リラックス状態を作るには訓練の必要性がある、様々な種類

リラックス状態を作るには訓練の必要性がある、様々な種類
今回のテーマは、

リラックス状態を作るには
訓練の必要性がある、様々な種類

について紹介します。

これから紹介する
メンタルイメージ・トレーニングを使い、

リラックス状態を作る訓練をしましょう。

リラックスと言えば
ただぼけーっとしているもの

と思っている人もいますが、

しっかり訓練を積むほど
効果的なリラックス状態が作れます。

ここではいくつか効果的なリラックス法を
紹介していきましょう。

これらテクニックと共に
リラックスのレベルを高めるために
特に効果的なのは、

静かなクラシック音楽や
自然の音のような心休まる音を
背景に流すのがおススメです。


スポンサーリンク

イメージ誘導・リラックス法の種類

さてこれからリラックス状態を作る
訓練の様々な種類を紹介しましょう。

まずは、
あなたの過去の思い出から
リラックスできる楽しいシーンを思い出して下さい。

人生には必ず、

自分がくつろいでリラックスして安らかな
気分になれたときがあるはずです。

あなたの過去を探ってみて、

自分がリラックスしているイメージを
見つけ出して、

その詳細な記憶を呼び起こしてみましょう。

もしかしたら、

静かな自然の中で釣りをしているときの風景かも知れません。

もしそうであるならば、

その景色を構成する些細な部分に
注意を向けてみましょう。

水面に立つ静かなさざ波を
思い出してみましょう。

どんな音がしていますか?

この葉が静かにざわめく音は聞こえますか?

或いはあなたのリラックスした状態は
こたつの中でくつろいでまどろんでいた時かもしれません。

その時、何が見えましたか?

ハワイの浜辺で日光浴をしているときを
思い出した人もいるかもしれません。

あなたの体に当たる砂の感触は
どうだったでしょう?

暖かい太陽の光を身体に浴び、
くつろいだ気分になれたのではないでしょうか?

風は吹いていましたか?
鳥はいたでしょうか?

こう言ったイメージを利用することは
とても楽しいことですし、

イマジネーションの力を強化する
と言う意味でもとても有効です。

やればやるほど効果は上がっていくので
できるだけ訓練をしましょう。

マグネット・リラックス法の種類

この方法は、普通の椅子または
リクライニング・チェアに座って実行して下さい。

まず両腕をだらっとさせて、
両手を太ももの上にゆったりと乗せましょう。

両手の間隔を15センチほど開けて下さい。

深呼吸を何度か行い、
ふつうの呼吸に戻しましょう。

自然な呼吸をゆったりと続けて下さい。

息をするたびに上まぶたが徐々に重くなります。

どんどん重くなります。

そして間もなく、
下のまぶたとピタッとくっついています。

さてあなたの目はしっかりと閉じています。

両掌を少しだけ近づけて見て下さい。

どちらの掌もマグネットになっていて
お互いに引き合っています。

息をするたびに徐々に近づいていき、
間もなくピタッとくっついてしまいます。

するとその瞬間に
リラクゼーションの波が頭の
てっぺんから始まります。

頭全体がリラックスで満たされます。

額の筋肉がゆるんできます。

肌が若々しさを取り戻します。

心配で出来たしわが
すべてキレイになくなります。

目、鼻、口元、
そして顔全体の筋肉が心地よく
りラックして行きます。

あなたは今、
頭のてっぺんからつま先まで
静寂と平穏で満たされています。

催眠の素晴らしいリラクゼーションの中、

あなたは今、心地よい暖かさと、
安心感を感じています。

あなたは今完ぺきに
リラックスしています。

成功に近づくイマジネーション

こう言う具合に、どんどん思い出してみて
脳内でイメージしていけばこのエクササイズは
成功に近づいていけます。

ぜひ、これを毎日実践して下さい。

こう言ったメンタルイメージや記憶が
やるほどにハッキリしたものになってきます。

そうして学習の効果も蓄積されてきます。

メンタルイメージと身体の感覚との
結びつきも強化されます。

あなたはこれでどんどんリラックスが
上手になる、このこと自体を

将来実践する時に思い出すのが
うまくなります。

リラックス状態を作る訓練
には様々な種類がありますが、

お気に入りを見つけて続けてみてください。

ぜひ、毎日少しずつでも
実践していって下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。