰で笑われていたり、嫌われている
様なとこがあると思ってしまっているのです。

創造的イマジネーションと聞くと、

詩人とか、アーティスト、哲学者や
発明家のためのものと考えてしまいがちですが、

そうではありません。

私たちすべてのあらゆる行動に関係しているのです。

私たちが行動できなかったりするのは、

一般的には、「意志」にその原因が
あると思われがちです。

でも本当はイマジネーションに
原因があるのです。

ネガティブなセルフイメージが
失敗や不安、不幸を引き寄せるわけです。

人というのは常に、

自分と自分がおかれた環境について、

「真実だとイメージした事」

をもとに行動し、感じ、
何かを成し遂げています。

そのイメージから逃れてしまったり、
そのイメージを超えたりした行動をしても
長くは続きません。

それが人間の心の基本法則なのです。

私たちはそのように作られているのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。